猫の横隔膜ヘルニア|症状や手術のリスクなどを獣医師が解説

猫の横隔膜ヘルニア|症状や手術のリスクなどを獣医師が解説

ヘルニアとは、体内の組織や器官が本来の場所から移動して、飛び出しているような症状をいいます。ヘルニアと聞くと椎間板ヘルニアを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、猫のヘルニアで最も多いとされているのが「横隔膜ヘルニア」です。今回は猫の横隔膜ヘルニアについて症状や原因、検査方法や治療費用などをシリウス犬猫病院院長の石村が説明していきたいと思います。

猫の横隔膜ヘルニアとは

横隔膜は胸腔と腹腔を区切る膜状の筋肉で、呼吸をする上でとても重要な役割を担っています。横隔膜ヘルニアとは、横隔膜に何らかの原因によって穴が開く、あるいは正常に形成されないことによって胸腔と腹腔が連絡してしまう病気です。犬よりも猫での発生が多いです。

猫の横隔膜ヘルニアの原因

長毛の猫

横隔膜ヘルニアには以下の3タイプがあります。

  • 先天性横隔膜ヘルニア(心膜腹膜横隔膜ヘルニア)
  • 外傷性横隔膜ヘルニア
  • 食道裂孔横隔膜ヘルニア

先天性横隔膜ヘルニア(心膜腹膜横隔膜ヘルニア)

先天的に心臓を包む膜(心膜)と横隔膜が癒着し、腹腔内臓器が胸腔へ飛び出てしまうタイプのヘルニアです。遺伝的な要因が示唆されています。

後天性横隔膜ヘルニア

交通事故や高所からの落下などの外傷によって横隔膜に内臓の圧力が加わり、横隔膜が裂開することにより生じます。

食道裂孔横隔膜ヘルニア

横隔膜には元々食道が通る部分に穴が開いており、これを「食道裂孔」といいます。この食道裂孔に異常が生じ、腹部の食道や胃が入り込むことによって起こるヘルニアです。先天的なものと外傷性によって起きる場合があります。

猫の横隔膜ヘルニアの症状

横になる猫

症状は原因やヘルニアの大きさ、脱出している臓器によってさまざまです。軽度の例では明らかな症状を示さないこともあれば、嘔吐・腹痛・嚥下困難などの消化器症状、肺の圧迫により呼吸の異常・疲れやすいなどの症状を現すこともあります。


先天性横隔膜ヘルニア(心膜腹膜横隔膜ヘルニア)

先天性の場合、はっきりとした臨床症状もないまま長期間経過していることも少なくありません。発育不良が見られることがあります。

後天性横隔膜ヘルニア

外傷直後でショック状態を呈していることも少なくありません。横隔膜の損傷の他、骨折や傷などを伴っていることが多いです。重篤な症状の場合、まずは猫の状態を安定化させる必要があります。

食道裂孔横隔膜ヘルニア

食が細い、食事の際に痛がる、食べたものをそのまま吐き出したり(吐出)することがあります。

猫の横隔膜ヘルニアの診断

猫の腹部レントゲン写真

猫の腹部レントゲン写真
横隔膜ヘルニア罹患猫の胸腹部レントゲン写真(術前・術後)

X線検査や超音波検査で診断されます。X線検査では横隔膜のラインがはっきりと見えない、心臓の形が異常に大きく見える、腹腔内にあるはずの臓器が確認できない、腸管内のガスが心臓周りで見えるなど、特徴的な所見が見られます。

超音波検査では心臓の周りに、本来あるはずがない肝臓や腸などの腹腔内臓器が確認されます。

猫の横隔膜ヘルニアの治療法・手術費用目安

猫パンチ

基本的には外科手術以外で完治を望むことは難しいです。方法としては、全身麻酔下で開腹手術を行いヘルニア輪から胸腔内に飛び出している腹腔内臓器を元に戻し、横隔膜の修復や内臓の癒着を解消するなどの処置が取られます。胆道閉鎖、胃捻転、腸ねん転などを発症している場合は緊急手術を実施する必要があります。

費用はヘルニアの原因・臓器の癒着状態・病院によってかなりバラつきがありますが、検査費・手術費・入院費なども含めると20〜50万円程度の場合が多いようです。

唯一の治療法である外科手術ですが、残念ながら麻酔や術後管理、合併症などのリスクは他の疾患よりも比較的高い病気といえるでしょう。

ヘルニア内に飛び出していた臓器を元に戻すと、空いたスペースで急速に肺が広がり、再拡張性肺水腫という重篤な問題を起こすことがあります。これによって命を落とす危険性もあります。

ほとんど無症状で年齢を重ねて偶然見つかったような場合などは、飼い主さんと獣医師が相談の上で手術をせずに経過観察することもあります。しかし、慢性に経過をたどっていても急変して突然死するリスクはあるので注意が必要です。

急変や他の弊害などのリスクは常に抱えていかなければなりません。猫の年齢や生活環境、ヘルニアの原因・脱出している臓器などを考慮し、手術を選択するかしないかは獣医師と相談しましょう。

猫の横隔膜ヘルニアの予後

布団にくるまる猫

手術を実施し、術後の周術期を乗り越えたら予後は良いでしょう。多頭飼育の場合は、術後は隔離して安静にさせるなどの処置をしばらくとったほうがいいですね。外出する猫はこの機会に完全室内飼いに切り替えるといいでしょう。

猫の横隔膜ヘルニアの予防

先天性の横隔膜ヘルニアの場合予防することは難しいですが、遺伝的な要因が示唆されているので横隔膜ヘルニアを発症している猫は繁殖には供さないほうがいいでしょう。

後天性いわゆる外傷性の横隔膜ヘルニアの場合は、完全室内飼いを徹底し、事故や転落などの外傷リスクを防ぐのが大事になってきます。

愛猫の様子が気になったら病院へ

窓辺の猫

横隔膜ヘルニアは見た目ではわからないことも多いです。事故などにあった場合は、いつもと様子が変わらなくても動物病院を受診しましょう。外出から帰ってきてから様子がおかしい、呼吸がおかしいなどを感じたらすぐ病院へ行くことをおすすめします。

参考文献

  • 獣医内科学 第2版(小動物編) 文永堂出版

Share!