犬はマスカットを食べても大丈夫? ぶどう中毒で死に至る場合も

美味しくて見た目も美しいマスカット。食べたそうに見つめる愛犬を前にすると「一粒くらいならあげてもいいかな……?」と思うことがあるかもしれませんが、それはとても危険な行為です。近年その危険性が指摘されはじめた「ぶどう中毒」と合わせて、その理由を解説します。

ぶどうと同じくマスカットもNG

ぶどうとマスカット

マスカットはヨーロッパブドウの一品種なので、ぶどうと同様犬にあげてはいけません。アメリカでは、2001年にぶどうまたはレーズン摂取による犬の腎不全が10例報告され、さらに2003年から2004年には、摂取した140匹のうち50匹が異常を訴え、うち7匹が死亡したという恐ろしい報告もあります。

実はぶどうの何が犬にとって中毒になるのか、詳しい原因は解明されていません。しかし、中毒物質を含むことは間違いなく、10%を超える死亡率から考えても危険であることは明らかです。名前や色の違いなどから、ぶどうと違う果物だと思ってしまうかもしれませんが、ほとんど同じ果物です。

参照:「People Foods to Avoid Feeding Your Pets」(ASPCA)


皮や加工品も危険

ぶどう(ピオーネ)の皮だけを一房分食べ、翌日に急性腎不全を発症して10日後に死亡した事例が日本において報告されるなど、犬にとってぶどうは皮だけでも十分に危険な食べ物です。

ぶどうジュースの事例は報告されていませんが、成分が凝縮されているという意味では、既に事例のあるレーズンと同じと考えられますので避けた方がいいでしょう。同様に、果汁の入ったヨーグルト、アイスなどにも注意が必要です。

そして、レーズンは特に危険です。ドライフルーツのマスカットをワインのお供にする方もいると思いますが、保管には十分に注意してください。水分が抜けて小さく食べやすくなっている分、少量で重篤な状態になってしまう可能性があります。

犬がマスカットを食べてしまったら

座るチワワ

「ゴミ箱を漁って皮を食べてしまった」「ちょっと目を離したすきに数粒食べてしまった」「家族が誤って与えてしまった」というときは、食べた量を確認して、すぐに病院へ連絡しましょう。

ぶどう中毒と急性腎不全

前述した通り、犬のぶどう中毒は詳しいメカニズムが解明されていません。しかし、ぶどうが腎臓へ何らかの影響を与え、ぶどう中毒が引き起こされると考えられています。軽度であれば吐き気、下痢などでおさまりますが、悪化すると腎機能が破壊され急性腎不全を発症、長期の治療が必要になるケースや最悪の場合は命を落としてしまいます。

危険な症状

  • およそ2~5時間以内
    • 嘔吐
  • およそ72時間以内
    • 下痢
    • 食欲不振
    • 腹痛
    • 元気消失
    • 脱水

かなり危険な状態

  • 乏尿(尿量が極端に少なくなること)

危険な量

  • 犬の体重1kgに対してぶどう約32g
  • レーズンなどの場合は約11~30g以上

例えば3kgの小型犬にとっては、シャインマスカット(1粒8g)だと12粒程度、巨峰(1粒15g)だと6粒程度、ピオーネ(1粒10g)だと9粒程度が危険な量です。レーズンであればその3分の1程度ですし、皮だけなら盗み食いなどで食べてしまう可能性のある量でしょう。

マスカットを食べてしまったときの対処法

摂取後数時間以内であれば、催吐(さいと)処置や胃洗浄が有効と言われています。消化されてしまったらアウトですので、とにかく動物病院へ連絡することが一番。食塩を用いて嘔吐を促す方法もありますが、気管を詰まらせるなどの危険がありあまりおすすめできません。

かかりつけの動物病院が開いていない時間だとしても、夜間緊急医療センターや深夜でも来てくれる往診専門の動物病院も増えてきています。様子見をせず、一刻も早く対処してもらいましょう。

まとめ

見つめるコーギー

マスカットはぶどうの一種なので犬に与えてはいけない
皮や加工品もNG
危険な量は体重1kgに対して約32g
食べてしまったら病院へ
2000年頃から危険性が指摘されはじめ、まだ詳細が解明されていない、犬のぶどう中毒。「昔は大丈夫だったのに今はダメなの?」と不思議に思うかもしれませんが、原因不明で処理されていただけかもしれません。愛犬を守るには、危険性が少しでもあるものは近づけない、そしてゴミなどの処理にも気を配ることが大切です。

なお、本稿は以下を参照して執筆しています。