猫は節分の豆を食べても大丈夫?注意点やお面・かぶりものなど節分グッズを紹介

Share!

節分の恒例行事といえば、豆まきですよね。歳の数だけ豆を食べる方も多いと思います。猫のいる家では「猫が豆を食べてしまった!」という事があるかもしれません。猫は豆を食べても大丈夫ですが、注意点もあります。今回は、愛猫と過ごす節分での注意点やお面、かぶりものなどの節分グッズを紹介します。

猫は節分の豆に注意が必要

節分の日は「鬼は外! 福は内!」と言いながら、家や庭に向かって豆を投げ、歳の数だけ豆を食べるというのが恒例ですよね。猫がいる家庭では、「投げた豆を猫が食べてしまった!」ということもあると思います。

猫は節分の豆として一般的な「煎り大豆」であれば食べても問題ありませんが、以下の点に注意が必要です。

  1. 喉や腸での「詰まり」
  2. 消化不良
  3. 大豆アレルギー
  4. 生大豆
  5. 与え過ぎ


1. 喉や腸での「詰まり」に注意

煎り大豆は硬く消化も良くないため、大量に食べると喉(食道)で詰まらせたり、腸閉塞につながったりする場合があります。

2. 消化不良に注意

煎り大豆は消化に良くないため大量に食べると大豆がそのままの形で便に混ざったり、吐き出してしまったりすることがあるかもしれません。胃腸に不安のある猫には柔らかく煮て少量ずつ与えると安心です。

3. 大豆アレルギーに注意

大豆のアレルギー症状を引き起こしてしまう場合もあり、皮膚の痒みを中心に嘔吐や下痢が見られる可能性があります。初めてから数回は与える量を少なくして、食後の様子を確認するようにしてください。

4. 生の大豆に注意

生の大豆はトリプシン・インヒビターという成分が猫にとって有害となるため、与えてはいけません。熱に弱いため加熱されたものであれば大丈夫です。節分で使う煎り大豆であれば問題ないでしょう。

以上の点に心配のある猫には、猫用ボーロや納豆で代用してあげるのもオススメです。

プライムケイズ カルシウム村のやぎ牧場 犬猫用ボーロ
楽天で見る

5. 与え過ぎに注意

総合栄養食へのトッピングやおやつとして与える場合は、1日の最適カロリー量の10%以内にしてください。煎り大豆は100gで439kcalです。

猫も使える節分のお面やかぶりもの

犬の飼い主さんはお面やかぶりものを愛犬につけて記念撮影をすることが珍しくありませんが、猫ちゃんもつけることができます。嫌がらないということが前提になりますが、愛猫との思い出づくりに季節モノの写真を撮ってみてはいかがでしょうか?

鬼のかぶりもの

洋服は嫌がる猫ちゃんが多いですが、かぶりものなら大丈夫ということもあります。この時期、かぶりものが温かくて気に入ってしまう猫ちゃんもいるようですよ。

鬼のかぶりもの
Amazonで見る

太巻き風のまたたび

本物の太巻きは人間用の味付けがされているのであげられませんが、代わりに太巻きのおもちゃはいかがでしょうか? ハミガキも兼ねたおもちゃですので、猫ちゃんのお口の健康にも良く一石二鳥ですね。またたびが入っているので興奮しすぎてしまうかも?

太巻き風のまたたび
Amazonで見る

小さなお面

市販の節分豆に小さなお面が付いてくる場合がありますが、「ペット用のお面」ではありません。首が絞まってしまいそうであったり、飲み込んでしまう細さであったりする場合は、必ず猫ちゃんが安全に使えるように紐を付け替えてから使用してください。

小さなお面
Amazonで見る


節分グッズを使った猫ちゃんの写真

実際に節分グッズを使って撮影した猫ちゃんたちの様子を紹介します。

節分のお面をする猫
Photo by shirukotanさん Thanks!

節分のかぶりものをする猫
Photo by cocolog_catさん Thanks!

節分のかぶりものをする猫
Photo by cocolog_catさん Thanks!

「猫の太巻き」を作って食べる

猫好きの方は「猫の形をした恵方巻き」作りに挑戦してみるのはいかがでしょうか? 見た目だけでなくて、味もとっても美味しそうですね。ただし、人向けに作ったものは猫ちゃんにあげないようにしてくださいね。



節分の日の豆知識

「節分」といえば、豆まきをしたり恵方巻きを食べたりする1年に一度しか訪れない日のことを連想する人がほとんだと思います。しかし実は、日本には節分が4回もあるって知っていましたか?

日本には「春夏秋冬」と四つの季節がありますよね。「節分」には「季節を分ける」という意味が込められており、それぞれの季節の始まりである「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日が「節分の日」となるのです。

また、西暦が2000年に突入してから、偶然にも2月3日がずっと節分の日でした。それゆえ、「豆まきをする節分の日は2月3日で、その翌日の2月4日が立春」と思っている人も多いと思いますが、そうではありません。正確には、「太陽黄経が315度に達した日が立春で、その前日が節分の日」なのです。直近の年代だと、2021年は2月3日が節分の日ではなくて、立春になる予定です。

なぜ豆を投げるの?

豆まきは北東の方角を向いて、始めるのが正しい方法です。しかし、なぜ北東なのでしょうか? そもそも、なぜ豆を投げるのでしょうか? 北東は陰陽道の暦(十二支)で表すと、「丑寅」にあたります。牛(丑)は角を持ち、虎(寅)は牙を持っていることから、「北東」は鬼が入ってくる門である「鬼門」とされていました。私たちがイメージする「鬼」が虎柄のパンツを履いている理由も、納得ですね! そして、豆を鬼門に向かって投げることで、「魔(ま)を滅(め)する」と考えられていたのです。


なんで恵方巻は年の方角を向いて食べるの?

恵方巻のルーツは江戸時代から明治時代にかけて関西で始まったとされています。福徳の神様である「歳徳神(としとくじん)」がいる方向が毎年変わることから、その年ごとに歳徳神がいる吉方を向いて食べると願いが叶うといわれています。吉方は節分だけでなく、初詣も自宅から見て吉方にある神社に行くなどの習慣がありました。

ペットと楽しい節分を

2月の節分の日は楽しいことがいっぱいありますよね。猫の誤飲や誤食が原因で、体調不良になってしまったら、せっかくの楽しいイベントが台無しです。猫の健康には十分に配慮して、楽しい一日をお過ごしください。

公開日:2018年2月3日