犬の熱中症対策・予防法まとめ! 獣医が教える熱中症の症状や応急処置も

梅雨を越えると暑い夏がやってきますね! 人の話ですと毎年700人以上の方が家の中で熱中症により亡くなっていますが(※)、犬も暑い夏のケアがとても大切です。怖い犬の熱中症の原因や対策、予防法などについて白金高輪動物病院・中央アニマルクリニック顧問獣医師で獣医循環器認定医の佐藤が解説します。

※厚生労働省報道発表資料 「平成22年度熱中症による死亡者数」 調べ

犬の体感温度は人と違う?

地面に近付くほど温度は高くなるため、犬は私たちが体で感じている温度の5〜17度も高い温度の中で歩いています。そのため暑い日には地面の近くが50度近くまで達することもあり、犬は灼熱の中を歩いている状態になります。人との体感温度の違いによる認識の甘さは、犬の熱中症を増やす原因と鳴ります。外で散歩する際はなるべく日陰を歩かせてあげたり、こまめに水分補給をしたりして、愛犬が熱中症にならないように気を付けてあげてください。

どれくらいの気温になると熱中症のリスクが出てくる?

診察では犬の体温が40度を超えた時点で熱中症と診断しますが、熱の上がり方には犬種の差や個体差があります。気温で示すというよりは、人が少しでも暑いと感じた時点で犬にとっては熱中症のリスクがあると答えた方が妥当と言えるでしょう。人と犬が生活している場所は違いますので、人が計測した温度と犬がいる場所の温度は一緒と限りません。大事なことは、自分の愛犬が暑がる場所にはいないようにすることです。

犬の熱中症対策

参照:Anicom Holdings

犬はどうやって温度調節してるの?

トイプードル

暑い日に外に出ると、ワンちゃんの呼吸が早くなり舌を出して、ハァハァすることがありますよね。これを「パンティング」と呼びます。犬は、人間の主な温度調節である汗腺が足の裏のパット(肉球)部分にしかないため、舌を出して呼吸を浅く早くし、唾液を蒸発させて熱を逃すことで体温を下げているのです。しかし、唾液を蒸発させすぎると水分が足りなくなるため、同時に水分補給をすることが大切です。

実は家の中で熱中症になることが多い

犬が熱中症になる場所

熱中症と聞くと、外でお散歩しているときに気を付ければいいと思いがちですが、実は大きな誤解です。なんと家の中で熱中症を起こす割合は全体の7割で、外の散歩時よりも多いデータが出ているのです。家の中ではクーラーで温度調節をしたり、水分補給をしてあげたりしてください。

冬でも犬が熱中症になる危険はある?

損害保険アニコムの発表によると、数件ではありますが、冬に熱中症と診断され治療を施しているケースが見受けられます。ということは、冬でも熱中症の危険性は少なからずあるということです。そもそも、熱中症は周囲の温度や湿度によってかなり左右されるので、地域性によっても変わってきます。大事なことは、愛犬がいる環境が適温で、快適に暮らせているかどうかです。

犬の熱中症は怖いんです! 症状を説明

この記事を飼い主仲間に
シェアしよう!

back 1 2 3next

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10