ヨークシャーテリアのカット集|人気のミッキーカットやトリミング頻度、料金について

フリートリマーの大森です。ヨーキーの愛称で人気のヨークシャーテリアには、いろいろなカットスタイルがあります。定番の顔全体を丸くするカットや垂れ耳ヨーキーにオススメのくまさんカットなど、今回はヨークシャーテリアの特徴に合ったカットスタイルやトリミングの頻度、自分でするカットの仕方などを画像とともに紹介します。

ヨークシャーテリアの毛の特徴

ヨーキーu_u_829
Photo by u_u_829さん Thanks!

ヨークシャーテリアはシルキーコートと呼ばれ、絹糸のように柔らかく長い毛質が特徴です。シングルコートなので自宅でシャンプーをした際は、毛を乾かしやすいのでお手入れも楽だと思います。本来は毛を長く伸ばすフルコート(ロングコート)と呼ばれるスタイルがスタンダードのため、カットをしないで毛を伸ばすこともあります。ただし、静電気が起こりやすかったり、毛が柔らかくて毛玉になりやすいため、トリミングを定期的に行うようにしましょう。フルコートの場合はこまめなブラッシングが大切です。


カットの頻度

月1回が目安です。カットをしないと毛が伸びて毛玉ができる原因になりますす。特に冬場は静電気が原因で毛玉になりやすく、洋服を着せる方は注意が必要です。また静電気でホコリを吸着しやすく夏よりも毛が汚れやすなる時期もありますので、冬は月1回のカットの間にシャンプーもしてあげるようにしましょう。

ヨークシャーテリアのカットの料金

ヨーキーlily0219leo0822
Photo by lily0219leo0822さん Thanks!

地域によってさまざまですが、4500〜1万円が目安です。時間は1.5〜3時間が目安です。

パピー(子犬)のカットについて

ワクチンプログラムが終了してから2週間から1カ月後にシャンプー、カットのトリミングができます。免疫力や体力の点で安全にトリミングができる状態にするためです。ワクチンプログラムが終了するまでは、ブラッシングをしたり爪切りなど、簡単にできるお手入れをして清潔に保つことが大切です。

シニア犬(老犬)のカットについて

お手入れや汚れやすい箇所があれば、毛を短くして清潔に保つようにしましょう。シニア犬はトリミングをすることが負担になるため、こまめにはせず、普段からブラッシングをしたりグルーミングスプレーなどで拭いてあげたりしましょう。もしシャンプーをする場合は、ぬるま湯で洗ってあげてください。

ヨークシャーテリアのカットスタイル

定番! お耳からつなげてお顔全体を丸くカット

ヨーキーu_u_829
Photo by u_u_829さん Thanks!

耳の飾り毛からお顔につなげて全体的に丸くすることで、かわいらしさとヨークシャーテリアの飾り毛を生かせる定番の「お顔を丸くするカット」になります。

耳先にバリカンを入れてカットすることもあります。耳先にバリカンを入れるのはヨークシャーテリアのスタンダードなカットで、バリエーションもいろいろとあります。

耳とお顔を分けて丸くミッキーカット

ミッキーカットのヨークシャーテリア

ヨーキーlily0219leo0822
Photo by lily0219leo0822さん Thanks!

ヨーキーlily0219leo0822
Photo by lily0219leo0822さん Thanks!

毛量が多い子にオススメのカットスタイルです。お顔とお耳を分けてカットすることで、また違った雰囲気の仕上がりになります。耳先も丸くするとミッキーマウスのように見えるので「ミッキーカット」とも呼ばれています。

耳の飾り毛を生かしたデザインカット

耳の飾り毛を生かしたデザインカットのヨークシャーテリア

ミッキーカットと同様にお顔とお耳を分けてカットし、お耳の飾り毛を伸ばしてあげることで、雰囲気の違うデザインカットになります。

本来はフルーコートの犬種


ヨークシャーテリアは別名「動く宝石」と呼ばれるほど美しい被毛の持ち主です。シルキーコートと呼ばれ絹のように細く繊細な毛質の犬種で、毛を保護してラッピングする方法もあります。セットペーパーという、毛を保護するペーパーで頭頂の毛をまとめたものを「トップノット」と言って、そこにリボンを付けたりもします。

