村上佳菜子さんが「OMUSUBI」を通じて保護犬「ViVi」ちゃんを迎えました。

プロフィギュアスケーターの村上佳菜子さんが今年8月、保護犬を新たな家族として迎えました。村上さんはプライベートで保護犬・保護猫のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)にご応募いただき、ペトことを運営するシロップオフィスでお見合いを重ねて正式譲渡が決まりました。迎えたのはキャバリアの女の子で、名前は村上さんが「ViVi」ちゃんと名付けました。


ViViちゃんの里親募集掲載
OMUSUBIに掲載されていたViViちゃんの里親募集ページ

村上さんから応募があったのは6月23日のこと。元フィギュアスケート選手であることには一切触れず、迎える覚悟を答える項目に、「お互い成長できて支え合えるパートナーが欲しい」と記入されていました。

村上さんは昨年、15年一緒に暮らしたチワワの「チロル」ちゃんを看取っています。現役時代をパートナーとして支えてくれた愛犬のように、引退後の新たな生活のパートナーとして、保護犬を迎える選択をされました。

村上佳菜子さんと保護犬ViViちゃん
村上さんとViViちゃんの初めての出会い

その後、保護先である動物保護団体とやり取りを進め、7月4日にシロップオフィスで初めての対面が行なわれました。チワワキャバリアで犬種は異なりますが、少し控えめな性格がチロルちゃんに似ていると運命を感じたそうです。

現在はプロフィギュアスケーターとして活躍される村上さんが、どのようにViViちゃんを育てていくのか。保護団体スタッフ、シロップスタッフも一緒に話し合いを進め、8月17日に正式譲渡となりました。

初めてのお見合いでシロップスタッフと集合写真を撮る村上佳菜子さんと保護犬ViViちゃん
初めてのお見合いで、編集部スタッフ&社員犬と村上さん&ViViちゃん

正式譲渡の際に、村上さんが保護犬を迎えようと思った経緯や、現役時代を共に過ごしたチロルちゃんとの暮らしについてインタビューさせていただきました。ぜひこちらもご覧ください。


最後に、村上さんからペトこと読者のみなさんにメッセージを頂きましたので紹介します。



保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

OMUSUBIで保護犬猫を探す

Share!