猫はみかんを食べても大丈夫?皮の危険性や食べた際の対処法を栄養管理士が解説

猫はみかんを食べても大丈夫?皮の危険性や食べた際の対処法を栄養管理士が解説

Share!

みかんは猫に毒性のあるソラレンやリモネンを含むため積極的に与えてはいけません。中毒成分は特に皮に多く含まれ、猫は分解能力を持たないことから下痢や嘔吐、皮膚炎などを起こす可能性があります。危険性や間違って食べてしまった際の対処法について、ペット栄養管理士が解説します。

猫にみかんを与えるのはNG

みかん

みかんは猫に与えないほうがいい果物です。好奇心から舐めてしまったり、少し食べてしまったりといった程度ですぐに問題が起きることはありませんが、どれだけ食べると問題が起こるかは猫によります。みかんは猫がどうしても食べなければいけない食材ではありませんので、リスクは避けるようにしましょう。


猫はみかんが嫌い?

そもそも猫は甘みを感じず酸味を嫌うことから、みかんを好む猫は多くありません。興味を持って匂いを嗅いでも、嫌そうな顔をして去って行くことでしょう。注意していただきたいのは、みかんは皮のほうがリスクが高いということ。嫌そうな顔が面白いからといってわざと嗅がせるのはNGです。


猫にビタミンCは不要?

みかんはビタミンCを多く含み、肌荒れや風邪の予防に良いとされています。そのため愛猫にも食べさせてあげたいと考える飼い主さんがいるかもしれませんが、猫は体内でビタミンCを作ることができるため必要ありません。実は体内でビタミンCを作れない人間は、哺乳類の中でも少数派なのです(他にサルやゴリラなども作れません)

シニア猫(老猫)やタバコの煙など酸化ストレスが高い生活をしている猫は不足している可能性がありますが、ビタミンCの過剰摂取は尿路結石の原因になります。サプリメントなどで与えたい場合は、獣医師に相談してからにしてください。

猫にみかんを食べさせないほうがいい理由

みかん

猫にみかんを食べさせないほうがいいのは、リモネンやソラレンといった中毒物質を含むためです。

リモネン

リモネンは柑橘類の爽やかな香りの元になっている精油成分です。猫の中毒症状として運動失調や震え、低体温、低血圧などが報告されていますが、非常にまれです。リモネンを含むシャンプーを猫に使用してしまった事例では、皮膚炎を起こしたと報告されています。


ソラレン

ソラレンは植物に含まれる化学物質フラノクマリン類の一種で、紫外線の感受性を高める光毒性があります。みかんの可食部にはほとんど含まれず、皮に多く含まれます。猫がみかんの皮を間違って食べることはほとんどないと思いますが、皮に含まれるソラレンが皮膚に付着すると炎症を起こす可能性があります。


猫がみかんを食べた場合の対処法

みかん

猫は柑橘類を好まないため、気づいたら食べてしまっていたということはほとんど起こらないでしょう。間違って食べさせてしまったとしても、猫が好奇心から食べてしまった程度ですぐに問題が起きることはありません。

しかし、皮を飲み込んでしまった場合は注意が必要です。皮は硬く消化にも良くないことから、詰まらせて息ができなくなったり、腸閉塞になったりする可能性があります。ただし、飼い主さんが無理に吐かせようとすると猫も人も怪我をして状況が悪化するリスクがあります。まずは動物病院に相談してください。

また、「好奇心から食べてしまった程度ですぐに問題が起きることはありません」と書きましたが、猫によってはアレルギー反応を起こしたり、少量でも体調を崩してしまったりする可能性はあります。いつもと違う様子がないかよく見て、気になる症状があれば病院に行くようにしてください。

猫はみかんの加工品を食べても大丈夫?

みかん

みかんは猫がどうしても食べなければいけない食材ではありませんので、加工品でも与えないようにしましょう。例えば以下のような加工品が挙げられます。

  • みかんジュース
  • みかんアイス
  • みかんゼリー
  • みかんの缶詰

どれも猫には過剰な糖分が含まれています。みかんに限らず、人間の食べ物は猫にとって過剰な加工がされている場合がありますので与えないようにしてください。

陳皮は与えても大丈夫?

陳皮(ちんぴ)はみかんの皮を乾燥させた生薬で、食欲不振や消化不良に改善効果があるとされています。猫の薬膳ごはんでも利用されることがありますが、それは中毒症状が出るほどの量を使用しないためです。専門知識を持ったペット薬膳管理士などの指示の下で与えるようにしてください。

まとめ

みかんの木
猫にみかんは食べさせない
中毒成分は皮に多く含まれる
いつもと違う症状が見られたら病院へ
みかんは猫が注意すべき果物です。特に皮に注意が必要で、リモネンやソラレンによって皮膚炎などの中毒症状を起こす可能性があります。少しかじったりなめたりした程度で問題になることはないと思われますが、いつもと違う様子が見られる際は、動物病院に相談するようにしてください。

参考文献