犬と車でお出かけしよう。乗せ方や注意点、クレートなどのおすすめグッズを紹介

犬と車でお出かけしよう。乗せ方や注意点、クレートなどのおすすめグッズを紹介

愛犬と車でドライブに出かける際、助手席に座らせた愛犬が窓から顔を出していませんか? 実はこれは道路交通法違反になってしまう行為なんです。公共交通機関よりも自由度が高い車での移動ですが、愛犬を車に乗せるには気をつけなければいけないことがたくさんあります。今回は、犬を車に乗せる際のポイントや交通ルール、クレートやボックスなどのおすすめグッズもご紹介します。

愛犬と一緒に車でお出かけしよう

車に乗っている2匹の柴犬
Photo by malu_shibadogさん Thanks!

愛犬と一緒に暮らしていると、何かと必要になる車。小型犬であれば、電車やバスなどの公共交通機関に一緒に乗ることもできますが、中型犬以上になるとそれも難しくなります。

しかし、車であれば周りの目を気にすることもなく、飼い主にとっても愛犬にとっても快適に移動することができます。

犬の車への乗せ方と降ろし方

車に乗る犬

大型犬など自分で車に乗ることができる場合には、「ハウス」や「乗って」などのコマンドを使い、自分から車に乗ってもらうようにしましょう。

降ろすときも同じで、「降りて」や「OK」などのコマンドで自ら車から降りてもらうことで、飼い主の負担も少なくてすみます。

小型犬や中型犬など、自分で車に乗るのが困難な場合は、クレートに入れて乗せてあげましょう。

降ろすときは、飛び降りてしまわないようにクレートごと車から降ろしてから出してあげるようにしましょう。

クレートに入れるときの注意点として、リードを付けたままクレートに入れると、リードをかじってしまう犬がいます。

その場合には、誤飲防止として、クレートに入ったらリードを外しましょう。また、クレートから出すときは、クレートの中にいるときにリードを付けてから出すようにしてください。


犬が車に乗りたがらない理由と対策

車の前にいる犬

犬が車に乗りたがらないことにも理由があります。

車に慣れていない

車に慣れていない場合、車内のにおいやエンジン音、振動などを「怖い」と感じることがあります。

また、揺さぶられることに慣れていないために車酔いなどを経験し、次から車に乗ること自体を嫌がるようになってしまうこともあります。

まずは、車自体に慣れさせることと、車酔いの対策をする必要があります。


嫌な経験をした

車に乗っているときに、痛い思いをしたり怖い思いをしたりしたことがある場合には、それがトラウマとなり車自体を怖がるようになってしまうことがあります。そういうときは無理に乗せず、愛犬のペースで車に慣れさせてあげることが大切です。

