犬が車酔いをする理由。その症状とご飯のタイミングなど予防対策を解説

犬が車酔いをする理由。その症状とご飯のタイミングなど予防対策を解説

犬とのお出かけには何かと必要になる車。しかし愛犬が車酔いをしてしまうとよだれや嘔吐、下痢などの症状が出て犬にとってもつらく嫌な時間になってしまいます。犬の車酔いはどうして起こってしまうのか、その理由や対策を解説します。

犬が車酔いをする理由

犬が車酔いをする理由

車酔いの原理は人も犬も同じです。目で感じている車の揺れや振動、スピードなどの情報が、平衡感覚をつかさどる三半規管が感じる情報と異なることによって脳内が混乱し、酔いが起こるのです。

車酔いとは本来体の反応ですが、たとえ一度であっても「ツライ」という記憶が強く残ってしまうと、次からは車が動き出していなくても、吐いてしまうなどの車酔いの症状が見られます。

これは、学習の一つでありもともとは車に対して好きとか嫌いなどの感情はありません。しかし、車に乗ったときの揺れによって引き起こされる「酔い」と「車」が同時に起こることで止まっている車に乗っただけで酔ってしまうのです。

参照
・毎日新聞 「犬の車酔い、訓練で克服」
・日本獣医師会雑誌/小動物臨床関連部門 「犬の輸送ストレス軽減のための新規鍼治療の試み」


車酔いの症状

基本的には、人と同じような症状が見られます。

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 泡やよだれが出る(つばが出る)
  • パンティング(ハッハッと浅い呼吸)
  • 落ち着かない
  • あくび
  • ペチャペチャと音がするほど舐める

気持ちが悪くなることで、どうにかしたいとそわそわしたり、不安や緊張からあくび・パンティング、ペチャペチャ音がなるほど舐める(よだれが出てしまうため)などの行動が見られます。

犬の車酔い対策

水を飲む犬

犬の車酔いの対策はいくつかありますので、ご紹介します。

抱っこよりもクレート

抱っこや後部座席に座らせるなどは、犬の体が揺さぶられやすいため車酔いしやすくなってしまいます。犬の体のサイズに合わせたクレートに入っていてもらうことで、揺れは少なくてすみます。

何より、安全面でもクレートに入れておく方が良いでしょう。


食事のタイミング

犬は空腹でも吐いてしまいます。だからといって車で出かける直前にご飯を与えてしまっては、揺れによって吐きやすくなってしまいます。

出発の時間よりも2時間程度前に与えるか、直前になってしまう場合には、普段与えている半量にし、目的地についてゆっくりできるときに残りの半量を与えるなど工夫をしましょう。


アロマで対策

アロマって効果あるの? と思う方もいるかもしれませんが、「気持ち落ち着かせる」という意味では効果が期待できると思います。だた、アロマで気持ちを落ち着かせてから出発するなど、タイミングは重要です。

動き出してからアロマスプレーをしたりすると、車の揺れとアロマの香りが結びつき、アロマの匂いを嗅ぐだけで酔ってしまうこともあるので注意しましょう。

また、アロマはエッセンシャルオイル(精油)であることと、ペットにとって有害な種類もありますのでペット用のアロマを使うなど注意して選びましょう。

ドッグアロマ ゴーゴードライブ
Amazonで見る

酔い止めの薬を利用する

人と同じように、犬用の酔い止めというのもあります。旅行など車に乗せることがわかっている場合には、事前に動物病院で相談し、酔い止めを利用して「気持ち悪い経験をさせない」ということも大切です。

車酔いはトレーニングで克服できる

車に乗った犬

そもそも車酔いは体が大きく揺さぶられることによって起こるものです。そして、車に乗っただけで酔ってしまうという犬の場合には、ゆっくり時間をかけてトレーニングしてあげることで車に乗れるようになります。

もちろん、揺れに適応できるようになるには体幹を鍛えたり慣れという部分もありますが、まずは「車に乗っても酔わない」ようにしてあげることが大切です。

Step1. エンジンをかけずに

まずはエンジンがかかってない状態で行います。

  1. リラックスした状態で車の周りをにおいを嗅がせたり散歩する
  2. 普段犬を乗せている場所のドアを開け、すこ~しずつ近付けるようにおやつやフードを与える
  3. 車に乗せた状態でおやつやフードを与える
  4. 少しずつ車に乗っている時間を伸ばす
  5. ドアを軽く閉め、すぐにご褒美を与える
  6. ドアを深く閉め、すぐにご褒美を与える
  7. ドアを閉めるて、すぐにご褒美を与える

最初は1〜3を日を分けて練習してあげましょう。

近付きたがらないのにリードを引いて無理やり近づけたり、一歩前に出たのにご褒美を与えないでさらに距離をのばしたりは絶対にしないようにしましょう。

犬にも自分のタイミングがありますし、せっかく勇気を出して進んだのにご褒美がもらえないとその後のトレーニングが難しくなってしまいます。

Step2. エンジンをかけた状態で

次の段階としては、Step1の1〜7をエンジンがかかった状態で少しづつ慣らしてあげましょう。

その後で、

  1. 犬を車に乗せた状態で少し前に動いてみる
  2. 犬を車に乗せた状態で少しバックしてみる

というよう感じで犬の様子を見ながら少しずつ時間や距離を振動などの刺激に慣れさせていくようにしましょう。

トレーニング中は勝手に車が動き出さないように注意すること。また、基本的に犬を車に乗せるときは「クレート」が一番です。

今までは抱っこだったけれどクレートにしたい場合には、今回のトレーニングとは別にクレートトレーニング(ハウストレーニング)も平行して行う必要があります。詳しいトレーニング方法は関連記事をご覧ください。


まとめ

楽しそうな犬
車酔いは体が大きく揺さぶられることによって起こる
車酔い予防には抱っこよりもクレートが◎
愛犬の様子を見ながら少しずつ車に慣れるトレーニングをしましょう
食事は出発の2時間程度前に済ませておく
動物病院で酔い止め薬やドッグアロマを使うのも◎
ただし使うタイミングには注意が必要
ドライブ中はこまめに休憩を取ることと、スピードが出過ぎたり、大きな振動が起こったりしないように安全運転で出かけましょう。もし吐いてしまっても叱ったりせず、しっかり休憩を取れるよう余裕を持って行動しましょう。
Share!