犬とのキスは危険? キスをしてくる意味や感染する病気について獣医師が解説

犬とのキスは危険? キスをしてくる意味や感染する病気について獣医師が解説

愛犬と触れ合ったりコミュニケーションを取ったりしている時間は、とても幸せですよね。特に、愛犬が顔や鼻を舐めてきたりキスしてきたりすることは、飼い主さんも「嬉しい」と感じると思います。しかし、キスで飼い主さんに移る可能性がある病気も世の中には存在します。今回は、犬がキスする意味や、キスで移る可能性がある感染症について、獣医師の福地が解説します。

犬とキスするのは危険?

犬

2016年、野良猫にえさやりをしていた60歳代の女性が呼吸困難の症状を呈して死亡するという出来事がありました。原因として考えられているのが、コリネバクテリウム・ウルセランス(Corynebacterium ulcerance)です。

この菌は「ジフテリア」という病気を起こすジフテリア菌(Corynebacterium diphtheriae)の仲間で、よく似た症状を起こすことがあります。古くから牛などの家畜が持っているといわれてきましたが、近年では犬や猫からも検出された報告があり、人への感染源になっている可能性があるといわれています。治療の際は抗菌薬(抗生剤)が有効です。


人畜共通感染症(ズーノーシス)とは

人の感染症はおよそ1500あると言われています。しかしその半分以上が、本来は人以外の動物を宿主としている病原体といわれています。このように、本来は人以外の動物の体内にいるはずの病原体が人に感染して病気を起こす感染症のことを「ズーノーシス(zoonosis)」と呼びます。日本語では「人畜共通感染症」、あるいは「人獣共通感染症」と呼びます。

中には狂犬病といった命に関わるような病気もありますが、一時的な下痢などで終わるような病気もあります。近年、人や動物の腸内細菌がどんな菌で構成されているかを調べる研究が盛んです。今出ている研究では、「人と犬では腸内細菌の構成が異なる」という報告がされています。

愛犬が下痢をしているからといって、「人にも移るかも」と過敏にならず、愛犬や愛犬の糞を触った後の手洗いなどをしっかりして予防していきましょう。


犬がキスをしてくる意味

犬は社会性の高い動物です。群れの中では、「どちらが偉いか、下か」という順序を決めることではっきりとした階級を作り、群れの中での争いを避けてきました。また、絆や親和的な関係を築いている犬同士が一緒にいると、不安やストレスが低下し、精神的にも安心するという効果があります。キスは、自分の群れの仲間かどうかの確認や、仲間同士の挨拶の中の1つの行動としておこなっていると考えられています。

ワンちゃんの耳や口、股、お尻や肉球には、アポクリン腺という汗の仲間を出す器官が存在しており、ここから分泌される物質の匂いを嗅いだり舐めたりすることで、仲間同士の挨拶をしたり、縄張りを確認したりするといわれています。家庭で暮らしていても、野生動物だった頃の親愛行動などは残っていて、人に抱きついたりキスしたりするのも挨拶の1つとしておこなわれていると考えられます。

犬は先祖の狼と違い、幼形成熟(ネオテニー)という特徴を持ちます。ネオテニーとは、性的に完全に成熟した個体でありながら、容姿や行動など、生殖器官以外の部分で子犬の頃の特徴が残っていることを指します。犬は好奇心旺盛さや甘えん坊なところなど、子犬の頃の行動を大人になっても持っているのです。


犬のキスで感染する病気

犬同士のキス

犬のキスで感染する可能性のある感染症として、代表的なものを紹介します。

パスツレラ症

パスツレラ症は、パスツレラ・ムルトシダ(Pasterurella multocida)という細菌によって起こる感染症です。健康な犬や猫の口の中におり、猫では爪にもいます。接触やキス、ひっかかれたり噛まれたりすることで感染し、さまざまな症状を引き起こします。パスツレラ症には抗菌薬(抗生剤)が有効です。詳細は以下の記事をご覧ください。


胃がんの原因になるヘイルマンニイ

ピロリ菌(Helicobacter pylori)が胃炎や胃がんの発生と関係があるという話は有名ですが、このピロリ菌の仲間にヘイルマンニイ(Helicobacter heilmannii)という菌がいます。

ピロリ菌が、胃炎患者の80%から検出されるのに対し、ヘイルマンニイは1%未満と稀ですが、犬や猫ではよく見られる菌です。そのため、犬や猫などのペットが感染源となっているといわれています。キスをしたり、口移しでごはんをあげたりすることで感染すると考えられています。

