白黒猫の性格や特徴を解説 ハチワレやチョビヒゲなどの模様や里親になる方法まで

白黒猫の性格や特徴を解説 ハチワレやチョビヒゲなどの模様や里親になる方法まで

白黒猫は「縁起がいいと」言われることがありますが、それはハチワレ猫の印象からだと考えられています。今回は、白黒猫の呼び名や性別について紹介します。

白黒猫の特徴

白黒猫の特徴を紹介します。

白と黒の毛の猫

白黒猫
白黒猫はその名の通り、白い毛と黒い毛を持った猫のことを指し、猫の種類ではありません。白黒猫は数も多く、世界中に存在しています。模様の出方によってハチワレなどの呼び名が付いている場合がありますが、白黒の比率やどのような模様になるかはさまざまで、個性的な柄の子も多くいます。ユニークな模様で個性的であるので、インターネット上で人気になる子もいますね。

白黒猫の多くは雑種猫ですが、日本にも数多く存在していて筆者も保護する機会は多いです。白黒猫の目の色はゴールド、グリーン、ブルーなどさまざまです。肉球の色はピンクと黒で毛色と同じようにまだら模様になっています。鼻は黒かピンク。ピンクに黒の模様が入っている場合もあります。

オス・メスの比率に差はない

ほとんどメスしかいない三毛猫やオスが多い茶トラとは違って、白黒猫のオスとメスの比率に偏りはありません。白以外の猫の毛の色は性別を決める染色体に付随する遺伝子によって決まります。メスの染色体は「XX」、オスの染色体は「XY」ですが、毛色の遺伝子はX染色体にしか付随できません。そのためオスは2色以上の毛色を持つことができず、白黒猫が誕生することは珍しくありません。メスはXXなので白のほかに、茶色や黒の色も持つことができますが、X染色体に付随した遺伝子の組み合わせが「黒黒」であれば、黒、もしくは黒白の毛色を持つことになるので、これも珍しくはないのです。

英語では何と言う?

白黒猫は白い毛と黒い毛を持っているので、英語では「Black and White(ブラック・アンド・ホワイト)」と呼ばれます。意味は「白と黒」。日本語の呼び名と全く同じですね。2色の毛の色の猫という意味の「Bicolor Cat(バイカラー・キャット)」と呼ばれることもあります。その他、模様によって「Mask and Mantle (マスク・アンド・マント)」「Black Tuxedo(ブラック・タキシード)」と呼ばれることもあります。

純血種の白黒猫

一般的に白黒猫は雑種猫のことを指しますが、純血種の猫でも白黒になることがあります。メインクーンノルウェージャンフォレストキャットなど、さまざまな毛色が存在する純血種の猫では白と黒の毛になる子もいます。

白黒猫のユニークな模様

白黒猫
白黒猫の代表的な模様というと「ハチワレ」を思いつく方は多いのではないでしょうか。ハチワレ猫がイラストで描かれるときは白黒が多いですね。筆者も保護活動で何度も白黒猫を保護していますが、確かにハチワレの模様になっている子は少なくはない印象です。しかし中にはユニークな模様の子もいて、とても個性的です。


ハチワレ

ハチワレは白黒猫の代表的な模様です。額から鼻筋を境にして漢字の「八」の字のように割れている模様で、「八」は末広がりの縁起の良い数とされますから、ハチワレ猫も福を呼ぶ福猫と言われます。

タキシード

頭から背中にかけてはほぼ黒い毛でおおわれ、まるでタキシードを着ているような模様です。

チョビヒゲ

鼻の横や口の周辺などのマズル部分に、まるでチョビヒゲのような模様を持つ猫です。これも出現率の多い模様です。ハチワレ+チョビヒゲという組み合わせもよく見かけます。

富士額

ハチワレはたいていの場合、目の部分の下くらいまで黒い毛の模様が入りますが、富士額は、模様の入り方がならだかで目の上までの部分までしか模様が入っていないことが多いです。形も「八」の字というよりは、富士山を連想させるように黒い毛と白い毛の境目が台形のような形になっています。