耳の飾り毛を生かして、おしゃれカット

おしゃれカットのヨークシャーテリア

お顔は丸くカットし、お耳の毛を伸ばしてあげる事で一段とおしゃれな感じの仕上がりに! お洋服を着せることが多い場合は体をバリカンなどで短くし、足の毛を長く伸ばしてあげることで貧相な感じにならない上にお洋服の摩擦で毛玉になりづらいのでオススメです。

ヨークシャーテリアのカット

トップの部分をセットペーパーでまとめないで、ゴムで結んだり三つ編みしたりアレンジすることも出来ます。
※ゴムは輪ゴム素材のではなく毛が絡みづらい素材のゴムを使用してくだい。

体も短くしてブレスで足先をポンポンにするのもかわいいですね。足先はバリカンを入れることによってお散歩後の足先拭きが楽チンに。

とにかくスッキリ! サマーカット


体もお顔もお耳の飾り毛も、とにかくスッキリしてもかわいいのがヨークシャーテリア。子犬っぽくなります。鼻が短い子は丸く仕上がるのでオススメです。

※短すぎると、夏は紫外線で皮膚が刺激されてしまい炎症を起こすこともあります。また熱中症にもなりやすいので注意してください。夏は通気性のいい洋服を着せてあげるなどで体温調節や熱中症対策をしてください。

垂れ耳ヨーキーは、くまさんカット


お顔を丸く仕上げてお耳の垂れている毛を生かし、長めにしてあげることで本来のヨークシャーテリアとはまた違う雰囲気のかわいさに仕上がります。

自宅で簡単にできるヨーキーのカットのコツ・方法

ヨーキーu_u_829
Photo by u_u_829さん Thanks!

自宅でのトリミングは怪我をさせやすかったり、綺麗にカットができなくて失敗してしまうケースもあるため、基本はトリミングサロンでカットをすることをお勧めします。その上で、最低限の家での簡単なお手入れを紹介します。

<用意するもの>
  • コーム
  • スキバサミ
  • バリカン

もしワンちゃんが動いてしまう時は、落ち着いてからハサミを小さく開いてカットをするようにしてください。

足裏(パット)

足裏のカットは、バリカンを使うようにしましょう。ハサミは足が動きやすく危ないため、バリカンを使うことをオススメします。バリカンの刃の短いミリ数で足裏に対して平行に小さい肉球から大きい肉球に向かって、ゆっくりと足裏から出ている毛を刈っていきます。

バリカンを常にONにしたままだと怪我をさせてしまう可能性があるため、バリカンを使う時のみスイッチをONにしてあげましょう。また、ONにしたまま使用するとバリカンの刃が熱くなりやすく、ヤケドしてしまうことがあるので注意しましょう。


失敗しないカットの仕方

お家で少しだけ気になるところをカットしたい時の失敗しない方法は、できるだけスキバサミを使用するといいでしょう。毛並みの方向にハサミを向けてカットすることによって、カットした時にハサミの跡がつきづらいです。

注意すること

必ず皮膚を確認することです。ハサミは刃物です。少し刃先が皮膚に当たっただけで怪我をしてしまうので、注意しましょう。被毛をかき分け皮膚を確認してから気になるところをカットして下さい。基本的にはカットはトリミングサロンでお願いすることをおすすめします。

まとめ

ヨーキーu_u_829
Photo by u_u_829さん Thanks!

ヨーキーは毛玉ができやすいので月1カットがオススメ
毎日のブラッシングも欠かさずに
ヨークシャーテリアはアレンジがあまりなさそうで、実はいろいろなカットバリエーションができるんです。いろんなカットを参考に愛犬に合うカットを見つけてみてくださいね!



Share!