オビディエンスをドッグトレーナーが解説 チャレンジする意味からトレーニング方法まで

ワンちゃんと暮らす方の中には、「オビ」や「オビディエンス」という言葉を聞いたことがある方も少くないと思います。ただ、内容を調べてもいまいち「しつけ」との違いがわからなかったり、「必要なことなのかな?」と悩まれたりする方もいらっしゃることでしょう。今回はドッグトレーナーの酒匂が、オビディエンスの意味や練習・トレーニングの方法、競技会について説明させていただきます。

「オビディエンス」とは

オビディエンス(Obedience)は、直訳すると「従順」を意味し、英語で「Obedience training」(服従訓練)というように使われます。日本では意味は同じですが、略して「オビ」もしくは「オビディエンス」と呼ばれることが多いです。

「オビディエンス」と「しつけ」の違い

引っ張るフレンチブルドッグ

「オビディエンス」と「しつけ」の違いは何かと聞かれると、正直ドッグトレーナーでも明確な線引きは難しいです。

しつけとは犬との生活の上で必要な「共存のためのルールづくり」で、リードを引っ張らずに歩くことを教えるのはしつけです。犬と飼い主さんの安全を守るために必要なことではありますが、「どこまでを求めるか?」は各オーナーさんに委ねられます。例えばチワワが飼い主さんの少し前を歩いたとしても、飼い主さんがその子の安全を確保できるならそれは良いでしょう。

オビディエンスは、さらに上級編の訓練といった捉え方をしていただければと思います。「服従訓練」というふうに書くとなんだか堅苦しい感じに捉えがちですが、最近ではしつけのレベルアップを図りながら飼い主さんとワンちゃんが一緒に楽しめる、「ドッグスポーツの一種」という意味合いが強くなったように思います。

チームで楽しむ「ラリーオビディエンス」

オビディエンスには、飼い主さんとワンちゃんがチームを組んで楽しむ「ラリーオビディエンス」というものもあります。日本で行われているラリーオビディエンスは、アメリカの「WCRL」という団体が認定しているものがほとんどです。私が講師をしていた専門学校は、現在WCRL認定の「OPDES」(オプデス)さんと提携していて、「チームテスト」という名称で授業を行なっておりました。

ラリーオビディエンスを簡単に説明すると、「座れ」「伏せ」「ついて歩く」「待て」「来い」などの種目を一つのコースとして行うものです。オビディエンスの項目を「ラリー(Rally)=続ける」ので「ラリーオビディエンス」ということです。団体によって細かいルールの差はありますが、「オヤツ」や「褒めること」が可能なので、ワンちゃんも飼い主さんも楽しみやすい種目だと思います。




オビディエンスの意義や生かせるシーン

日常生活で、オビディエンスが入っていると良いことはたくさんあります。最近はワンちゃん同伴で泊まれるホテルや旅館、一緒に食事を楽しめるレストランなどがとても増えました。一方で、「ワンちゃん立ち入り禁止」という看板を掲げている公園や、一度は同伴可能にしたけれども、やはり「禁止」に戻してしまったという場所も多いのが事実です。

愛犬をコントロールできないことで起きる事故

カフェにいる柴犬

何故なのでしょうか? 私が聞いたところによると、「マナーを守れないから仕方なく禁止にした」という答えがほとんどです。これは、ワンちゃんが悪いのではなく、きちんとコントロールできていない人間(飼い主さん)の責任です。「犬が嫌い・苦手」という人に理由を聞くと、昔は「以前怖い思いをしたから」という人が多かったのですが、最近は「入ったお店で嫌な思いをしたから」という声もよく聞くようになりました。

私自身も犬同伴可のレストランで、隣のテーブルにいたプードルに噛まれたという経験があります。そのワンちゃんはママが抱いている間も吠えっぱなしでした。「不安定な子だなー」と思ってはいましたが、飼い主さんたちの食事が来たのでテーブル下に降ろされました。不安に駆られているイライラした状態。そんなときに私が通ったので噛みついたのでしょう。

問題は飼い主さんにあります。その飼い主さんは、「やだー! ダメー!」と引き離して、持参していた口輪をつけて終わり。飼い主さんとしては気まずいのもあったのでしょう。私もひどいケガではありませんでしたし、「何よりも可哀想なのは、そのプードルだ」とトレーナーとしては理解できるので、特に謝罪を要求することはしませんでした。むしろ不安定な中、口輪をはめられてしまった子が気の毒でたまりませんでした。噛まれたのが小さなお子さんだったら? 訴訟問題になりかねません。