多種多様なユニークな模様

白黒猫
ハチワレ猫やタキシードは、頭から背中にかけて黒い部分が多くお腹側が白いですが、全体的に白が地色で黒い模様が入っている白黒猫もいます。白の毛が多い子は頭の一部や耳の周辺に黒い毛が入ることが多く、まるでまゆ毛のように両目の上に黒い線が入っている子もいますし、特に個性的な柄になることが多いようです。頭から背中にかけて黒い部分が多い子も、整ったハチワレや富士額でなく、パッツン前髪やかつらに見えるような模様の子もいます。

白黒猫の性格

白黒猫
白黒猫の性格は、黒い毛の部分が多い子はフレンドリーな性格で、白い毛の部分が多い子は神経質であるという意見もありますが、猫の毛色の違いが性格に影響するかどうかは、はっきりわかっていません。筆者は保護活動を通してたくさんの猫を保護し、接してきました。三毛猫は賢く聞き分けが良く、茶トラはやんちゃで甘えっ子などの性格の定説があり、確かにその傾向が強いと感じます。

しかしこれは、三毛猫はほとんどメスしかおらず、茶トラはオスが多いので、毛色の違いというよりも性別による性格の違いでしょう。同じ毛色の兄弟で、同じように育ったにもかかわらず、片方はやんちゃ、もう片方子はのんびり屋さんなど個々の個性による性格の違いも多く見受けられます。

賢く聞き分けが良い傾向があるとされる三毛猫でも、劣悪な環境で、食べ物もろくにもらえなかったという状況で育った子は、何よりも生き残ることが一番になるので、生存本能による行動が多くなり、その結果ごみあさりをしたり袋を破いてしまったりという行動が、保護されて生活に不安がなくなっても前面に出てしまうこともあります。

筆者は白黒猫をこれまでも何匹も保護してきました。保護活動を通じて感じることは、性格や行動の違いを生むのは、その子の個性と生まれ育った環境からの影響が大きいということです。フレンドリーな子が欲しいから白黒の子を選ぶということではなく、それぞれに性格も個性があるのだということを受け入れると、猫との生活を楽しめるのではないでしょうか。毛色による性格の傾向はあるかもしれませんが、あくまでも傾向なので自分の生活スタイルにあった猫が欲しいときは、保護活動者やブリーダーなど、その子のことをよく知っている人に聞いてみることが確実でしょう。

白黒猫を家族に迎えるためには

白黒猫

白黒猫を家族に迎えるためには、純血種の猫種の場合はブリーダーから購入する、雑種の猫の場合は保護猫の里親になる方法が一般的でしょう。

ブリーダーから購入する

ノルウェージャンフォレストキャットメインクーンなど純血種でも白黒猫がいますので、ブリーダーに問い合わせてみましょう。ブリーダーは猫に愛情をもって飼育し、購入後も飼育相談に乗ってくれる誠実なブリーダーを選ぶようにしてください。残念ながら日本は動物の販売に対する規制が緩く、猫ブームであることも相まって悪質ブリーダーが横行している状態です。親猫は健康的に過ごすことができているか、譲渡は生後8週齢以降などの法令を守っているか(生後8週齢未満での譲渡は動物愛護法違反)、猫の生活環境は清潔かなど、できればご自分の目で確かめることをおすすめします。

白黒猫の里親になる

白黒猫純血種以外の白黒猫を家族に迎えるためには、保護猫の里親になるのが一般的でしょう。多くの白黒猫が保護され、「ずっと」の家族になってくれる方を待っています。保護活動者としては保護猫の里親になることも選択肢に入れていたければ大変うれしいです。保護猫のほとんどは一度人間に捨てられた子たちです。そのため、二度と同じ目に遭わせないために譲渡条件が設定されていることが多くあります。条件をよくご理解いただき、猫を迎える環境を整えて応募してみてください。

関連リンク

白黒猫は個性的

白黒猫猫は毛色のバリエーションが広く、個性的な子が多いのですが、その中でも白黒猫はユニークで超個性的な模様を持っている子も珍しくありません。白と黒のコントラストがはっきりしているので、茶白などより模様が際立って見えますね。いわゆる美猫ではない子が多いかもしれませんが、模様の出方は唯一無二、世界で1匹だけの猫ですね。
Share!