2匹目の猫を迎える方法|先住猫との相性の良い組み合わせや準備・注意点まで

2匹目の猫を迎える方法|先住猫との相性の良い組み合わせや準備・注意点まで

猫を飼ってみて、だんだん「1匹だけでなく2匹目も迎えたい」「1匹だと遊び相手がいなくてさみしそうだから2匹目も」と思う方は多いのではないでしょうか。保護活動をしている筆者としては、保護されている子たちに新しい家が見つかるのであれば2匹目を希望してくれることは大歓迎です。でも、注意してほしいこともあります。今回は、保護活動で何度も2匹目、3匹目として猫を譲渡した経験がある筆者が、2匹目の迎え方をご紹介します。

2匹目の猫を迎えるということ

猫の複数飼育は良いことがたくさんありますが、デメリットが全く無いわけではありません。メリット、デメリットを知った上で2匹目を迎えてほしいと思います。

テーブルに乗った2匹の猫

多頭飼いのメリット・デメリット

多頭飼いの飼い主さんのメリットは、なんといっても大好きな猫に囲まれて生活できるという点です。猫にもメリットがあり、複数で飼育していると追いかけっこをしたりプロレスをしたりと運動不足解消になりますし、お留守番時など少し寒いときは猫だんごすることもできます。猫は群れで生活する動物ではありませんが、くっついて寝ることが好きな子は多いです。

一方で、デメリットが無いわけではありません。まず、ワクチン代などの医療費が2倍掛かるということ。フード代や猫砂代などの費用も1匹の時よりも余計に掛かることになります。猫のトイレは頭数プラス1がいいとされていますから、猫トイレの増設も必要ですね。このように経済的な余裕が必要であるということになります。


ただ、猫のお世話に掛かる時間に関しては、2匹になったから2倍掛かるかというとそうでもありません。1匹を飼うのも2匹飼うのも猫の場合のお世話はそんなに増えません。

猫のトイレの回数はおしっこが1日1~2回、ウンチが1回程度でしかも少量です。犬のように散歩が必要なわけでもなく、シャンプーも基本的には必要ありません。もちろん多くの猫を飼っていればそれなりにお世話の時間は必要ですが、2匹に増えたからといってそんなに変わるものではないので、その点はご安心ください。


2匹目はどんな猫を迎える?

猫の性格や年齢によって相性が合う、合わないの傾向はありますので、2匹目を検討する際は、先住猫ちゃんのことを考慮に入れながら一番合いそうな子を選ぶのがいいでしょう。

2匹の猫

相性の良い猫の組み合わせは?

親子兄妹は仲が良い

多頭飼いで一番問題無くうまくいくケースは、親子兄妹の血がつながっている子を複数飼育するという場合です。2匹目を迎えるというより、2匹同時に飼うということになりますが、血がつながった子たちは、避妊・去勢を行えばずっと仲がいいです。

そのため、「2匹飼うのだったら親子兄妹で迎えてくれるといいのにな」というのが保護活動者の本音です。別々に保護して兄弟のように育った子でも仲が良いことが多いのですが、血のつながりは水より濃いせいなのか、血縁関係があるほうがやはり仲良しなことが多いのです。最初から2匹飼いたい気持ちがあるのであれば、親子兄妹で迎えるという選択肢がベストだと思います。

兄妹同然に育った子は仲良し

血がつながった親子兄妹の次に仲良しになる確率が高いのが、兄弟同然に育った子同士です。保護活動をしていると同時期に子猫を何匹も保護することがあり、みなしごたちはみんな兄弟同然に育ちます。その子たちが2匹で里親さんに迎えられた場合、ずっと仲良く暮らせる場合が多いのです。

大勢で暮らしてきた子は順応力がある

長い間ずっと一人っ子で暮らしてきた子は新しい猫を受け入れるのに時間が掛かるときがあります。その点、複数の猫と暮らしてきた子は猫同士の距離感や接し方をわかっているので適応するのが早いです。

保護猫の多くは大勢で暮らしています。もちろんそれぞれ個性がありますから一概には言えませんが、順応力が高い子が多いので先住猫ちゃんとうまくやれることが少なくありません。


成猫×子猫

先住猫が成猫で、2匹目の子が子猫だった場合もうまくいく確率は高いです。大人の猫は子猫に寛容なことが多いからです。子猫はまだ警戒心が薄いので先住猫に慣れやすいですし、大人の猫が子猫の面倒を見てあげる様子を多く目にします。オスの成猫でもちゃんと子猫にやさしくするんですよ。

