猫を預ける場合の期間と場所は? 実家やホテルなど環境が与えるストレスと対処法

猫を預ける場合の期間と場所は? 実家やホテルなど環境が与えるストレスと対処法

普段旅行に行く機会がない猫の飼い主さんも、突然の出張や旅行などで猫をどこかに預けなければならないこともあると思います。猫は環境を整えてあげれば数時間程度のお留守番は問題なく過ごすことができます。しかし飼い主さんが長期間留守にする場合はどうすればいいのでしょうか。愛猫にストレスをかけない預け先についておすすめの方法をご紹介します。

1日以上猫を置いて出かけるとき

寝る猫

猫は「寝る子」から名づけられたというほどよく寝る動物で、数時間程度ならお昼寝して待っていてくれます。しかし、愛猫を置いて家を1日以上留守にしなければならないときは、どうすればいいのでしょうか。

猫は知らない場所が苦手

猫は知らない場所や環境がとても苦手な動物です。猫は野生で生きていたときは自分の縄張りを持ち、そこで待ち伏せ型の狩りをして暮らしていました。人と一緒に暮らすようになってからも、猫は自分の縄張り、慣れ親しんだ環境にいることを好みます。特にメス猫は生まれた場所のごく近くで生活し続ける傾向が強いといわれています。

昔、放し飼いが多かったころ、「犬は人に付き、猫は家に付く」といわれたのはそのためです。猫にとっては自分の慣れ親しんだ環境にいることが当たり前なので、知らない場所に行くことは緊張しますし、強いストレスを感じることになるのです。

知らない場所に預けることのリスク

筆者は保護活動をしており、捨てられた子を保護することが頻繁にあります。まだ目が完全に開いていないような生まれたばかりの子猫以外は、保護してきた当初は、たいていの子がギュッと身を固くし、できるだけ隅っこに身を隠すようにして緊張状態にあります。ご飯も食べられないし、水も飲めない、おしっこもできないといったことは珍しいではありません。

大人になって分別が付き警戒心も出てくると、その傾向は余計に強くなります。24時間おしっこが出ないと命にかかわるので、トイレができるまでは特に注意深く見守る必要があります。避妊や去勢手術で1日入院するときも「一口もご飯を食べられませんでした」といわれることは珍しくありません。個体差がありますが、猫を知らない場所に連れて行くことは猫にとっては大きなストレスになるのです。

2泊3日までならおうちでお留守番がおすすめ

猫は環境を整えてあげれば、2泊3日程度ならおうちでお留守番をしていることできます。猫の生きている世界の大事な存在である飼い主さんがいないこともストレスにはなるでしょうが、猫は飼い主さんが帰ってくることを知っていますし、知らない場所に行くストレスに比べればずっと快適過ごせます。

おうちでお留守番は準備を十分に

おうちでもお留守番のほうが猫は安心して過ごせますが、飼い主さんがいなくても快適に過ごせるように万端に準備してあげましょう。

食事を3日分用意する

少しずつ食べる子は置き餌でもいいですが、あるだけ食べてしまう子は自動給餌器を使用するといいでしょう。
自動給餌器 Amazonで見る

飲み水を用意する

3日分の十分な量の水を数か所に用意しましょう。

トイレを増設する

トレイも3日分に耐えられる数のトイレを用意してあげてください。トイレが汚れていると粗相や病気の原因となります。

室温の管理

猫が快適に過ごせるようにエアコンなどで温度管理をしてください。

猫ベッドを用意する

特に飼い主さんと一緒に寝ている猫ちゃんは安心できるように猫ベッドなどを用意してあげましょう。

ペットカメラで安全確認

必ずしもなくてもいいものですが、ペットカメラを設置しておくと、留守中の愛猫の様子を確認できるので安心できます。
お留守番カメラ Amazonで見る



留守が3日以上のときはどうすればいい?