犬たちが暮らしやすい社会のために

伏せをする犬

オビディエンスの中には、「休止」という項目もあります。伏せて待つことです。そういった基本的なオビディエンスが入っていれば、プードルの子も不安定にならずに済んだでしょう。全ての飼い主さんが、自分のワンちゃんを「みんな同じ一定のレベルでコントロールできること」が犬たちが暮らしやすい社会につながるのです。これが「オビディエンスの意義」だと私は思います。

イギリスやスイスなどでは、犬たちは電車やバスにケージ無しで乗れます。乗れるか乗れないかだけで日本と比較されて誤解されやすいのですが、イギリスでは電車やバスにケージ無しで乗れる代わりに、自治体が行うオビディエンスのトレーニングを受ける必要があります。

オビディエンスの練習・トレーニングの仕方

軍用犬

元来の使役犬に対するオビディエンスというのは、対象がシェパードラブラドールレトリーバーなどの大型犬の場合が多く、ある程度プレッシャーをかけて威圧して教えることが多くありました。警察犬や警備犬など業務のための訓練という意味合いが強かったので、失敗は許されないことが多いからです。なので、訓練所に預けて訓練を入れるということが多かったのです。

今は、飼い主さんと楽しみながら、トレーナーが方法を教え、飼い主さんが実践しやすいように「褒める」ことを強化したトレーニングが主流となってきています。「褒める」ことをよりわかりやすくするためにも「モチベーター」を使うと良いでしょう。「モチベーター」とは、そのワンちゃんの好きなご褒美です。わかりやすいのはおやつですが、それ以外にもボールが大好きな子ならボールもモチベーターとなり、ワンちゃんにとってモチベーションが上がるものがモチベーターです。

オビディエンスに得意・不得意はある?

オスワリをする犬たち

「オビディエンスが入りやすい犬種」というとボーダーコリーが挙げられます。今もトレーニングしていて物覚えの早さに驚きます。しかし、その子その子の性格も大いにありますので、「この犬種はできる」「この犬種はできない」ということはありません。

人間と同じで、「1度読めばわかる人」もいれば、私のように「100回読んで書いて理解する」タイプがいるのと同じですね。小型犬の場合など、最初は目線やおやつが見えやすいように、人間が座った状態で始めるなどの工夫をしてあげることもおすすめです。大切なのは、飼い主さんが「うちの子には無理だわ」と諦めないことです。

オビディエンス競技会とは

ラリーオビディエンスについては、前述しましたので、「ジャパンケネルクラブ(JKC)」の訓練競技会について軽くふれておこうと思います。

一番初級クラスの「CD1S」(家庭犬競技準初等科)という項目は、全部で5科目の競技から行われます。規定科目という全員同じ科目が2つと、自由選択できる科目が3つです。規定科目の2つは、
  • 紐付脚側行進(往復常歩)
  • 紐付立止 
です。漢字だらけで明らかに難しそうですよね。

紐付脚側行進(往復常歩)

紐付脚側行進(ひもつききゃくそくこうしん)は、簡単に説明すると「リードを付けた状態でツケをして歩く。そして歩くスピードは普通の人の歩く速さ」ということです。

細かなルールを紹介すると、スタートは脚側停座(ツケの状態でオスワリ)からスタートし、コの字型の30メートルのコースを歩きます。声をかけていいのは最初と最後のみ。途中で声をかけることはできないので、この1科目だけでもかなりの精度が求められることがわかると思います。

紐付立止

紐付立止(ひもつきりっし)は、ツケの状態でオスワリから立たせて3秒そのまま。そしてまたオスワリをすることです。ただその間、人は誘導するような動きができないので本当に声の指示だけです。

選択科目は13項目の中から選べます。興味が湧いた方は、ぜひ確認してみてください。「うちの子もできる!」というものが見つかると楽しいかもしれません。

オビディエンスにチャレンジしてみませんか?

オスワリをするビーグル

ワンちゃんという動物は学び続ける生き物であり人と何かすることに喜びや幸せを見出します。これを機会にぜひ、お家のワンちゃんと楽しみやすい、オビディエンスやラリーオビディエンスにチャレンジしてみてはいかがでしょうか? ワンちゃんを飼っている人、飼っていない人どちらにおいても、ワンちゃん連れの人たちのマナーの向上は優しい社会のために役立つはずです。

参考文献


Share!