猫はヨーグルトを食べても大丈夫? 与え方や注意点などを解説

猫はヨーグルトを食べても大丈夫? 与え方や注意点などを解説

猫にヨーグルトを与えると便秘や下痢の解消につながることがあります。乳製品なので「猫が食べるとお腹を壊してしまうのでは……?」と心配する方も多いと思いますが、与え方に気をつければ大丈夫です。むしろヨーグルトには整腸作用があったり、口臭を抑えたりする働きもあり、習慣にすると胃腸や口内環境に役立ってくれます。今回は猫にヨーグルトを与える際のメリットや注意点などを紹介します。

ヨーグルトは猫に与えて大丈夫!

猫

猫がヨーグルトを食べても問題ありません。「牛乳と同じ乳製品なのに大丈夫なの?」と心配される方もいるとは思いますが、猫が牛乳によって下痢になるのは「乳糖」という成分が原因です。

猫の体は乳糖を分解しにくいため、乳糖不耐症の子が多いのです。しかしヨーグルトはすでにその乳糖が分解されているため、乳糖不耐症による嘔吐下痢を引き起こす可能性がとても低いです。

乳糖不耐症とは

人間でも牛乳などの乳製品を摂るとお腹の調子が悪くなる人もいると思いますが、猫にも同じ理由で同じような症状が起こります。

多くの乳製品には乳糖が含まれており、体の中で乳糖を分解するためには「ラクターゼ」という消化酵素が必要です。しかし猫は乳糖を分解できない体質の子が多いため、人間用の牛乳などを飲むと胃腸が不調になり、嘔吐下痢を引き起こしてしまう可能性があるのです。

ヨーグルトをあげるメリット

ヨーグルト

ヨーグルトは猫にとって嬉しい効果をもたらします。その効果を見ていきましょう! 発売されているヨーグルトには砂糖が入っているものと入っていないものがあります。猫にあげる時は無糖やプレーンタイプを選んであげるとよいでしょう。

腸内環境を改善し、免疫力も向上

ヨーグルトの中には乳酸菌が豊富に含まれています。乳酸菌は猫の腸内にある善玉菌を助け、腸内環境を整える働きをしてくれます。

そのため便秘下痢の解消につながるのです。

消化を助ける

ヨーグルトは発酵食品のためたくさん酵素が含まれていて、酵素が消化不良をサポートしてくれます。

ヨーグルト歯磨きで口内トラブルを抑える

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は細菌の増殖を抑えてくれます。ヨーグルトで歯磨きをするか舐めさせるかして、20分ほど水は飲ませず、乳酸菌が口内に止まるようにすると効果的です。

カリウムやビタミンも豊富

猫が若々しくいるにはビタミンなどの栄養素はとても大切です。カリウムやビタミンは代謝を助け、疲労回復の効果もあります。

猫にヨーグルトを与える頻度と量

猫

猫に市販のヨーグルトをカップ全て食べさせるのは量が多すぎます。初めてあげる時は一口だけ与え、その後下痢などをしないか様子を見てあげてください。

大丈夫そうでしたら少し量を増やし、成猫の場合小さじ1〜2杯ほどを目安にあげましょう。頻度としては毎日与えても大丈夫ですが、糖分が含まれている場合があるので肥満に注意する必要があります。

どんなヨーグルトを食べるのか

一般的に販売されているヨーグルトにも、「ブルガリアヨーグルト」「カスピ海ヨーグルト」「R-1ヨーグルト」など、たくさんの種類があります。

ヨーグルトの種類、効果はメーカーによって特徴が異なる場合があるので、得たい効果で選んでもいいかもしれません。

人間用のヨーグルトをおすそ分けしてあげるだけでも十分ですが、もし人間用だとお腹を壊してしまうようであれば猫用のヨーグルトなどを選んであげてもよいでしょう。

ラクトフェリンとは

ラクトフェリンは糖タンパク質で、母猫の母乳に多く含まれており、免疫機能を高めてくれる成分のことです。ラクトフェリンは母乳にしか含まれていません。

人間用のヨーグルトにはラクトフェリン入りのものもありますが、猫にあげる際は無糖か確かめる必要があります。猫に効率的にラクトフェリンを摂取させたい場合はサプリなどを与えるといいでしょう。

