猫のしつけ方は? トイレの失敗や爪とぎなどの理由と対策について解説

猫のしつけ方は? トイレの失敗や爪とぎなどの理由と対策について解説

「猫にしつけは必要なの?」と思う人も多いと思います。しかし中には、どこででも爪とぎをしてしまう、トイレを覚えない、噛む、スプレー行動に困っている…という飼い主さんも多いのではないでしょうか。今回は、必要性の高いしつけと、問題行動の対策について解説します。

猫のしつけって?

首をかしげる猫

猫は犬とは違い「しつけをする」という概念がほどんどありません。というのも、基本的に猫は環境さえ整っていれば、しつけをしなくてもある程度は本能でできてしまうためです。それは、猫という種と人が共に暮らしてきた歴史が犬よりも短いために、本能が強く残っているからだと考えられます。

犬は人とのコミュニケーションを積極的に取ろうとし、「人を頼る」という行動をします。猫も人とコミュニケーションを取るようになってきたといわれていますが、犬に比べれば「人を頼る」という行動が少なく、自由気ままに行動します。そんなところが猫らしさであり、魅力の一つでもあるため、わざわざしつけやトレーニングをしよう思う人が少ないようです。

猫の問題行動

くつろぐ猫

猫には基本的に、特別なしつけは必要ありません。それでも猫のしつけを考えるときには、何かしらの問題行動があるはずです。

トイレを失敗する

猫はトイレのしつけに手が掛からないといわれるほど、すぐにトイレを覚えてくれます。それでも失敗が多いのであれば、一度トイレの大きさや配置を確認してみましょう。猫がトイレの縁に座る、壁などをカリカリする場合には、トイレの大きさが合っていないことが考えられます。また、猫のトイレは頭数+1個が必要といわれています。


家具などでの爪とぎ

猫の爪とぎ自体は自然なことですので、それをやめさせることはできません。適切な場所で爪とぎができるまでは、爪とぎされて困るものの保護対策と、爪とぎの見直しをしましょう。猫が爪をとぎやすい形状、大きさ、材質ものか、設置場所は適切かどうか。

それらと並行して、適切な場所で爪とぎができたときにご褒美をあげるようにしましょう。その場所で爪をとぐことを褒める(強化する)ことで、結果的に他の場所ではしないようになります。


甘噛みやひっかき

猫が甘噛みしたりひっかいたりしてくるときには、二つの理由が考えられます。一つは甘えている場合。「嬉しい」ときの感情表現で噛んだり、爪を立てたりすることがあります。

もう一つは「やめて!」と怒っている場合。撫でられる場所が気に入らない、抱っこが嫌い、しつこいなどの理由から、それを伝えるための行動です。

スプレー行動

スプレー行動は基本的にオスに見られる行動で、スプレー行動をすることでテリトリーを示したり、メスへのメッセージを残すという意味があります。これは、成猫になる前の去勢が有効的で、去勢の時期が遅いと去勢後もスプレー行動をしてしまうことがあります。

猫もしつけられる

おやつをもらう猫

猫はしつけができないと思っている人が多いと思います。しかし学習理論上では、猫も犬と同様にしつけや芸を教えることができます。しかし、犬よりも難しいのは事実で根気が必要です。

猫のしつけが難しいわけ

猫のしつけが犬と比べ難しい理由は、猫の食性と習性が犬とは異なるためです。猫は犬とは違い1回の食事の量が少なく、複数回に分けて食べるため、食に対する欲が犬ほどありません。そのため、短時間に連続したトレーニングが難しいのです。

また、猫はグルメといわれるほど嗜好性の幅が狭いため、食べ物ならなんでも良いというわけにはいきません。まずは嗜好性が高いものを探すことと、こまめなトレーニングが必要になってきます。

さらに猫は単独生活者であり、群れで生活する犬とは異なります。そのため、他者との好適なコミュニケーションが少ないので、褒めたりテンションを上げたりするトレーニングは難しいのです。

霧吹きでしつけられる?

