猫が生クリームを食べるのはNG 記念日や誕生日は代用品で祝いましょう。

猫が生クリームを食べるのはNG 記念日や誕生日は代用品で祝いましょう。

たっぷり生クリームがのったスイーツは、特別な日のケーキに欠かせないという人も多いのではないでしょうか。家族でケーキを囲んでのお祝いごとは一大イベントですよね。そんな楽しいひとときは、飼い猫も一緒に楽しみたいもの。でも、猫に生クリームを使ったスイーツを与えるのはおすすめできません。猫が生クリームを食べるとどうなるのか、詳しく紹介します。

猫に生クリームを食べさせるのはやめましょう

生クリーム

甘くて濃厚な生クリームを欲しがる猫もいるかもしれませんが、猫には生クリームは与えないでください。生クリームには乳糖が含まれます。乳糖とは牛乳などの乳製品に含まれる成分で、猫は乳糖を分解できる酵素を十分に持っていません。そのため、乳糖を含む製品を食べると胃腸の不調を起こしやすく、下痢嘔吐などの症状が見受けられる場合があります。

生クリームに含まれる乳糖は多くありませんが、少量でも猫に影響が出ることもあるかもしれませんので注意が必要です。

生クリームは生乳、牛乳もしくは特別牛乳から乳脂肪以外の成分を除いて作られたもので、脂肪分は18パーセント以上と定められています。添加物は入っていないため賞味期限は短いですが、乳脂肪そのままの風味を楽しめるのが特徴です。

アレルギーや肥満のリスクも

生クリームは甘くなるよう砂糖がたっぷり使われていますし、乳製品アレルギーを持つ猫もいます。生クリームを猫に与えることはやめましょう。


記念日に使うなら生クリームの代用品で

猫と生クリーム

「猫に生クリームはNG」とは思っていても、せっかくの記念日や誕生日、クリスマスなどのイベントは、一緒に生クリームたっぷりのケーキやスイーツを楽しみたいですよね。そんなときは、猫が食べられる生クリームの代用品を使ってはいかがでしょう。

たとえば、豆腐のペーストを生クリームに見立ててみたり、植物由来の無糖豆乳ホイップなどを使ってみたりするのもおすすめです。

猫用クリスマスケーキ
猫用クリスマスケーキ
Amazonで見る


猫と生クリームを楽しみたいなら代用品で

猫

猫が生クリームを食べたからといって、命に関わるような症状が出ることはほとんどありません。しかし、猫にとって生クリームは必ずしも必要な食べ物ではありません。万が一のことを考えると、あえてリスクをとる必要もないので、猫に生クリームを与えることはやめておきましょう。

誕生日やクリスマスなど、年に数回のお楽しみの時には、代用品をうまく取り入れてお祝いしてくださいね。

※猫に健康的な食べ物は、栄養がバランス良く摂れるように配合された総合栄養食としてのキャットフードです。雑食動物の人と違って猫は肉食動物です。人の体に良いからといって猫にも良いとは限りません。逆に悪影響となったり、必要な栄養の吸収を阻害したりすることもあります。

ただ、食事は飼い主と愛猫の絆を強くする大切な時間でもあります。同じものを食べたいと思ったり、欲しそうにしている愛猫に少しわけてあげたいと思ったりすることもあるでしょう。そんなときは必ず与えても大丈夫なのかを調べ、適切な与え方や量(あくまでおやつとして)を守り、様子を見ながら与えるようにしてください。


参考文献


Share!