犬の呼び戻しのコツとは? 無視や逃げる理由が分かればしつけもできる!【トレーナー解説】

犬の呼び戻しのコツとは? 無視や逃げる理由が分かればしつけもできる!【トレーナー解説】

犬の「呼び戻し」は、とても重要なしつけの1つです。「呼んでも来ない」、「おいでと言うと逃げる」など、できないことに悩んでいる飼い主さんも多いと思います。どうしたら呼び戻しができるようになるのか、コツや犬が無視する理由についてドッグトレーナーの西岡が解説します。

犬の呼び戻しとは

走ってくる犬

呼び戻しのトレーニングとは、いわゆる「オイデ」のことです。「コイ」や「カム」でも良いのですが、コマンドは統一して使うようにしましょう。

コマンドとして教えるしつけの中ではかなり難しいものになりますが、愛犬の安全を守るためにも必ず理解させたいコマンドでもあります。「オイデ」と声をかけたらどんな時でもどこにいても、必ず飼い主の元へ戻ってこられるようにトレーニングしていきましょう。

呼び戻しの必要性

走り寄ってくるラブラドールレトリバーの赤ちゃん

犬の呼び戻しの必要性は、普段の生活の中ではそこまで強く感じないかもしれません。しかしトレーナーとしては呼び戻しのコマンドは必ず教えますし、その大切さは飼い主さんにも伝えます。

理由としては、お散歩中にたまたま手からリードが外れてしまったり、カラーやハーネスが抜けてしまったりということが、かなり高い頻度で起こり得ます。そんな時に呼び戻しができていれば、道路などの危険な場所に犬が走り出すことを防げますし、迷子になってしまうこともありません。

また、ドッグランでも犬同士のトラブルリスクを限りなく軽減できます。つまり呼び戻しは、愛犬の安全を守るためにも必要なのです。

犬が呼んでも来ない原因

振り向く柴犬

「うちの子、呼んでも来ないのよ」というお悩みはよく聞きます。来ない理由はいろいろと考えられますが、その中でもよくある理由を解説します。

行くと嫌なことが起こるから

犬が呼んでも来ない1番の原因は、「オイデ」と呼ばれて飼い主の元に行ったのに、楽しくないことがあった(嫌なことがあった)という経験です。最初は呼んだら来ていたのに、嫌な経験ばかりをしていると、犬は学習して行くことを拒否するようになります。以下はその「嫌な経験」の例です。

  • 捕まえられてハウスに入れられた
  • 抱っこされて行動が制限された
  • ハミガキやブラッシングなど(犬が嫌がってること)をされた
  • 犬がくわえてたお気に入りのオモチャやティッシュ、ボールペンなどを取り上げられ叱られた

などがあります。こういったことが積み重なっていけば、それは何度呼ばれたって飼い主の元には行きませんよね。しかし、これだけが原因ではありません。


その他の原因

  • 「オイデ」のコマンドを理解していない
  • 遊んでいて、今とっても楽しい気分
  • 追いかけてくれるのが楽しくて、「オイデ」をわかっていても無視している

などがあります。そもそもコマンドを理解していないなら、分かるように教えなければいけませんし、どんな時でも「呼ばれたら行く」ということを徹底させることも呼び戻しとして大切なしつけです。

呼び戻しの教え方

座って待ってる犬

アイコンタクトと同じく、最初は家の中の落ち着いた環境で始めていきます。室内でも比較的近くにいる時に「オイデ」のコマンドをかけて、少しでも近くに来たら毎回必ずしっかり褒めてあげます。

呼び戻しトレーニングの時はトリーツがとても効果的で、その子にもよりますが呼んで帰ってきたら必ずトリーツを与える、ということを徹底する方法でトレーニングすることも多いです。

どのトレーニングでもそうですが、呼び戻しは特に成功体験を増やしていくことが大切なので、いきなり難しいこと(犬がいっぱいのドッグランなど)をせずに、少しずつ難易度を上げていくことをおすすめします。

まずは室内での呼び戻しトレーニング

トレーニングを始める難易度としては、1〜4のように簡単にできるところから順に、少しずつ難易度をあげて練習していきましょう。

  1. 犬が落ち着いていて、少し離れてる場所にいる時
  2. 興奮してる時
  3. 匂いを嗅いだりオモチャに夢中になってる時
  4. 来客時

1〜4のように、どんな時でも室内で呼び戻しができるようになってきたら、室内よりも刺激の多い外でのトレーニングを始めてみましょう。

屋外(お散歩時など)での呼び戻しトレーニング

室内同様に、難易度の低いところからゆっくりとトレーニングしていきましょう。

  1. 家から近場、もしくは人通りが少ない静かな場所で、リードで繋がっている範囲から始める
  2. 少しにぎやかな場所、小さめの公園などで練習する
  3. 人通りの多い商店街や駅前などで練習する
  4. 大きめの公園や河原などで、ロングリードを使って距離を少しずつ伸ばして練習する
  5. 犬があまりいない状況でのドッグランで練習する
  6. にぎやかなドッグランで他の犬と遊んでる時に練習する

最終的には、ドッグランなど他の犬と遊んでいる時や、何かに夢中になっている時でも呼び戻しができるようになれば完璧です! しかし、ドッグランではトリーツを使うことができない場所も多いので、事前にルールを確認するようにしましょう。

トレーニングのポイント!

トリーツはご褒美としてわかりやすく犬も理解しやすいので、トリーツを使っての呼び戻しトレーニングをオススメすることが多いです。しかし、ただトリーツを与えれば良いという訳でもなく、タイミングや声のかけ方など、使い方にもコツがあります。

ポイントとして、トリーツを見せて愛犬を釣って呼び戻すのではなく、普通に呼び戻した時にご褒美としてトリーツが出て来るというかたちにすることにより、こちらが手に何も持ってなくても呼び戻しができるようになっていきます。

そしてトリーツだけではなく、「来てくれてありがとう! 嬉しいよ!」という気持ちを持って、しっかりとした声や態度で褒めてあげましょうね。愛犬にとってもわかりやすく、嬉しい感情を重視して楽しくトレーニングしていくことが、呼び戻しでも何より重要なポイントです。

愛犬とのより良い関係を目指して

振り向くコーギー

どんな状況下であっても、飼い主が呼べば必ず戻ってきてくれるということは、愛犬にとって飼い主に呼ばれることが最高に嬉しいという気持ちの表れです。「叱られるから」、「嫌々」、「渋々」戻ってくるよりも、楽しそうに笑顔で戻ってきてくれるほうが良いですよね。

愛犬の安全を守ることもとても大切ですが、呼び戻しができるということは、愛犬と飼い主さんがとても良い関係を築けているということです。そんな素敵な関係を目指しての呼び戻しトレーニングをおすすめします!

Share!