飼い主にとってしてほしくない行動を猫がした際に、霧吹きで水を掛けたり、大きな音を立てて驚かせていませんか? 警戒心が強く神経質な猫を叱ることで、人嫌いになってしまったり、余計に神経質になってしまったり、場合によっては攻撃行動に発展してしまうこともあります。

効果的と感じられる方法かもしれませんが、しつけとして根本解決にはなりませんし、「嫌なことをする人」と思われ、猫と信頼関係を築くのが難しくなります。猫のしつけで大切なのは「してほしくないことを経験させないこと」「良いことを適切に褒めること」「適切な環境と適度な運動」です。


気がそれるほどの良いこと

してほしくないことをしたときには、どうしたら良いのでしょうか。驚かす、叱る以外にも方法はあります。猫がしている行動よりも良いことを提案してあげることで、気をそらすことができます。まずは遊びを通して、猫にとっての「良いこと」を増やしてあげましょう。

猫に必要なしつけ

見上げる猫

猫であっても、子猫のうちにたくさんの刺激に慣れさせることと、ハウストレーニングハーネスとリードが着けられるようにすることは、最低限しておくべきです。猫は基本的に警戒心が強く臆病な気質なので、子猫のうちからたくさん撫でられたり抱っこされたりする経験をさせておくことが大切です。

また、病院や災害時に家の外に連れて行くときに必要なハーネスとリード、ハウストレーニングは日頃からするようにしましょう。


猫のハウストレーニング

猫のトレーニングは、クリッカーを使ったトレーニングがおすすめです。クリッカーとは、押すと「カチッ」と音が鳴る道具です。その音とおやつを対提示、もしくは音を鳴らした後でおやつをあげることで、クリッカーの音を聞いただけでおやつを連想するようになります。この学習を「古典的条件付け」といいます。

猫は警戒心が強いので、初めて見るものに最初から入ることは考えにくいです。クレートやキャリーバッグを買ってしばらくは家の中に置き、いつでも猫が入れるようにしておきましょう。この時怖い経験をさせたくないので、クレートであればドアは外しておくか、閉まらないように固定しておきましょう。キャリーの場合は、猫が入るなど何かの衝撃で倒れてしまうことがないように、しっかり対策をしておきましょう。

猫がクレートやキャリーバッグに慣れてきたら、トレーニングに入ります。犬とは違い、大きなリアクションでは猫がびっくりしてしまうだけで「褒め」にはならないので注意しましょう。その点でも、クリッカーは正しい行動をしたタイミングで鳴らし、猫が好きなご褒美をあげるだけ良いので、クリッカーを鳴らすタイミングが分かるようになればとても簡単に教えることができる道具です。
※クリッカーのルールはあらかじめ教えておきましょう。

  1. クレートに近付いたらクリックしておやつ(その子が好きなご褒美をあげましょう)
  2. クレートに触れたら(入ったら)クリックしておやつ
  3. 少しでも入ったらクリックしておやつ
  4. 完全に入ったらクリックしておやつ

すぐにできる子とできない子がいますので、愛猫の様子を見ながら毎日5分程度でも良いのでやっていきましょう。大切なのは、成功で終わらせてあげること。そのため、猫が飽きてしまう前に成功した状態で終わりにしてあげましょう。


まとめ

女性に抱かれる猫

猫はしつけをしなくても、ある程度は本能的にできるようになる
猫にもしつけをすることは可能だが、性質上犬よりも難しいため根気が必要
通院や災害時のために、最低限のしつけはしておくべき

猫との暮らしは、お互いに干渉し過ぎないという距離感が魅力的ですが、コミュニケーションの取り方を教えてあげることで、より良い関係作りにもなります。猫も飼い主さんと「コミュニケーションを取りたい」と思っているのです。ぜひ、愛猫と楽しいニャンライフを送ってくださいね。

トレッタ
Share!