猫カリシウイルス感染症|原因・症状や治療・予防法を感染症担当医が解説

猫カリシウイルス感染症|原因・症状や治療・予防法を感染症担当医が解説

猫カリシウイルス感染症は、呼吸器症状の他に、口内炎や舌炎、関節炎を起こします。肺炎が続発し、食欲減退が続くと、最悪の場合は死亡することもあります。原因となる猫カリシウイルスはノロウイルスの仲間で、伝播力が強いウイルスです。常温の環境中で1カ月以上、感染力を保持できる能力を持っています。また、猫カリシウイルスは変異する能力を持っており、変異することで一度感染したことのある猫でも何度も感染し、発病することがあります。さらに発病後、回復し、健康に見える猫から1カ月以上、ウイルスを排出する能力を持っています。いろいろな能力を持つ伝播力の強いウイルスなので、大規模の集団になるほど高い感染率を示します。今回は猫カリシウイルス感染症について、野坂獣医科院長の野坂が解説します。

SHARE