ただし、成猫で去勢していないオス猫は子猫を殺してしまうこともあるので注意が必要です。去勢してあっても大人猫の牙は簡単に小さな子猫の命を奪う力を持っているので、完全に慣れるまでは人がいないときにはフリーにしないなどの対応が必要です。

成猫(メス)×成猫(オス)

男子には厳しいけど女子には優しい男の子が猫にもいるものです。そういう子の場合、成猫同士でも仲良くなれる確率は高いでしょう。オスとメスなので妊娠を望まない場合は避妊去勢をしてください。

成猫(メス)×成猫(メス)

メスはオスよりも穏やかで縄張り意識も強くない場合が多いので、良好な関係を築ける可能性が高いです。

成猫(オス)×成猫(オス)

張り合う気持ちや縄張り意識が強いオスはケンカに発展してしまう可能性もあります。ただし性格によりますので、同居できないというわけではありません。同居するためには去勢は必須です。

高齢猫×子猫

相性が良いか悪いかというよりも、やんちゃすぎる子猫の相手を高齢猫にさせるのは少々、酷(こく)です。今までの環境が変わるだけでも高齢猫にはストレスなのに、手加減も知らず暴れまわる子猫の相手をするのは高齢猫の寿命を縮めてしまいかねません。

ただし、今まで一緒に暮らしていた猫が亡くなってしまうなどで意気消沈しているときは、新しいお友達を見つけてあげることは悪いことではありません。その場合、穏やかな子を探してあげましょう。

相性の悪い猫の組み合わせ

オスに多いですが、去勢していても縄張り意識がかなり強く、気性が荒い子は他の猫との同居が難しいことがあります。去勢しているのにスプレー行為をしてしまう子は、そのような傾向が強い子です。

同居に失敗するとどうなる?

猫の同居がうまくいかなかったときは、ケンカをしたりストレスによる脱毛やスプレー行為などをするようになったります。一緒の空間にいることが難しいので、先住猫と新入り猫のいる場所を分けて飼育するしかなくなります。

新入り猫が保護猫である場合、トライアル(お試し)期間が設けられていることがあり、その場合は猫を返すことができますが、先住猫、新入り猫、双方にトラウマが残り、別の子と同居することが難しくなる場合もあります。

2匹目に野良猫出身の子を迎える

2匹目に迎える子を野良猫(捨て猫)にしていただけるのは、保護活動者としてはとてもうれしいことです。野良猫を迎えるときには、先住猫に合わせる前にワクチン、避妊・去勢などを済ませる必要がありあます。相性は家の近くにいる子であれば窓越しなどに会わせてみてもいいでしょう。

最終的には個性

ここに上げた例は一般的なもので、猫の性格はそれぞれですからすべてこれに当てはまるわけではありません。一番考慮すべき点は、先住猫と新しく迎える猫の性格です。男の子でもとても穏やかでみんなと仲良くできる子もいます。そういう子であればオス同士でも大丈夫ですし、女の子であっても激しい気性の子は難しいかもしれません。

筆者は何度も先住猫がいるお宅に2匹目の子として譲渡してきました。一度も仲が悪いという理由でトライアルが失敗になったことはありません。それは、先住猫ちゃんの性格が新入り猫を受け入れられるかどうか、連れて行く子がほかの子とうまくやれるかどうかをよく検討した上で譲渡を進めているからです。たいていの子はきちんと手順を踏めばうまくいくことが多いです。

2匹目の猫を迎えるための準備

2匹目を迎えるときは慎重に検討し、仲良くなれるように努力を惜しまず、十分な準備をする必要があります。

2匹の猫

相性の確かめ方

保護猫を2匹目として迎える場合はトライアル期間が設けられていることが多いので、実際に会わせて相性を確認することができます。しかしペットショップやブリーダーから購入した場合はそうもいきません。まずは先住猫ちゃんが新しい猫を受け入れられる性格かどうかをよく考えて、先に挙げたうまくいく可能性が高い組み合わせを選びましょう。


準備するもの

2匹目を迎えるためには準備が必要です。準備を万端に整えることも同居成功の秘訣の一つです。

ケージ

2匹目の猫を慣れさせるためにケージが必要です。いきなりフリーで会わせることは失敗につながります。猫は高い場所にいるほうが落ち着くので、2段ケージを用意できるとよりいいですね。

トイレ

猫のトイレは頭数プラス1個が理想的であると言われています。最低限、新しく迎える子用のトイレは増やしてください。先住猫のトイレから少し離した場所に設置するといいでしょう。最初は、トイレはケージの中に設置しますのでケージに入るものを用意してください。


