猫はバジルを食べても大丈夫? 含まれる成分や与え方の注意点を解説

猫はバジルを食べても大丈夫? 含まれる成分や与え方の注意点を解説

イタリア料理でよく使われるバジルは、ほんのり甘さを感じる香りと爽やかな味わいが人気です。ハーブの一種で、スーパーで購入できるだけでなく、自宅でも比較的簡単に栽培できるので、気軽に食卓に取り入れることができるが魅力ですよね。ジェノベーゼのパスタにカプレーゼ、マルゲリータなど、バジルの香り漂う料理でホームパーティーも素敵です。そんなバジルを使った料理を飼い主さんが頬張って作ると、愛猫も興味津々! でも猫はバジルを食べても大丈夫なのでしょうか。バジルに含まれる成分とともに、猫にバジルを与えるときの注意点などを紹介します。

バジルを猫に与えるときの注意点

バジル

猫がバジルを食べても問題はありません。ただし、与え過ぎには注意が必要です。もともと猫は肉食動物なので、バジルの消化は苦手。そのため猫にバジルをあげるときは、消化しやすいように細かく刻んであげるのがよいでしょう。

また、バジルなどのハーブ類は、猫にとっては刺激が強いものです。そのため与え過ぎには注意して、ごく少量にしておきましょう。

バジルの成分

バジル

イタリアン食材に欠かせないバジルですが、実は原産はインド、インドシナ半島、モルッカ諸島。そこからヨーロッパに広がり、料理に使うスパイスとして知られるようになりました。シソ科の植物で、香りに特徴があります。そんなバジルには、どんな成分が含まれているのでしょうか。早速みていきましょう。

バジルの成分(葉・生、100gあたり)
エネルギー(kcal) 24
たんぱく質(g) 2.0
カリウム(mg) 420
カルシウム(mg) 240
マグネシウム(mg) 69
βカロテン(μg) 6300
ビタミンK(mg) 440
ビタミンC(mg) 16

βカロテン

バジルには、抗酸化作用があるβカロテンが豊富に含まれています。βカロテンは免疫力を高めてくれるので、ガンや心臓病の予防などにも効果的といわれています。これは、人間だけでなく猫にも同様のことです。

また摂取することで、βカロテンがビタミンAに変換されます。ビタミンAは、皮膚のターンオーバーを調整するなどの役割を持っています。

カルシウム

カルシウムは歯や骨の形成を助ける働きがあります。ただし、過剰摂取は尿路結石(尿石症)の原因にもなるので注意が必要です。

カリウム

カリウムは塩分を排出する働きがあるので、血圧を維持してくれます。また利尿作用が体内の水分量を調整してくれるので代謝が良くなります。

ビタミンK

ビタミンKは出血した際に血液を固めて止血したり、骨にあるタンパク質を活性化したりして丈夫な骨を形成する働きをします。

バジルは大丈夫でも、猫にとって有毒な観葉植物も

ポトス

バジルは観葉植物として、キッチンの近くで育てている人もいます。バジルであれば、猫が食べてしまっても問題はありませんが、観葉植物の中には猫にとって有害なものがあります。

例えば、観葉植物の定番・ポトスは皮膚炎や口内炎の危険があります。また可憐な花が愛らしいラベンダーも、猫にとっては有毒といわれています。猫を飼っている場合、観葉植物も購入前に調べて、安全なものを置くようにしましょう。


猫にバジルを与えるなら少量を

ねこ

手に入りやすいハーブの一つ、バジルは猫が食べても大丈夫です。とはいえ、ハーブは猫にとって刺激が強過ぎる場合もあり、猫によっては、下痢や消化不良につながることもあります。愛猫に与えるときは、ごく少量からはじめましょう。

もしバジル入りのごはんを嫌がったり、食べたあとに不調がみられたりしたら、無理にバジルを与えることはやめておきましょう。

※本記事は猫にバジルを積極的に食べさせることを推奨するものではありません。猫に健康的な食べ物は、栄養がバランス良く摂れるように配合された総合栄養食としてのキャットフードです。雑食動物の人と違って猫は肉食動物です。人の体に良いからといって猫にも良いとは限りません。逆に悪影響となったり、必要な栄養の吸収を阻害したりすることもあります。

ただ、食事は飼い主と愛猫の絆を強くする大切な時間でもあります。同じものを食べたいと思ったり、欲しそうにしている愛猫に少しわけてあげたいと思ったりすることもあるでしょう。そんなときは必ず与えても大丈夫なのかを調べ、適切な与え方や量(あくまでおやつとして)を守り、様子を見ながら与えるようにしてください。
Share!