猫

海外旅行などの長期の旅行に行くときはどうすればいいのでしょうか。

ペットシッター

飼い主さんが3日以上おうちを留守にするときの、猫のお留守番の一番のおすすめの方法はペットシッターに頼むことです。犬であればペットホテルに預けることは難しいことではありませんが、猫の場合はストレスが大きすぎて体調を崩す心配があります。

しかも、そうなったときには、慣れ親しんだおうちに連れて帰ることがとても大事になるのですが、海外旅行などの場合はすぐに帰ってくることもできません。それらを考えると、猫がおうちで過ごすことができるペットシッターを頼むことは猫にとってはストレスなく過ごせる方法ですし、飼い主さんも心配が少なくて済みます。

筆者の知人は、留守中の猫の世話をペットシッターに頼んで1週間ほど海外旅行に行きましたが、猫たちは問題なく過ごせたようです。猫の様子を動画や画像で送ってもらうサービスもあったため、旅行中も毎日、猫ちゃんたちの様子を知ることができたそうです。

ペットシッターに頼む際の注意したい点

ペットシッターはおうちに来てもらって猫のお世話をしてもらいます。信用できるところを選び、事前に十分に打ち合わせをしてください。いきなり長期間ではなくて、最初は短期間で頼んでみるといいですね。

実家や友人に預ける

実家が近くの場合はこちらのほうが安心できると考える方は多いかもしれません。または信頼できる友人に預けたいと思う方もいるでしょう。実家の家族に猫が慣れている、実家の家族が猫の扱い方をよく知っている場合は、実家に預けてもいいかもしれませんね。

しかし、やはり知らない場所であることのストレスはありますし、専用の動物用の宿舎ではないことから、脱走のリスクはぬぐえません。特に「完全室内飼育」で「絶対に外に出してはいけない」ことを家族の方が理解していないと、危険が高まります。飼い主さんのほうも、家族であることから「自分が大切にしている猫を大事にしてくれるはず」との思い込みがあります。

筆者は猫の飼い方や脱走などに関して相談を受けることがありますが、事情により実家に猫を預けて、行方不明になってしまった方から相談されたことがあります。実家が地方の方だったこともあって、「猫はいなくなっても勝手に帰ってくる」とご家族は思っていたようです。そのため、いなくなったことを飼い主さんが知ったのも猫がいなくなってから時間が経ってからでしたし、結局その子はおうちに帰ってくることができませんでした。

そうなると家族との間にも溝が生まれてしまうかもしれません。家族であるという油断や、「言わなくも分かっているでしょ」という思い込みが生まれやすいです。家族といえども、猫に対する飼い主さんの思いを十分に伝えて、しっかりした管理を頼みましょう。

友人に預ける場合も、脱走はリスクが高い部分です。気心が知れた信頼できる方にお願いしましょう。引き受けてもらったときは、ちゃんとお礼をしてくださいね。

実家や友人に預けるときの注意点

実家でも友人宅でも猫にとっては知らない場所です。普段使用しているものを用意するといいでしょう。
  • いつも食べているフード
  • いつも使用しているトイレ、猫砂
  • 匂いがついたタオルなど
  • 落ち着ける猫ベッド
  • ケージ
ケージは持ち運びやすいの布ケージもあるので、普段から使わせて、落ち着ける場所にしておくといいです。車で移動できるなら持ち運び用のクレートとは別に小さめでも2段ケージなども準備できるとよりいいでしょう。


ペットホテルを利用する

ペットホテルに預けることは猫にとっての負担は大きいのですが、脱走のリスクは他の人の家に預けるよりもかなり少なくなります。動物病院のペットホテルであれば、体調不良のときにも診てもらえる安心感もありますね。

動物病院に併設されているペットホテルは、1日の全て、もしくはほとんどの時間をケージの中で過ごすことになります。また、病院のスタッフは忙しいのであまりかまってもらえない場合が多いです。長期間、ホテルに預けることはあまりおすすめできません。

ペットサロンに併設されているホテルはケージフリーのところもあるようです。ペットサロンのホテルは体調不良のときの対応などをしっかり確認しておきましょう。

ペットホテルに預けるときの注意点

ペットホテルにも可能な限り、普段使っているものを持っていきましょう。
  • いつも食べているフード
  • いつも使用している猫砂
  • 匂いがついタオルなど

ペットホテルの料金の相場

ペットホテルの料金の相場は、3000円~8000円。ケージかフリーかによってかなり差があるようです。動物病院の場合は3000円程度のことろが多いです。

できればおうちでお留守番が一番

猫

どうしても数日間、猫を置いて出かけなければならないときもあるかもしれませんし、海外旅行を楽しみたいという方もいるでしょう。猫は知らない場所が苦手な動物なので、おうちでお留守番が一番ストレスがない方法です。もしどこかに預ける場合でも普段使用しているものを用意して、できるだけストレスがないようにしてあげるといいですね。

Share!