食器

新しい猫用の食器を水飲み用、ご飯用とそれぞれ用意しましょう。後に水飲み用を先住猫と一緒に使ったとしても最初は別々のほうがいいです。

隔離できるスペースを用意する

先住猫ちゃんの性格にもよりますが、最初は2匹目の猫を別な部屋に隔離したほうがいいときもあります。そのため、2匹目の猫がいることができる部屋を用意できるとベストでしょう。

先住猫の体調管理

2匹目を迎えるためには先住猫ちゃんの負担が大きくならないように、健康状態を確認しておきましょう。ワクチンは完全室内飼育であっても必要です。ワクチンでしか防ぐことができない病気があるのです。新しく迎える猫のためにもワクチン接種をしましょう(完全室内飼育の場合は3種混合で大丈夫です)。また、血液検査など基本的な健康診断を受けておくと安心ですね。

2匹目の猫の健康状態

2匹目の猫の健康状態を確認しておきましょう。

  • ワクチン接種の有無
  • 既往症
  • 血液検査の結果など

避妊・去勢はしたほうがいい

特にオス猫は去勢していないと、縄張り意識が強くなり他の猫を受け入れがたくなります。避妊・去勢手術を行いましょう。2匹目に迎える猫も成猫であれば避妊・去勢後の子のほうが同居しやすくなります。子猫を迎えたときは適切な時期に避妊・去勢手術を行いましょう。男の子は去勢後であってもメスの発情に刺激されてスプレー行為などが誘発される恐れもあります。

2匹目の猫の迎え方(迎える時の手順)

2匹を初めて会わせるときの手順を解説します。くれぐれもいきなり直接会わせないようにしてください。

対面のさせ方

2匹目を迎えるにあたっては守ったほうがいい手順があります。この手順をきちんと踏むかどうかが、成功するかしないかに大きく影響します。

新入りはケージに入れる

いきなりフリーの状態で会わせては絶対にいけません。2匹の同居の失敗の大きな理由はこれです。いきなり顔を合わせてケンカに発展する、もしくは一方的に攻撃や威嚇を受けた場合、その後の仲の修復はほとんど不可能になります。

まずは新入り猫をケージに入れた状態で先住猫ちゃんに紹介しましょう。新入り猫も緊張していますから、隠れられる段ボール箱などをケージに設置してあげたり、ケージを布で覆うなどしたりして、少しでもストレスを減らしてあげてください。

ケージに入った猫

無理に一緒にしない

先住猫ちゃんと新入り猫ちゃんを無理に一緒にさせようとしてはいけません。あくまで自然に2匹の距離が近付くようにします。先住猫ちゃんが自分から新入り猫のケージに近寄っていくのに任せましょう。

警戒心が強いときは隔離

先住猫ちゃんの警戒心が強いときは、無理させずに新入り猫は別の部屋にケージごと隔離しましょう。隔離した部屋には先住猫がのぞきにこれるようにしておきます。時間がたち、新入り猫はずっと家にいるのだとわかるまで、ゆっくりとお互いに慣れさせてください。

挨拶できたら直接会わせてみる

ケージ越しに前足で触ってみたり、鼻チョンしたりなどのあいさつができるようであれば、新入り猫をケージから出して様子を見ましょう。

最初は短時間で

新入り猫をケージから出しても問題がなくても、いきなり長時間フリーにするのではなく、初めは短時間から始めてみてください。飼い主さんがお留守番のときケージに入れておいたほうがいいでしょう。

慣れるまでには個体差がある

猫を対面させる手順をご紹介しましたが、猫の慣れ方には個体差がかなりあります。新しい家に着いたその日から、先住猫ちゃんと仲良くできる子もいれば、長時間かかる子もいます。

筆者が経験した中では、仲良くなるまでに1カ月を要した子もいます。筆者も何度もアドバイスさせていただき、飼い主さんにも頑張っていただいた結果、現在では猫だんごをしないまでも、同じ空間でリラックスして過ごせるようになっています。

2匹目の猫を迎える時の注意点

2匹の猫

優先するのは先住? 新入り?

