犬がもってこいができない理由と教え方。おもちゃはボールでなくてもOK!

Share!

犬との遊びの中に、ボールを投げたらもってくるというのがあります。犬にとってはいい運動になりますし、飼い主さんも拾いにいかなくていいため、お互いにとってメリットのある遊びです。そんなもってこいですが「追いかけてももってこない子」や「もってきても離さない子」など犬によってさまざまです。犬に正しく「もってこい」を教えるにはどうしたらいいのでしょうか?

犬が「もってこい」ができない理由

おもちゃを見る犬

ルールがわかっていない

特別に教えなくてもできる犬もいますが、遊びのルールはしつけと同じで教えてあげないとわからないものです。

遊びのルールがわかっていないと思ったら、初心に戻り丁寧に教えてあげましょう

違う遊びが好き

犬の中には「かじることが好き」「一人遊びが好き」など違う遊びが好きな子もいます。

そういう犬の場合、ボールを投げても追いかけるだけで、その場で一人遊びすることがあります。

飽きっぽい

家の中にはおもちゃがたくさんあったり、外では他に興味惹かれるものがあったりなどすると「別に投げられたおもちゃじゃなくてもいいや」と途中でもってくることを止めることがあります。

もって行くと取られると思っている

はじめは「もってこいができてたのに」という場合は、もって行くと取られるという経験から、飼い主さんの所へはもって行かず自分で好きなように遊ぶようになります。

犬にもってこいを教えるときのポイント

おもちゃで遊ぶ犬

おもちゃはボールでなくてもOK

「もってこい遊び」というとボールのイメージが強いかと思いますが、おもちゃはボールでないといけないわけではありません。

愛犬が好きなおもちゃ、興味を示すおもちゃを使って練習してあげましょう。

はじめは家の中でリードを付けて

はじめは家の中という場所で行いましょう。

リードを付けるのは、おもちゃを取りに行ったっきりにさせないためです。

初めから長い距離を持ってこさせるのではなく、目の前くらいの近さから少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

いかに犬を楽しませられるか

何よりも、犬に「楽しい!」と思ってもらわないことには始まりません。そのためには、飼い主さんも楽しむことが大切です。

愛犬はどんなおもちゃが好きなのか、どんな動きや音に興味を示すのかなど、いろいろなおもちゃを使って愛犬の心を掴んでください。

犬にもってこいを教える方法

成犬と子犬

  1. 犬が好きそうなおもちゃで、くわえやすい大きさのものを選ぶ
  2. 犬の狩猟本能を利用して、猫をじゃらすように、犬の目の前でおもちゃを動かす
  3. 犬がおもちゃを追いかけ始めたら、少しだけポンと投げる
  4. 投げられたおもちゃを追いかけていったら、褒める
  5. 2〜4を繰り返す

もし、犬がおもちゃをどこかにもって行っていきそうになったら、優しくリードを手繰り寄せます。

最初は、コマンドを意識するよりも、楽しむことを意識しましょう。

\One Point!/
そして、もってこいを教える時に大切なのは「止め時」です。

犬が飽きるまで、疲れ切るまで遊ばせるのではなく「楽しい!」「もっと遊んでいたい」という状態で終わらせることで、「その物(おもちゃ)」に対する欲が付き、次も集中して遊ぶようになります。

もってきても離してくれないとき

意外と多いのが、もってくるけどおもちゃを離してくれないという場合です。この場合犬は「もってこい遊び」をしているつもりではないかもしれません。

「自分のおもちゃを見せびらかしたいだけ」や「引っ張りっこ遊びがしたい」だけということもあります。

なかには、取られたくないと逃げる犬もいるでしょう。その場合には、無理に取ろうとしないということが大切です。



犬と遊ぶときは飼い主さんも楽しんで!

おもちゃをくわえる犬

「もってこい」ができない場合はルールをわかってない、取られたくないなどの可能性があります
はじめは家の中でリードを付けてから「もってこい」を練習しましょう
犬が飽きるまで遊ばせるのではなく、飼い主さんのタイミングで終えましょう

犬に何かを教えたいときは、飼い主さんも楽しむことが大切です。

1日で覚えさせようとせずに、気長にワンちゃんのペースに合わせて教えてあげてくださいね!