【獣医が解説】犬の目が腫れている場合に考えられる原因と応急処置


白金高輪動物病院総院長の佐藤です。犬の目が腫れちゃっていてて心配になることはありませんか? 犬の目が腫れていると言っても、まぶたが腫れているのか、それとも眼球自体が腫れているのかによって原因も大きく違ってきます。今回は、犬の目が腫れる原因や応急処置を紹介します。

犬の目が腫れる場合に考えられる原因と病気

まぶたが腫れる原因としては、眼瞼炎(がんけんえん)、麦粒腫(ものもらい)、霰粒腫(さんりゅうしゅ)などがあります。一方、眼球が腫れる、もしくは飛び出す原因としては、緑内障、眼球内腫瘍、膿瘍、構造異常による後方からの圧迫などが考えられます。また、ブルドッグをはじめとした短頭種では外傷時や頭部の圧迫などによって眼球が脱出してしまうことがあります。

目の周囲の異常

眼瞼炎

何らかの原因でまぶたに炎症が起こって腫れている状態で痛みを伴います。細菌や真菌や寄生虫の感染や免疫が関与することもあります。

麦粒腫、霰粒腫

マイボーム腺が腫脹する病気で、細菌感染の有無で区別されます。麦粒腫の方が疼痛(とうつう)と炎症が強く出ることが多く、主に若齢の犬で発症するとされています。霰粒腫は細菌感染などを伴っていないことからも、痛みなどは弱く時間の経過と共に腫れてくることが多いです。

チェリーアイ

見た目は目の内側にピンク色の小豆のような物が飛び出している状態です。多くの動物には目頭の内側に3番目の瞼として「瞬膜(しゅんまく)」と言われる膜があります。その根元にある瞬膜腺が外に飛び出してる状態です。2歳齢以下の若い犬で認められることが多いです。

目の異常

緑内障

目の中の水である眼房水(がんぼうすい)が溜まりすぎてしまい眼圧が高くなる病気です。強い痛みと充血を伴います。眼圧が高くなってもいきなり眼球が大きくなるわけではなく、そうなるのはかなり進行してからで「牛眼(ぎゅうがん)」と呼ばれる状態です。この状態までになるとその目は失明していて、視覚や大きさを元に戻すことはできません。

構造異常

外傷など

短頭種では外傷時や頭部の圧迫などによって眼球が脱出してしまうことがあります。また、ケンカやびっくりした時に通常よりも目が飛び出してしまうことがあります。

このように、目の腫れ方や状態によって、考えられる原因や病気が変わってきます。飼い主さんだけでは判断することが非常に難しいため、動物病院で診てもらうようにしましょう。

予防ケア

目やにや目の中のほこりなどが原因で目の病気になる可能性もあります。定期的に目やにを取ってあげたり、濡れたガーゼで目の周りを拭ってあげてください。また、シャンプーなどの際に、目をシャワーでやさしく洗ってあげることも効果的です。

応急処置

基本的には動物病院に相談するか診てもらうことをオススメします。

エリザベスカラーをつける

まぶたが腫れた時でも眼球、瞬膜腺が腫れるあるいは飛び出した時でも、まずは目を手でこすったり地面にこすりつけたりさせないようにすることが大切です。こすることにより腫れや炎症をひどくさせるだけでなく、目の表面の角膜に傷をつけてしまうことがあるからです。そのためにはエリザベスカラーやそれと同等の役割をはたせる物を首に装着してあげるのが一番です。アレルギーなどの一過性の眼瞼炎ならばこれだけでも時間とともに改善していくはずです。

チェリーアイは様子を見ながら病院へ

チェリーアイに関しては、緊急を要することはありませんが、病院での処置が必要なこともあるため、可能な時に受診しましょう。

緑内障はすぐ病院へ

緑内障によって目が腫れてきてしまった場合には、なるべく早く動物病院で診察を受けるようにしてください。「牛眼」になってからでは手遅れです。目が大きくなることにより瞬きが上手くできなくなっていることもあるので、その場合はヒアルロン酸などの点眼液で角膜を保護してあげてください。

濡らしたガーゼなどで目を覆う

外相や頭部の圧迫により眼球が脱出してしまった場合は、角膜が乾いたり汚れなどが付着しないように濡らしたガーゼなどで目を覆ってあげてください。その後は速やかに動物病院で診察を受けてください。適切な処置をすることにより、失明せずに元通りになることもあります。

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10