犬のクレートおすすめ7選|折りたためるものや飛行機に乗ることも出来るものもご紹介

犬のクレートおすすめ7選|折りたためるものや飛行機に乗ることも出来るものもご紹介

Share!

犬と暮らす際に必要なクレート。家の中では愛犬の落ち着ける寝床として、飛行機や車に乗る際には安全第一に、それぞれに適したものを選ぶ必要があります。本稿では、定番のバリケンネルをはじめ、機能性はもちろん、デザインもおしゃれなクレートを紹介します。ソフト・ハードなど用途に合わせて選ぶ参考にしてください。

犬のクレートの適正サイズ

クレートに入る犬

クレートの適正サイズは、犬がクレートの中で腰を上げてくるりと回れる程度のものです。

足の短い犬種を除き、首をまっすぐにあげて立ち上がれるサイズは大きめで、頭から入ってお尻からでることしかできないサイズだと小さめということになります。

特に車の移動などで使う場合は安定感の方が重要なので、大きすぎるものを使うのは避けるようにしましょう。

犬用クレート【ハードタイプ】

ペットメイト ウルトラバリケンネル


  • 特徴:クレートの定番と言えばペットメイトのバリケンネル。丈夫で安定感があり、犬が安心・安全に過ごせるよう設計されています。別売で専用ベッドや網スノコなどが充実しているのも魅力の一つです。使わないときは重ねてコンパクトに畳む事ができるのも嬉しいポイント。
  • ブランド:ペットメイト
  • サイズ:W70×D101×H75cm

楽天で見る


エアトラベルキャリー


  • 特徴:IATA(航空輸送基準)をクリアした丈夫なクレートです。キャリーなので持ち運びも出来ますが、室内では左右両開きの扉を開けてハウスとしても利用できます。普段からハウスとして利用することで、旅行先でも安心な場所を提供できます。ハウス内には、水のトレーを取り付けられるようになっています。
  • ブランド:アイリスオーヤマ Pet館
  • サイズ:W47×D67×H51cm
  • カラー:ホワイト/ブラウン
  • 耐荷重:20kg未満
  • 素材:本体 ハンドル・食器:ポリプロピレン/ノブ・ハンドルカバー ABS樹脂/扉・軸 スチール(エポキシ粉体塗装)

Amazonで見る


DOGGY EXPRESS


  • 特徴:イタリアで設計された航空機にも対応するデザインで、ストッパー付きのバックルや2段階ロックなど、安全性にも配慮されています。組立ても簡単で、非常に便利なキャリーです。
  • ブランド:ドギーマン
  • サイズ:W40×D60×H39cm
  • カラー:グレー/レッド
  • 耐荷重:10kgまで
  • 素材:外装 ポリプロピレン/扉 スチール

楽天で見る


ファープラストアトラス100 大型犬用


  • 特徴:イタリアferplast社製アトラスキャリーシリーズの車載タイプクレートです。ハッチバックタイプの車に最適です。別売りのパーテーションをつければ2部屋にもなるので小型犬、中型犬の複数飼いにもおすすめです。
  • ブランド:ferplast
  • サイズ:W100×D60×H66.cm
  • カラー:ブラウン/グレー
  • 耐荷重:50kgまで

Amazonで見る

犬用クレート【ソフトタイプ】

HOLIDAY8


  • 特徴:イタリア製のお出かけやアウトドアに使える、軽くて丈夫なハウスです。室内でハウスとしても使えます。3面がメッシュ素材なので、通気性も抜群です。 また、ローラーブラインドで日差しや光を遮ることもできます。
  • ブランド:ferplast(イタリア)
  • サイズ:W81×D58×h58

楽天で見る


折りたたみソフトケージ


  • 特徴:本体は登山用バッグの底面にも使用される600デニールの厚手ポリエステルを採用。軽さだけでなく丈夫さも備えたペットケージです。また、内面には防水加工も施しましたので、汚れてもサッと拭くだけでOK。万が一粗相してしまってもお手入れ簡単です。
  • ブランド:MARCATO
  • サイズ:(使用時)W55×D77×H50cm(収納時)W57×D4×H55.5cm
  • 重量:1.8kg(収納袋込2.1kg)

Amazonで見る


ファーストラックソフトクレート


  • 特徴:折りたたんで楽に持ち運ぶことができるソフトクレートです。軽量で組み立てが簡単なので、室内・屋外どこでも持ち運び設置することが可能です。通気性を配慮したメッシュ生地を採用し、タフな底面防水加工を施してあるため、アウトドアにもピッタリです。フレームを外して、洗濯することも可能です。
  • ブランド:ファーストラックス
  • サイズ展開:S/M/L/XL/XXL
  • 重量:2.6kg〜

Amazonで見る

犬のクレートは安心できる場所

クレートに入って寛ぐ犬

クレートは移動時や有事の際に使わなければならない必需品です。犬の中にはクレートが苦手で入りたがらない犬もいますが、遊びやおやつを交えながら、少しずつ入ることに慣らしておきましょう。苦手を克服させることも一つの愛情表現なので、入りたがらない愛犬の飼い主さんは、ぜひ根気よく教えてあげてみてくださいね。