何でも先住猫を優先して行うことが基本です。「新入り猫ばかりかわいがる」というのは、2匹目を迎えるときに絶対にやってはいけないことです。特に新入りの猫が子猫だった場合、人間の興味関心が全部そちらに移ってしまうことがありあます。そうなってしまうと先住猫ちゃんがつらい目に遭うことになってしまいます。

知り合いのボランティアさんが成猫を譲渡したところ、約1カ月後にその里親さんが子猫を保護しました。保護してくれたことは良かったのですが、里親さんの関心はすべて子猫に移ってしまいました。このままでは先住猫が不幸になると判断したボランティアさんが、譲渡した先住猫を引き取ったことがあります。

たまたま先住猫が保護猫で、譲渡したばかりだったのでボランティアさんが引き取りましたが、そうではなかった場合、先住猫はずっと家族に愛されずに過ごすことになります。偶然が重なったための不幸とも言えるのですが、子猫に目移りし先住猫が放置されるという、ある意味典型的な「最もしてはいけないこと」です。

慣れてもらう努力を最大限する

2匹目に迎えた猫が仲良くならないとを努力することも無しに、すぐにあきらめて放り出すようなことはあってはいけません。猫も心を持っています。しかも知らない場所が苦手。そんな中で猫も新しい環境に慣れようと頑張っているのです。

トライアルに出て失敗するということは猫も傷付くのです。トライアル失敗後に、臆病になり二度とトライアルができないこともあります。先住猫ちゃんも悪い印象が残ってしまい、2匹目を迎えるのが難しくなります。

猫が新しい環境に慣れるには時間と愛情が必要です。どうしても、先住猫との仲が悪い場合は、お互いの幸せのために2匹目を飼うことをあきらめることも大事です。しかし、まずは仲良くなれるように最大限努力することを決意して、2匹目を迎えることを決めてほしいと思います。

威嚇したりケンカをしてしまったら

まずは、ケンカさせないようにすることが大切です。一度本気のケンカをしてしまうと仲を修復するのが難しくなります。あまり相性が良くないなと感じたときは、飼い主さんがいないときは部屋を別にする、猫がそれぞれ一人で過ごせる空間を作ってあげるなどしましょう。

多頭飼いの場合のご飯のあげかた

多頭飼育でもご飯は1匹ずつ別々の器に入れてあげましょう。置き餌にする方を時々見かけますが、肥満の原因になったり猫の食事量を確認できなかったりするので猫の健康のためにはあまりよくありません。

猫のストレスサイン

猫がストレスを感じたときには次のようなことがみられます。

  • 大声で鳴く
  • 落ち着きがない
  • 脱毛(自分で毛を抜いてしまうことも)
  • 攻撃的になる
  • 便秘・下痢
  • 吐く

猫はストレスに弱い動物だと言われています。ストレスを放置すると胃腸炎や膀胱炎を発症してしまうこともあります。ストレスを感じている様子が確認できたら部屋を別々にしてみるなど、ストレス軽減できるようにしてあげてください。

3匹目以降を迎えたい場合は

3匹目以降の迎え方も基本的に2匹目と同じです。2匹目を迎えた経験があり、先住猫たちは一人っ子の状態ではなく猫同士の付き合い方を学んでいますから、2匹目のときより容易に進めることができるでしょう。ただし、猫が増えればそれだけ費用と世話の手間がかかることをよく考えた上で3匹目を迎えることを決めてください。

2匹目は保護猫がおすすめ

保護猫はトライアル期間が設けられていることが多く、2匹目に迎えるのにおすすめです。ボランティアから見てもすでに猫を飼った経験があるということは里親さんとして大変心強いですし、先住猫ちゃんの様子を見れば、その方が猫を大事にしているかどうかわかるので筆者は大歓迎です。

ボランティアはそれまで面倒を見てきて、その子の個性を知っています。同じ猫でも性格の違いで反応はさまざまです。その子のことよく知っているボランティアさんの言葉を聞いていただくと同居成功の確率は高まるでしょう。

2匹目を迎えるときは、真摯に相談に乗ってくれるボランティアさんを選ぶとアドバイスをもらえますし、相談にも乗ってくれるでしょう。また、先住猫ちゃんにあった猫を選ぶアドバイスもしてくれるはずです。

多くのボランティアは、保護した猫の命が助かり、幸せになることを唯一の報酬として頑張っていますので、喜んで悩みの相談に乗ってくれると思います。ただし、「ダメだったら返せばいい」という安易な気持ちではなく、2匹の同居を成功させるために努力をする覚悟で家族に迎えてほしいと思います。

保護犬猫マッチングサイトOMUSUBI(お結び)


2匹目を迎える時は、先住猫のケア優先で

猫にはそれぞれ個性がありこれまでご紹介してきたとおり、必ずしも2匹目を迎えるのが好ましい状況ではない場合もあります。まずは先住猫ちゃんのことを考え、2匹目を迎えるかどうか決めてください。多くの場合きちんと手順さえ踏んでいただければ、同居はうまくいきます。

Share!