おすすめ犬用ドライブグッズ!おしゃれなドライブボックスやシートなど

Share!

愛犬とのドライブを安全で快適に過ごすことを叶えてくれるドライブグッズ。シートベルトで固定するタイプやクッション性のあるドライブボックスや、ドライブシートなど、便利なおすすめグッズをご紹介します。愛犬やご自身の車にピッタリの商品を見つけてくださいね。

犬にドライブグッズは必要?

車に乗った犬

ドライブグッズを利用することによって、汚れや抜け毛の散乱防止ということだけでなく、安全にドライブができるというメリットがあります。

犬を車内でフリーにしておくことは、乗せ方によっては車酔いや急ブレーキ、またカーブなどでケガを負う恐れがあり、万が一事故にあったときなど非常に危険です。

愛犬を守るためにもグッズを上手に活用してドライブを楽しんでくださいね。


犬のドライブグッズの種類

車に乗った犬

ドライブグッズの種類はさまざまです。愛犬の大きさや車酔いのしやすさなどに応じてグッズを選びましょう。

クレート

後部座席がフラットであれば、より安定して置くことができるので、車酔いもしづらく安全でおすすめです。

犬も人間と同様、揺れを感じると車酔いしやすくなります。体のサイズに合わせたクレートに入っていてもらうことで、揺れは少なくて済みます。

ドライブボックス

ドライブボックスは、座席に固定して付けることができます。小型犬から中型犬の大きさの犬に適しています。飼い主さんや景色を見ることができるため、車酔いしづらい犬にはおすすめのタイプです。

ドライブシート

座席全体を覆うシートです。後部座席につけるタイプだと、席の隙間に落ちることを防いだり、運転席に侵入することを防ぐこともできるタイプなどがあります。

後部座席全体がペットのくつろぎスペースになります。多頭飼いや大型犬の老犬など、クレートでは負担が大きい犬におすすめです。

セーフティーネット

ドライブ中に愛犬が前部座席へ飛び出してしまうことを防ぐ保護ネットです。

おすすめの犬用ドライブグッズ

クレート

カラーバリケンネルウルトラMLサイズ

国際規格IATA(航空輸送基準)をクリアしたプラスチック製クレートです。組み立ても簡単です。

Amazonで見る




IATA(航空輸送基準)をクリアした丈夫なクレートです。キャリーなので持ち運びもできますが、室内では左右両開きの扉を開けてハウスとしても利用できます。ハウス内には、水のトレーを取り付けられるようになっています。

Amazonで見る


ソフトクレート


通気性抜群の折り畳み可能なソフトタイプのクレート(ケージ)です。折り畳めばコンパクトで持ち運びも簡単です。

Amazonで見る

ドライブベッド


一般的なドライブベッドより高さがあることによって、予想外のトラブルから愛犬を守るデザインのドライブベッドです。生活防水のため、ある程度の汚れは濡れた布でお手入れできるところも嬉しいポイント。

楽天で見る




中綿たっぷりのドライブベッド。小型犬であれば2匹入ることもできます。

楽天で見る


ドライブボックス


ドライブボックスとキャリーケースの二通りで使用することが可能なドライブボックス。折り畳み式のため、使用していないときは、コンパクトに折りたたんで収納することができます。

Amazonで見る


ペット用ドライブシート


二重防水層によりペットとドライブ途中でペットがおしっこしても漏れないドライブシート。ペットの足跡、毛、泥、などに心配なし!水で簡単に洗え、洗濯機で洗うこともできます。

Amazonで見る

スペースボード


後部座席の段差がなくなるので、席の隙間に落ちる心配もありません。 二枚のシートに分かれているので、片側を畳めば隣に飼い主さんが座ることもできます。

また、座席に取り付けたままコンパクトに収納できるため、愛犬と一緒のとき以外も毎回外す手間がありません。

楽天で見る


セーフティーネット


通気性のことも考えられていて、エアコンの位置はメッシュ加工になっています。運転席に乗り出そうとする犬におすすめのアイテムです。

Amazonで見る


その他の便利グッズ

その他にも愛犬とのドライブであればうれしい、便利なグッズを紹介します。

ドンパックPLUS



車にマグネットで貼ることができるうんちバッグです。中型犬の排泄物2回分ほど入ります。

楽天で見る
Amazonで見る



愛犬と楽しいドライブを

車に乗った犬

愛犬とドライブをする時間をより安全で快適に過ごすことを叶えてくれるドライブグッズ。

人間にはシートベルトやエアバッグなどの安全装備がありますが、犬を守るためのものは飼い主さんが用意してあげる他ありません。

愛犬を守ってあげるグッズなどを最低限揃えることは飼い主として必要なことなのではないでしょうか。安全第一で愛犬と楽しいドライブの時間をお過ごしくださいね。