スノーシューの飼い方|猫の性格や特徴、寿命など 祖先はシャム猫?

スノーシューの飼い方|猫の性格や特徴、寿命など 祖先はシャム猫?

スノーシューという、まるでシュークリームみたいな名前の猫を知っていますか? 日本では馴染みの浅い猫種ですが、実は私たちがよく知っているある猫種の突然変異なんです。さて、どの猫種でしょうか。今回はアメリカ生まれの、優しい顔立ちが素敵なスノーシューの歴史や性格、特徴について紹介します。

スノーシューの基礎知識

スノーシューは英語で「SnowShoe」と表記し、四脚がまるで雪のように真っ白であることから名付けられました。

スノーシュー
Photo by burtonthecatさん Thanks!

歴史

スノーシューの起源は1960年代にまでさかのぼります。アメリカでシャム猫のブリーダーをしていたドロシーという女性は、生まれてきたシャム猫の子猫の中に、四脚がまるで靴下を履いているように真っ白な子を3匹見つけました。ドロシーはその猫たちを大変気に入り、新種の猫として確立しようとする試みを始めました。

3匹の子猫たちが成長をした後に、ドロシーがその中の1匹とアメリカンショートヘアを掛け合わせてみることにしました。その結果、四脚が白いだけではなくて、顔は白のハチワレ(額から頬にかけて、八の字のような模様をしている猫)の、シャム猫アメリカンショートヘアとは容姿も性格も全く異なった新種の猫を誕生させることに成功しました。

実はスノーシューの歴史に関する記録は、他の猫種に比べると、ほとんど残っていません。記録保管の不十分さもさることながら、その一番の理由はスノーシューの毛色にありました。スノーシューの祖先であるシャム猫の毛色は、シール(ダークブラウン)やチョコレート、ブルー(グレー)などが一般的ですが、ごくまれに突然変異でホワイトの模様が入ったシャム猫が生まれることがあります。

しかしキャットショーにおいて、ホワイトの模様が入っているとシャム猫として認められない場合があり、あまり好まれてはいませんでした。そのため、当時の猫のブリーダーたちは、ドロシーがスノーシューを作出したことを「今まで排除していた、ホワイトの毛色にさせる要素を多く持ったシャム猫をあえて作り出した」と考えて、反感を抱いていたのです。

1960年代以降、人々のスノーシューに対する関心は次第に低下し、1977年にスノーシューのブリーダーはたった一人しかいませんでした。しかしその後、スノーシューは徐々に人々の関心を取り戻し、1989年にはスノーシューのブリーダーが30人近くいたことが、記録に残っています。猫の主要な血統書登録団体であるTICAには、1994年に純血種として登録されました。

スノーシュー
Photo by lil.peanut.huaさん Thanks!

性格

スノーシューはとてもユニークな性格をしていて、スノーシューの性格も猫によってさまざまです。恥ずかしがり屋さんの子もいれば、少し気難しいけど優しい子、まるでホームヘルパーさんのように飼い主さんのことをいつも気にかけてくれる子もいます。どのスノーシューにも共通して言えることは、愛情深い性格をしていて、飼い主さんのことが大好きだということです。

特徴

走ったり、ジャンプをしたりするのに丁度よい、バランスの取れた体つきが特徴です。最大の魅力は、まるでくつ下を履いているような真っ白な四脚ですが、実は生まれたての頃は足先だけでなくて全身が真っ白な毛に身を包んでいます。数週間かけて、成長と共に徐々に毛が色付き始めるのです。

平均寿命や体重

スノーシューの平均寿命は14歳〜16歳といわれており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後なのに対して少し長めです。平均体重はメスが3kg〜5.5kg、オスが4kg〜6.5kgです。

子猫の価格相場

ブリーダーから迎える場合、価格は20万〜35万円前後です。日本にスノーシューのブリーダーはほとんどいませんが、海外のブリーダーから輸入することも可能です。輸入をする場合は、航空代金も負担する必要があることを念頭に置いてください。

スノーシューの毛色

スノーシューの人気の毛色はシール(ダークブラウン)です。その他にも、ライラック(薄いブルー)やフォーンなどがありますが、明るめの毛色は白い四脚が強調されなくなるため、あまり一般的ではありません。

シール

スノーシュー
Photo by picoalonsoさん Thanks!

フォーン


ライラック



スノーシューがかかりやすい病気

スノーシューは先天的な理由により病気になりにくいといわれていますが、猫種に限らず猫は腎臓病になりやすい体質を持っています。猫は病気を隠す習性があり、飼い主が気付いた時には手遅れだったというケースが少なくありません。定期健診は怠らないようにしてください。

スノーシューの動画

スノーシューの動画を紹介します! 動画では、飼い主さんと「ハイタッチ」や「お手」をしています。少し面倒くさそうな表情ですが、キャットフード1粒のために芸に励んでいます。

スノーシューの飼い方

スノーシューを家に迎えたら、定期的なトリミングを行うように心掛けましょう。

定期的なトリミング

トリミングとは「シャンプー」「ブラッシング」「耳掃除」「爪切り」などの、猫の体に関するお世話の総称です。猫は室内飼いが基本ですので、動物病院に行くこと以外に外出をしたことがない子がほとんどだと思います。普段慣れていないトリミングサロンへ行って、見知らぬ犬や猫ばかりがいる場所にいるとストレスがたまってしまう子もいます。そのため、猫のトリミングは基本的に飼い主さんが行うことをおすすめします。

短毛種の場合は毛に汚れがたまりにくいため、シャンプーは4〜5カ月に1回ほどで大丈夫ですが、ブラッシングは毎日するようにしてください。抜け毛を猫がたくさん飲み込んでしまうと、毛球症などの原因となってしまいます。

スノーシューの迎え方

スノーシューの迎え方はさまざまです。猫を迎える際にぜひ参考にしてみてください。

保護猫の里親になる

保護され新しいおうちを探しているスノーシューもいます。血統書を持っている猫は犬以上に少ないですが、雑種の中にはスノーシューの特徴を持った子もいます。保護猫と飼いたい人のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)にも募集している子がいるかもしれませんので、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーやキャッテリーから迎える

血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーやキャッテリーから迎えるという方法もあります。実際に猫が生まれた場所へ見学に行くことで、育った環境を実際に知ることができます。また、育てる上でのアドバイスを聞くこともできます。

ブリーダーとキャッテリーの違いって?

「ブリーダー」は猫の飼育と繁殖を行っている人たちの総称です。ブリーダーの中でも、主要な猫の血統書登録団体であるTICAもしくはCFAに認められているブリーダーのみがキャッテリーと名乗ることが出来ます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは血統書付きのスノーシューを見つけることができます。

白い靴下を履いたようなスノーシュー

スノーシューは愛らしい容姿と個性的な性格をしていて、とても素敵ですよね! 「犬は人につき、猫は家につく」と言われていますが、猫も飼い主さんとの時間を大切にしています。猫を家に迎えた際は、たくさん遊んであげるようにしてくださいね!

OMUSUBIなら子猫から成猫まで探せます!

保護犬、保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」
保護犬保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護猫の里親さんを募集しています。生後数カ月から成猫まで、幅広い猫種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

なお、本稿は以下を参照して執筆しています。
Share!