【現役トリマー解説】犬の肛門腺絞りって? 頻度や自宅でできる方法を動画で紹介!

「犬の肛門腺絞り(こうもんせん)って聞くけどした方が良いの?やり方が分からない・・」という飼い主さん必見!犬の肛門腺絞りは、お家で行うには少し難しいお手入れですが、排泄時にたまる肛門腺の分泌物を絞り、健康で清潔な状態に保ってあげる必要があります。愛犬とのコミュニケーションの一つにもなるのでぜひ自宅で実践してみてください。今回は犬の肛門腺の絞り方や頻度、注意点について、国内海外で15年以上経験のある現役トリマーの大森先生が解説します。

犬の肛門腺絞りをする理由


肛門腺(こうもんせん)とは肛門付近にある腺で、マーキングに使われる強い臭いの分泌物が出る場所です。愛犬が自力で肛門腺にたまっている分泌物を排泄できない場合、分泌液が肛門嚢に溜まり、細菌の繁殖で炎症を起こして「肛門嚢炎(こうもんのうえん)」などの病気になることがあります。分泌液が溜まりすぎると肛門嚢が破裂することもあるので、人の手で絞り出してあげる必要があります。

肛門嚢炎の症状

  • 肛門付近が赤く腫れる
  • 排便する時に痛がる
  • お尻を舐める
  • お尻を擦り歩きする

犬の肛門腺絞りの頻度

目安として2週間〜1カ月に一度は絞ってあげましょう。肛門腺の溜まりやすさには個体差があります。お尻の擦り歩きなどをしていたらたまっているサインの一つなので肛門線を絞ってあげてください。トリミングやシャンプーをペットサロンでお願いする時に一緒に頼むのが良いでしょう。


小型犬と大型犬での違い

基本的に肛門腺の絞り方は小型犬でも大型犬でも同じですが、大型犬のほうが力を入れて絞らないと出しづらいです。また、大型犬は排便の時に一緒に肛門腺から分泌液を出せる場合があります。小型犬に比べると、大型犬の方が肛門腺を絞る頻度は少なくても大丈夫な傾向があります(※個体によって異なります)。

犬の肛門腺絞りの分泌液の色や量は?

犬の肛門腺絞りの方法を説明するコーギーのお尻の画像

分泌液は個体によって液体が違います。ドロッとした茶色の場合もあれば、黄緑色でサラサラしている場合もあります。絞ったときの出方もゆっくりと出てきたり、勢いよく出たりさまざまです。溜まっている量も個体差があります。

愛犬が嫌がらない犬の肛門腺絞りの方法

プロが行うトリミングサロンで肛門腺絞りをする方が、しっかり出せて犬の健康面にも気づいてもらえます。しかし、やり方を学べばおうちでも肛門腺絞りは可能です。

\動画を見てチャレンジ!/



Step1. 保定し、しっぽを持ち上げる

二人で肛門腺絞りをする場合、一人は愛犬が後ろを向かないよう顔を抑えてあげてください。一人の場合は愛犬の顔を背にして、人の脇の間に愛犬の体を挟みます。絞らない手で愛犬が座らないように尻尾を上げます。

\One Point!/
しっぽを高く、顔側に少し倒してあげると肛門がよく見え、肛門腺も分かりやすくなり絞りやすくなります。

Step2. 指で肛門腺を押す

肛門腺の絞り方

肛門腺は肛門を中心にして左右に二つあります。しっぽを時計の12時とすると、4時と8時の部分が肛門腺の位置です。

Step3. 肛門に向かって絞り上げる

犬の肛門腺絞りの方法を説明するコーギーのお尻の画像

強く押し過ぎると皮膚や肛門が赤くなり、逆に痛くなってしまいます。力ずくで出そうとせず、ゆっくり絞るようにしてください。

\One Point!/
臭いがかなりキツイため、周りに飛び散ったり洋服に付いたりしないようティッシュを肛門に覆うようにして絞ると良いです。お風呂場で絞り、絞った後はそのまま肛門を洗ってあげると良いでしょう。

まとめ

犬の肛門腺の絞り方

肛門腺を絞らないと「肛門嚢炎」などの病気になる可能性も。
2週間〜1カ月に一度は肛門腺絞りをしましょう。
お尻歩きは肛門腺を絞るタイミングのサイン
分泌物の臭いはきついので、絞る際はティッシュで覆って。
できれば終了後は、そのままシャンプーを。
肛門腺は定期的に絞ることをオススメします。ご家庭でやる場合、うまくできるようになるまでにはコツが必要です。何度も繰り返しやるとコツがつかめるようになります。ご家庭で出すのが難しい場合は、トリミングサロンや動物病院で必ず出すようにしてください。



Share!