ヨーグルトを食べさせる時の注意点

ヨーグルト

ヨーグルトは牛乳とは異なり乳糖不耐症にはなりにくいのですが、乳糖がまったく含まれていないわけではありません。お腹の弱い猫や、乳製品アレルギーの場合はヨーグルトでも与えない方がいいでしょう。

乳製品アレルギー

猫によっては食物アレルギーで乳製品に反応してしまう子がいます。初期の症状として皮膚の疾患が現れる可能性が高いので、フケが出たりずっと肌をかゆがっていたりしていたら、早めに病院に相談してあげましょう。

下痢や嘔吐をしていないか注意

ヨーグルトを食べた後に下痢嘔吐につながらないか確認しましょう。

体質によってヨーグルトでお腹を壊してしまう子もいます。そのような時は無理に与える方法を考える必要はありません。

尿路結石に注意

猫は排尿器系の病気になりやすいといわれていて、尿路結石はミネラル分を多く摂取することによって発症しやすくなります。

ヨーグルトにはミネラル分も含まれているため懸念されていますが、1日の分量を守っていれば心配するほどの含有率ではありません。

与え過ぎの肥満に注意

ヨーグルトは糖分が含まれているものもあるので、肥満にならないように気をつけましょう。猫に与える時は必ず無糖タイプを選びましょう。

毎日小さじ一杯程度なら問題はないと思いますが、猫は基本的にヨーグルトが大好きです。「太ったから」といきなり食べさせなくなると猫にとってもストレスになるので、日頃から猫の体と相談しながら与える量を調整してあげてください。

キシリトールなどの人工甘味料に注意

無糖やカロリーオフをうたう商品の中には砂糖よりもカロリーの低いキシリトールなどが含まれている可能性があります。

猫に対しての影響は詳しく分かっていないのですが、キシリトールは犬にとって非常に危険な成分で、下痢や嘔吐、重度の場合は発作や昏睡状態に陥ると考えられます。

猫にも同じ影響があるかは分かっていませんが、注意してあげて損はありません。

猫に喜ばれるヨーグルトの作り方

ヨーグルトとフルーツ

かつおぶしやフルーツと一緒に

ヨーグルトとフルーツの組み合わせは人間にとっても最高です。スイカやバナナ、メロンなどと一緒に混ぜておやつとして出してあげると嗜好性が高くなるので、食欲のないネコちゃんでも喜んで食べてくれます。

また、ヨーグルトにかつおぶしをまぶして与える飼い主さんもいるようです。

ご飯に混ぜてあげる

普段のドライフードに少しヨーグルトをかけてあげると食いつきがよくなります。そしてヨーグルトが混ざったドライフードを噛みながら食べることで、ヨーグルトの乳酸菌も口内に残りやすくなるでしょう。

ヨーグルトで胃腸と口内ケアを

猫

ヨーグルトは与え過ぎなければ猫の胃腸、口内をケアしてくれます。体質によるところもありますが、まずは少し舐めさせるところから始めてみましょう。

舐めさせたあとで20分ほど水を飲ませないようにすると、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が口内に止まり効果的です。ぜひ試してみてください。


※本記事は猫にヨーグルトを積極的に食べさせることを推奨するものではありません。猫に健康的な食べ物は、栄養がバランス良く摂れるように配合された総合栄養食としてのキャットフードです。雑食動物の人と違って猫は肉食動物です。人の体に良いからといって猫にも良いとは限りません。逆に悪影響となったり、必要な栄養の吸収を阻害したりすることもあります。

ただ、食事は飼い主と愛猫の絆を強くする大切な時間でもあります。同じものを食べたいと思ったり、欲しそうにしている愛猫に少しわけてあげたいと思ったりすることもあるでしょう。そんなときは必ず与えても大丈夫なのかを調べ、適切な与え方や量(あくまでおやつとして)を守り、様子を見ながら与えるようにしてください。

Share!