乗らないのではなく乗れないのかも

後部座席や荷物置き場などに、ジャンプをさせて乗せようとしていませんか? まずは、犬にとって無理な高さではないか確認しましょう。

もし、昔は飛び乗れていたのにそれができなくなったのだとしたら、老化や関節の痛みなどが原因で飛び乗れなくなってしまっているのかもしれません。

無理に飛び乗らせず、飼い主が補助をして乗せてあげるようにしましょう。


犬に合った車とは

車にたくさんの犬

車は、形や機能などさまざまなタイプのものがあります。その中でも、犬を乗せるときにおすすめなポイントをご紹介します。

荷台は平らで広いもの

荷台には、フラットのものと穴状に窪んでいるものがあります。犬を乗せることを考えるのであれば、クレートを乗せることもできるフラットタイプがおすすめです。

愛犬が入れるサイズのクレートが、しっかり縦に置けるのか、横でしか置けないのかも、重要なポイントです。

縦に置ければ、まっすぐ飛び乗ることができますが、横向きの場合には、クレートの扉の開閉の向きや、犬が自ら乗るスペースがあるかなど、注意が必要です。

後部座席を倒したらフラットになる

たとえ荷物台が狭くても、後部座席がフラットであれば安定してクレートを置くことができます。

ステップが低い

後部座席に犬を乗せる場合には、ステップが低いというのもポイントです。少しでも段差が少ないほうが、犬にとっても飼い主にとっても負担が少なくすみます。

愛犬を車に乗せて走行する際の注意点

車に乗る犬

車は、周りの目を気にすることなくお出かけを楽しめますが、気を付けなければいけない点もあります。

走行中はロックをすること

走行中や、車から降りるときの飛び出し防止策として、ドアロック・ウィンドウロックを徹底しましょう。

場合によってはドアロックだけではなく、あらかじめ犬側のドアにはチャイルドロックをかけておくのもおすすめです。

グッズを活用して安全に乗せよう

犬を車に乗せるとき、皆さんはどのようにして乗せているでしょうか。乗せ方によっては、急ブレーキやカーブなどでケガをしてしまったり、車酔いしてしまったりする可能性もあります。犬を車に乗せるためのグッズなどを、うまく利用するようにしましょう。

中でも最も安全なのは、ハードタイプのクレートを後部座席の後ろや座席を倒してフラットな状態にして置くことです。ある程度狭い(クレートの中で一回転できる広さ)ほうが、車の遠心力などで揺さぶられることが少なく、車酔いもしにくくなります。また、急ハンドル、急ブレーキ時の衝撃も、クレートであれば最小限ですみます。

多頭飼いでクレートを積むとき

多頭飼いの場合、クレートを積んで乗せることがあります。クレートの強度や、上に乗せたクレートが滑り落ちないかなどに注意しましょう。

犬を車に乗せる際の危険な乗せ方

膝の上の犬

危険な乗せ方と、その理由について解説します。

車内で犬をフリーにする

車内で犬をフリーにさせていた場合、急ブレーキや事故を起こした際にフロントガラスまで犬が吹っ飛んでしまうこともあります。犬にとっても飼い主にとっても危険な乗せ方なので、絶対にやめましょう。

事故は、起こすだけでなく起こされることもあります。どんなに愛犬が良い子でも、どんなに運転に気をつけていても事故が起こる可能性があるということを忘れずに乗車させましょう。

リードを車内に結びつける

飛び出し防止など、犬の行動を制御するためにリードをくくりつけることは、一見大切なことのようですが、注意しなければ思わぬ危険性が伴う行為でもあります。リードが長いと体に絡まってしまったり、短ければ座席から落ちてしまったときに宙吊りになるなど、さまざまな危険性があります。

助手席に座らせる

飼い主一人と愛犬とのドライブでは、愛犬がすぐ隣の助手席にいてくれたほうが安心ですよね。しかし、犬を助手席に座らせることはとても危険なことです。それはチャイルドシートを助手席に付けてはいけない理由と同じで、犬もエアバッグで窒息死してしまう可能性が考えられるためです。

誰かが膝の上で抱く

運転手が膝の上で抱くことは道路交通法違反ですが、他の人が膝の上で抱くのも、安全が確保されないため危険な乗せ方です。

窓から顔を出させる

窓から顔を出させる行為は、道路交通法違反になってしまいますのでやらないようにしましょう。

窓を半分以上空けて走行する

窓を半分以上空けて走行することも、とても危険です。犬によっては、外に気になるものがあったときや、車内で怖いことや嫌なことが起こったときに、窓から外へ飛び出してしまう危険性があります。

犬だけで車内に残さない

夏場だけでなく、春先や秋口の天気のいい日には日差しの熱で車内も暑くなってしまいます。

「5分だけ」という考えが、犬にとっては命取りになってしまうこともあります。

複数人でのドライブなら、交代で休憩を取るとることができますが、一人でのドライブの場合、食事やトイレなどでどうしても犬を車に残してしまうタイミングが出てくると思います。

その場合には、日陰の位置に駐車し、水が飲めるようにすることと、少しだけでも窓を開けておくなどの対策を徹底してください。それができない場合は、車以外の手段で移動しましょう。