トキソプラズマ

トキソプラズマは、原虫という病原体によって引き起こされる感染症です。感染した成人にはあまり症状を出しませんが、妊娠中に初めて感染すると、トキソプラズマが胎盤を通り胎児に感染し、流産したり先天性の病気を起こしたりしてしまうことがあります。

日本では猫で20〜50%、犬で10〜30%感染があった可能性が報告されています。豚などの生肉や猫の糞便に含まれているため、必ず加熱調理をしたり、猫の排泄物はこまめに掃除して、よく手を洗うようにし、ペットを飼っている環境を衛生的に保ちましょう。

コリネバクテリウム・ウルセランス症

先日話題になったコリネバクテリウム・ウルセランス(Corynebacterium ulcerans)は、ジフテリアと似た症状がみられます。ジフテリア症とは、ジフテリア菌(Corynebacterium ditheriae)によって引き起こされる病気で、毒素が心臓の筋肉や神経をおかし、呼吸に必要な筋肉を麻痺させることで呼吸困難を起こしたり、心不全を起こしたりします。

コリネバクテリウム・ウルセランスは、ジフテリア菌(Corynebacterium ditheriae)の仲間の細菌です。通常は、牛や羊などの家畜に存在しています。ウルセランスがジフテリア症状を起こす毒素を産生することは少ないのですが、毒素を産生する遺伝子を持つウイルスに感染されたウルセランスが、ジフテリア毒素と似た毒素を産生するように変化することで、ジフテリア症と同じような症状を出してしまいます。

犬や猫では症状を出さないこともありますが、皮膚炎をはじめ、目や鼻、口などの粘膜に炎症を起こすこともあります。こういった場所にグズグズとした症状が出ていたら、早めに動物病院に連れて行きましょう。コリネバクテリウム・ウルセランスは細菌なので、抗菌薬が有効です。

犬のキスで狂犬病になる?

犬とキスする女性

狂犬病は狂犬病ウイルスによる感染症で、人を含め全ての哺乳類に感染し、発症するとほぼ死亡するという恐ろしい病気です。名前に犬と付いていますが、犬限定の病気ではなく、人を含めた多くの動物が感染してしまいます。人への感染源としては犬が最も有名ですが、実は他の動物にも感染する病気なのです。噛まれたところから感染するため、キスなど唾液を介する行為で感染する可能性は十分あります。

狂犬病にかかった犬は理性が無くなり、まさに狂ったように凶暴になります。その後、無気力な状態から昏睡状態に進行していきます。どの段階をとっても普通の状態ではないため、狂犬病にかかった犬とキスをするような状況にはなりにくいと考えられます。

日本では、犬に年に1度の狂犬病の予防接種が義務付けられているので、毎年必ず忘れずに打つようにしてください。


犬のキスで口内炎になる?

犬

犬が口内炎になることはあまり多くありません。歯の噛み合わせが悪く、口腔内の粘膜を傷付け、そこに口腔内の細菌が感染することで生じます。キスすることが原因で口内炎になるということは、あまり考えられないでしょう。

犬のキスで虫歯になる?

犬

犬猫は、人間と食事内容や歯の形態が異なります。そのため、人間よりも虫歯になる可能性が少なく、犬では10%程度、猫では20%程度だといわれています。しかし、犬猫でも虫歯を起こすのは、ストレプトコッカス・ミュータンス(Streptococcus mutans)という菌が多いからといわれており、これは人の虫歯にも関連していると考えられています。

犬猫から移されるのではなく、キスを介して愛犬や愛猫に虫歯の元となる菌を移してしまう可能性があります。

「One Health」という考え方

犬

最近では、人や動物、そしてそれらを取り巻く環境の衛生に携わっている全てが1つの健康を目指す「One Health(ワンヘルス)」という考え方が、医師や獣医師、衛生に関わる研究者の間で世界的に広がっています。

ペットから人、あるいは人からペットに移る感染症についての理解を深めることは、飼い主さんにとっても「One Health」を実現する一歩になります。

まとめ

カップルと犬

犬とのキスを介して感染してしまう病気がある
人以外の動物の体内にいる病原体が人に感染して発症することを「ズーノーシス」という
年に1度の予防接種を義務付けられている狂犬病は、唾液を介して感染する可能性もある

さまざまな病気を挙げましたが、愛犬とのスキンシップが危険ということではありません。どんな病気があり、どんなことで移るのかという正しい知識を持つことが大切です。

また、排泄物などはすぐに片付けて飼育環境を綺麗に保つ、手洗いなどの基本的な衛生ルールを守るなどで、愛犬との楽しい生活を守ることができますよ。

参考文献:



Share!