【現役トリマー解説】犬が嫌がらない耳掃除のやり方を動画で紹介! 頻度や洗浄液の種類などの注意点も

【現役トリマー解説】犬が嫌がらない耳掃除のやり方を動画で紹介! 頻度や洗浄液の種類などの注意点も

「愛犬が耳掃除を嫌がるので難しい・・!」と悩む飼い主さん必見!犬の耳掃除をしないと汚れがたまり、臭いや痒み、外耳炎など病気の原因になる可能性があります。耳掃除はペットサロンや動物病院でもやってもらえますが、皆さんのおうちですることもできます。今回は耳掃除の頻度や洗浄液や綿棒を使ったやり方、嫌がる場合の注意点などを国内海外で15年以上のベテラントリマーの大森先生が動画で解説します。

犬の耳掃除をする前に構造を理解する

犬の耳の構造

人の耳は入り口から鼓膜や奥の内耳、中耳まで一直線ですが、犬の耳は鼓膜まで続く外耳道がL字型に折れています。その構造上、人より通気性が悪く湿度が高くなり、汚れもたまりやすくなっています。

耳の形のタイプ

耳の形は大きく分けて「立ち耳」と「垂れ耳」の2つのタイプがあります。垂れ耳の方が通気性が悪いため、蒸れやすく菌が繁殖しやすいので耳の病気になりやすい傾向があります。

立ち耳

コーギーフレンチブルドッグポメラニアンチワワなど

コーギー


垂れ耳

プードルダックスフンドマルチーズビーグルシーズーラブラドールレトリーバーアメリカンコッカースパニエルイングリッシュコッカースパニエルなど

雑種犬


犬の耳掃除が必要な理由

犬の耳掃除が必要な理由

耳を清潔に保つことで外耳炎などの病気を予防することができるだけでなく、異常があった場合の早期発見につながります。

愛犬の体に触ることはスキンシップにもなります。耳掃除に限らず、爪切りやブラッシングなど楽しみながらコミニケーションを取ることで、飼い主と愛犬の関係性もより良いものにしていきましょう。


犬の耳掃除の頻度・価格

犬の耳掃除の頻度・価格

耳掃除をし過ぎると耳の中で炎症が起きたり傷付けたりする場合がありますので、やり過ぎに注意して下さい。

頻度としては、週1回から2週間に1回程度でかまいません。汚れていない場合は月に1回ぐらいで良いでしょう。

子犬はいつから耳掃除をする?

特に時期を気にする必要はありません。耳を痒がっていたり、耳を振ったりしていたら、耳の中が汚れていないか確認してください。汚れていたり、臭いがあったりしたら耳掃除をしてあげましょう。

臭いで汚れがわかる?

耳の中を嗅いでいつもと違う臭いだったり、不快な臭いを感じるようなら耳の中の汚れがたまっています。何らかの異変(病気)が起こっている可能性もありますので、少しでもおかしいと感じる場合は病院で診てもらうようにしてください。


サロンでの耳掃除の価格

ペットサロンで耳掃除をした場合、料金は小型犬が500円〜、大型犬だと800円〜が目安です。

犬の耳掃除の前に耳毛を抜く

犬の耳掃除

犬種によって耳の中の毛を抜くかどうかは異なります。耳毛を抜く犬種は基本的に毛が伸びていくトリミング犬種で、代表的なのがプードルミニチュアシュナウザーマルチーズヨークシャーテリアシーズーなどです。

L字型をした犬の耳は通気性が悪く、トリミング犬種は耳毛が伸びることでさらに通気性が悪くなってしまいます。

トリミングサロンでは鉗子(かんし)という専用の道具などで抜きますが、飼い主が家で耳毛を抜く場合は指で耳の中の毛をつまんで抜くことをオススメします。

ピンセットで抜いたりする方もいますが皮膚を傷つけたり、皮膚を挟んでしまう可能性があるため指で抜くほうが無難でしょう。

犬が痛くないか気になる方もいると思いますが、個人的には皆さんが眉毛のお手入れをしてチクッとする程度だと考えています。ただ反応は個体によって異なりますので、痛がる場合は無理に抜かないようにしてください。

おうちでできる犬の耳掃除のやり方

おうちでできる基本的な耳掃除の方法を説明します。耳の中は繊細なため、嫌がる場合があります。どうしても嫌がって暴れてしまう場合は怪我をさせる危険もあるので無理にはやらず基本はプロに任せましょう。

\動画を見てチャレンジ!/



用意するもの

コットンやガーゼ、綿棒、必要であればイヤーローション

Step1. 耳の汚れをチェック

まずは耳の中がどのくらい汚れているかチェックします。臭いがきつくないか、皮膚に赤みはないかなど確認をしましょう。

Step2. 体を保定する

基本的にはリラックスした状態でやってあげるのが良いでしょう。嫌がって暴れてしまったり、噛んだりする場合は口を軽く押さえてあげます。膝の上に座らせ、マズル(口周り)を軽く持ち顔を包むように保定します。

Step3. 耳の中の毛を抜く

犬の耳掃除

トリミング犬種の場合は、耳の中の毛を抜いてあげます。サロンでは専用の器具を使いますが、おうちでは指で抜いてしまって大丈夫です。入り口付近に見えている毛をつまんで抜いていきます。

Step4. 耳の中を丁寧に拭く。

犬の耳掃除

コットンやガーゼを水で湿らせ、指でやさしく拭いていきます。耳の中の皮膚はデリケートなので力を入れすぎないように気をつけましょう。細かいところは綿棒を使うとやりやすいです。綿棒の先は固いことが多いので、指でコットン部分をほぐしてから使うと良いでしょう。どこまでやるか悩む方も多いですが、奥までやりすぎず目視で見えるくらいの箇所までしてあげるようにしましょう。人間用のウェットティッシュはアルコールが含まれることが多く刺激が強いのでやめましょう。

\One Point!/イヤーローションやオイルを使ってもOK
耳掃除専用液であるイヤーローションを水の代わりに使っても良いでしょう。揮発性があるのでオススメです。アトピーやアレルギーのある子はオリーブオイルも使用可能ですが、ベタベタしやすいのでつける量に気をつけましょう。

まとめ

犬の耳掃除

犬の耳は通気性が悪く湿度が高くなり、汚れもたまりやすい
垂れ耳は特に蒸れやすく菌が繁殖しやすいのこまめなケアが大切
耳掃除は週1回から2週間に1回程度が理想。汚れていなければ月1回でもOK
日々の生活の中で耳の臭いや汚れなどに気付いた場合はこまめにお手入れしてあげましょう。定期的な耳チェックは犬との大切なコミュニケーションにもなります。いつまでも健康な犬と一緒に暮らせるように、日頃から飼い主のチェックがとても大切です。



Share!