犬の目が充血している場合に考えられる原因・病気などを獣医師が解説

犬の目が充血している場合に考えられる原因・病気などを獣医師が解説

Share!

犬の目も炎症等によって血管が拡張すると充血して白目が赤く見えます。原因はアレルギーやストレスなどさまざまで、ショボショボして開きづらくなったり、片目だけ充血する場合もあります。出血によって充血のように見える場合もあります。今回は、犬の白目が赤くなる場合に考えられる病気や目薬を使った対処法などを獣医師の佐藤が解説します。

犬の目が充血している場合に考えられる原因と病気

トイプードル

充血とは炎症などの病気もしくは興奮などの生理的な反応により目の血管が拡張することで、流れる血の量が多くなって目が赤くなります。人も寝不足や眼精疲労で目が充血することがありますが、犬も興奮した時や眠い時に血圧が上がり一時的に充血することがあります。

外部からの強い衝撃などにより結膜の下の血管が破れたり(結膜下出血)、眼内腫瘍によって出血したりすることでも目は赤くなりますが、「充血」と「出血」は別物として考える必要があります。

深さ
病気
原因
結膜充血 浅い 結膜炎 感染症、シャンプー剤、まつ毛の異常、アレルギー、腫瘍、免疫異常など
毛様充血 深い ぶどう膜炎 感染症、高脂血症、腫瘍、免疫異常など
角膜炎 ドライアイ、感染症、シャンプー剤、まつ毛の異常、アレルギー、腫瘍など
緑内障 急激な眼圧の上昇(急性緑内障発作)

結膜炎

結膜炎は結膜が炎症を起こす病気で、白目の部分が赤く腫れているように見えることから「ピンクアイ」と呼ばれることもあります。結膜炎の予後は基本的に良好ですが、放置すると傷が残ったり視力低下につながったりする場合があります。

結膜炎の原因には感染性と非感染性の2つのタイプがあり、感染性では細菌や真菌、寄生虫、ジステンパーウイルスなどのウイルスが原因となります。非感染性では「アレルギー」「ホコリ、シャンプー剤などの異物が目に入る」「まつ毛の異常で目に傷ができる」「腫瘍」「免疫異常」などが原因となります。


ぶどう膜炎

ぶどう膜とは「虹彩」「毛様体」「脈絡膜」という部位で構成され、瞳孔の開閉を調整したり、目の中の水(眼房水)を産生して眼球の形や硬さを維持したり、目の奥へ栄養分を供給したりします。炎症が起きると白目が充血したり、強い痛みを伴ったり、瞳孔が小さくなったりします。

角膜炎

角膜は黒目の表面を覆った膜で、眼球を守る役割を持っています。ドライアイや細菌やウイルスなどの感染症、異物が目に入る、アレルギー、腫瘍などが原因で引き起こされます。目やにや涙が増加し、痛みを伴う場合もあります。重度の場合は角膜に穴が開いて眼球破裂を引き起こす可能性もあります。

緑内障

緑内障は、目に入った情報を脳に伝える視神経の異常により視力や視野に障害が起きる病気です。目の中の水(眼房水)が眼球内に溜まることで眼圧が高くなることが原因の一つとされ、眼圧が急激に上昇する急性緑内障発作で充血が見られます。治療が遅れると数日で失明してしまいます。

緑内障は別の病気に伴って起こることもありますが(続発性)、多くは原因不明の原発性緑内障です。原因の一つにストレスがあるとも言われていますので、愛犬のストレスサインを見逃さないようにすることが予防にもつながります。


結膜下出血

充血ではありませんが、結膜の下の血管が破れて出血することで目が充血しているように赤く見えることがあります。ウイルス性の結膜炎や外傷、止血異常などで起こります。

犬の目が充血している場合の応急処置

ダックスフンド

放置すると数日で失明する可能性もありますので、なるべく早く病院で診てもらうことをお勧めします。

異物を取り除く

ゴミや毛など異物が混入している場合は取り除いてください。少量の水道水を数滴垂らし、まぶたを優しく開閉してコットンなどで軽く拭き取ります。目薬は市販品でも「ワンクリーン」などの無添加の人工涙液であれば使用しても問題ありません。


無理に取ろうとすると逆に目を傷付けてしまう場合もあります。難しい場合は病院で麻酔を使って除去します。

エリザベスカラーをつける

異物が見当たらない場合、犬が目をこすらないようにエリザベスカラーをつけましょう。目に違和感や痛みがある場合、前足でかいたり地面にこすりつけたりして悪化させてしまう場合があります。

犬の目が充血している場合の治療法

コリー

結膜炎やぶどう膜炎の場合は点眼薬、緑内障の場合は点滴や内服薬など、原因によって治療法は異なります。

食事を見直す

ごはんにアレルギー物質が含まれていることが原因で充血している可能性もあります。ドイツの研究チームによると、犬のアレルゲン食品として最も報告が多いのは牛肉で、乳製品、鶏肉、小麦と続いたそうです。



症状が出ている場合はアレルギー検査をお勧めしますが、検査で陽性が出たからといってあれもこれも食べさせないというのは食の選択肢を狭めることになりますのでやめましょう。食材の特定は「除去食試験」で行われます。除去食試験は時間と労力がかかりますので、症状が軽ければ疑わしい食材が含まれないごはんに変えて様子を見てみるのもいいでしょう。


市販されている人用の目薬は使っても大丈夫?

人用も犬用も成分はあまり大差ない場合が多いのですが、飼い主さんの判断で人用の目薬を使用するのはやめましょう。獣医師に処方された目薬を使うようにしてください。

まとめ

ヨーキー
充血は何かしらの原因で目の血管が拡張すること
結膜充血と網膜充血の2種類ある
緑内障では数日で失明する可能性も
様子見はせずになるべく早く病院へ
目薬は獣医師に処方されたものを使う
人間の場合ですと、目の充血だけでは病院に行くことは少ないかと思いますが、犬の場合だとそこに何が隠れているかわかりません。目も充血しているだけでなく、全身的に食欲がなかったり、元気がない場合や熱があるような場合は病気である可能性が高いので、早急に病院に行きましょう。