Thumbnail

ペット信託®で愛犬・愛猫の将来を守る|行政書士がメリット・デメリットを解説

ペットの飼い主さまは、ご自身が病気で飼えなくなったり亡くなったりしたときに備えて、残された大切なペットの生活についてお考えになったことはありますでしょうか? 残念ながらペットたちは、自ら将来への生活を考えることができません。ペットの将来への生活の準備は、飼い主さまに委ねられているのです。その選択肢の一つとして、飼い主さまが元気なうちに、ペットやその飼育費用を新しい飼い主さまに託す「ペットのための信託契約」があります。今回は、飼い主さまがペットと暮らせなくなった「もしもの場合」の備えの一つ、「ペットのための信託契約」について、愛猫派で行政書士の今井が解説します。