犬を車に乗せる前に道路交通法を確認

車に乗る犬

犬を車に乗せる方法はいろいろ考えられますが、中には道路交通法に触れてしまう場合もあります。道路交通法第55条の2項と、道路交通法第4章第1節第70条の規定より、

  • 運転手の膝の上に乗せての運転
  • 窓から犬が顔を出せる状態

これらは、道路交通法に引っかかってしまうので注意しましょう。

道路交通法第55条の2項

車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ、後写鏡の効用を失わせ、車両の安定を害し、又は外部から当該車両の方向指示器、車両の番号標、制動灯、尾灯若しくは後部反射器を確認することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。

道路交通法第4章第1節第70条

車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。


犬を車に乗せていて事故が起きた場合

交通事故

日常的に車を運転する方は、車で事故を起こす可能性についてあまり考えることはないかもしれません。しかし、自分自身が気をつけていたとしても、車の事故は突然起こります。そのとき、愛犬が怪我をしてしまったら…?

運転手として、そして飼い主として取るべき行動の優先順位を間違えないように、万が一のときのために対策を考えておく必要があります。今回は、車での事故のときにどうしたらいいのか、杉浦弁護士に解説していただきました。

Q:車で事故を起こした場合(特に高速道路)、警察官が来るまでその場で待機していなければならないですが、そのとき連れていた犬が重症だった場合はどうしたらいいのでしょうか?

A:ペットが怪我をしても、人ではないことから残念ながら救急車に乗せて動物病院に連れて行くことはできません。そのため、たとえばタクシーを呼んだり、または民間サービスの「動物救急車」などを呼んで、そのペットを動物病院まで運送してもらうことになります。

Q:仮に、知人や動物救急車などと連絡が付かないないときは、どうすればいいでしょうか?

A:警察が来るまで待つのは「報告義務」という義務を果たすためです。警察が来るまでその場で必ず待機することまでは要求されていません。そのため、(あくまで最悪の場合ですが)警察に対して、現状で分かる範囲を110番の電話で報告をした上で「現在ペットが大怪我をしており、可能であれば後日報告をすることができないか」と相談をするのが良いのではないでしょうか。

なお、報告せずにそのまま動物病院に行くことは、「ひき逃げ」や「当て逃げ」といわれる対象となり、最悪の場合、懲役刑を受けることもありますので、それだけは避けてください。

Point!
  • ペットが重症でも救急車は使えない
  • 知人を頼る、タクシーを呼ぶ、動物救急車を利用してペットを動物病院に搬送することが必要
  • 自らペットを搬送しなければならない場合は、110番で警察に事故状況を報告の上で相談する

犬を車に乗せる際のおすすめグッズ

快適かつ安全にドライブを楽しむためのグッズをご紹介します。

クレート

車酔いもしにくく、最も安全でおすすめです。


カラーバリケンネル:Amazonで見る

ドライビングボックス


ドライビングクッション:楽天で見る

ドライブシート

クレートでは負担が大きい老犬などの場合には、ドライブシートがおすすめです。


ドライブシート:Amazonで見る

笑顔の柴犬2匹
Photo by malu_shibadogさん Thanks!
※Amazonの商品とは異なります

malu_shibadogさんのコメント

ママがひとりでドライブに連れて行くときには、後部座席に転落防止の為にハンモック状のシートをセットしています。家族みんなで出掛けるときには、後部座席に大人一人は座ります。長距離の時には身体を固定するようにしてあげると酔わないですし、最近のサービスエリアはわんちゃんに配慮されている所も多いので、ゆっくり休憩をさせてあげられますね。


水飲み

車などの移動中の揺れでも、中の水がこぼれにくい構造のウォーターボウルです。


トラベルボウル:Amazonで見る


まとめ

車で寝る犬

車が苦手な犬もいるので、まずは車自体に慣れさせてあげること
犬を膝の上に乗せて運転、犬が窓から顔を出す行為は道路交通法違反
万が一事故を起こしてしまった場合の対応の仕方も確認しておくこと
犬も人も気楽に楽しむことができるドライブですが、もしもの時のことを考えると決してメリットばかりとは言えない車。それでも、最善の対策をし、安全な運転や行動を心がけることで、より愛犬との行動範囲が広がるでしょう。

愛犬を守れるのは飼い主だけです。うちの子は大丈夫と過信せず、最悪の事態を想定して準備をしましょう。




Share!