犬にクーラーだけでは不十分! 夏のお留守番、暑さ対策は大丈夫?

犬にとってクーラーは夏の味方。熱中症や暑さ対策に重要なアイテムと言えるでしょう。しかし「クーラーをつけて思いっきり涼しくしておけば大丈夫だろう」と思っていませんか? お留守番をさせる際に最低限すべき対策は、実はクーラーだけではありません。犬にとっての適度な温度設定や、お留守番の時に停電になった場合の対策などもしっかりと確認しておきましょう。

犬の暑さ対策のためにクーラーは必要?

犬の夏バテ、熱中症、脱水症状などは夏の暑さが原因で引き起こされるものがほとんどです。室温をコントロールするという面では強い味方になります。しかし冒頭で述べたように、ただ涼しくすればいいという訳ではありません。

最も意識すべきことは「クーラーつけているから大丈夫」と安心しないことです。犬は基本的に人間よりも体温調整が苦手なので、万が一停電になった場合も考えて対策をするようにしましょう。

今回の記事では適切な温度から、停電などの理由でクーラーが効かない状況を想定した対策を紹介します!

眠っている犬

クーラーの設定温度や使用時期

クーラーの適切な温度は?

一般的に犬は気温22℃、湿度60%を超えると熱中症になる可能性が高くなると言われています。しかし外気温との差がありすぎても、夏バテなどの原因になります。

  • クーラーの設定温度は25〜27℃
  • 冷却グッズを置いておく
  • 除湿を強化する(湿度が収まると、犬はだいぶ快適に過ごすことができます)

あまり低い温度に設定してしまうと、犬も人もクーラー病(気温変化により自律神経が乱れ、体調を崩してしまう状態)になってしまう可能性があります。快適と感じる気温は犬種によって異なるので、ワンちゃんと一緒にいる時に「このくらいの気温はどうかな?」と試し、様子を見てあげるとよいでしょう。ワンちゃんがパンティング(浅くハッハッと呼吸をすること)などもせず、体を伸ばして気持ちよさそうにお昼寝できるくらいが快適だというサインです。

使い始める時期はいつ頃?

夏のクーラーは電気代も高くなりがちなので、冷却グッズなどで犬が快適に過ごせているうちは必要ないでしょう。犬は自分で体温調整をするのは苦手ですが、冷却グッズを利用して調整することはできます。

最近は5月であっても夏日になることがあります。うっかり暑さ対策をせずにお留守番をさせて、気がついたら30℃近い気温になっていた! ということがないように、天気予報を確認し、必要なら冷却グッズやクーラーなどで快適な環境を整えてあげましょう。

犬は湿度にも弱いので、「冷房はまだいらないかな……」という段階でも、除湿をしっかりとしてあげると快適に過ごすことができます。


眠っているプードルのイラスト

冷房にかかる料金の節約方法

最近はクーラーの性能が上がり、「オンオフをこまめにするより、つけっぱなしにした方が料金は安くなる」という考え方が一般的になってきています。初めは電気代の請求が気になってしまうかもしれませんが、思い切って試してみるのもいいかもしれません。そして電力自由化の動きによって、ペットのために電気代に悩む飼い主さん向けに、ペットがいるご家庭には割引が適用させるプランなどを発表している会社もあります。

ペットを飼育する家庭の電気料金に関するニーズに答えるサービス

株式会社かねだい「ペット&アクアでんき」のホームページ

ペットを飼っていると夏の冷房、冬の暖房の使用を避けることはできません。しかし電力自由化により、「ペットを飼っている家庭」のニーズは今後さらに重視されるでしょう。冷却グッズをしっかりと活用し、この機会に電力会社のプランなどの変更を検討するのもいいかもしれません。

クーラーと一緒に使いたい! 熱中症対策グッズ

熱中症対策、脱水症状対策などは室内、屋外でそれぞれ準備することが大切です。室内であればクーラーを適温(外気温に応じて25℃〜27℃くらい)に設定し、ワンちゃんが自分で体温調整ができるような冷却グッズを置いておくとよいでしょう。

体温調整をする

  • アクアクールキーパー

ベルギー発の商品。犬の体を長時間涼しく保つことができます。首輪タイプ、ハーネスタイプ、マットタイプがあります。


冷たいおやつ

暑さによって食欲がなくなったり水を飲まなくなったりすると、脱水症状や熱中症を引き起こしてしまう恐れがあります。そんな時冷たいおやつなどをあげると、水分補給にもなります。

  • ワンラック・ビルベリーゼリー
  • ぷるっとサプリinゼリー
  • ワンラック・ドッグメンテナンスミルク


  

ペット用ステンレスウォーター

  • H2O4K9

ステンレス製のボトルは冷たさが長持ちします。スポーティーなデザインとその機能性から欧米の愛犬家に大人気です。

 

暑さ対策で注意すべき点

クーラーを使用する際の注意点

夏の間、クーラーによって室温をコントロールするのは、犬にとって熱中症や暑さ対策にとても有効な方法です。しかしそのクーラーを使用する際にも、注意すべき点があります。

設定温度

5月〜6月は気温の変化が激しく、なかなか温度調整が難しいですよね。前述したように、クーラーの冷房は外気温に応じて25℃〜27℃が適当といわれています。しかし犬種によってはクーラーの冷気が苦手だったり、25℃程度では暑いと感じるワンちゃんもいます。あまり寒い気温にしてしまうと人間と同じようにクーラー病になってしまう可能性もあります。

クーラーの設定温度は25℃〜27℃を目安に、パンティング(浅くハッハッと呼吸をすること)の有無や寝つきの様子などを見て判断すると、ワンちゃんに最適な気温が判断できるでしょう。

人感センサーに注意

最近のエアコンは人感センサーが搭載されているものがあります。このセンサーはとても便利ですが、犬や猫などは感知しない場合があります。そうなるとお留守番の時にクーラーが停止し、いつの間にか蒸し風呂状態になっていた! ということが起こり得ます。

室温を管理できる人がいないお留守番の際は、人感知機能は停止させ、単純に温度を設定し運転させるのがよいでしょう。

クーラー病とは?

クーラー病(冷房病)は、外気と室温の温度差によって自律神経が乱れ体調を崩してしまうことを指します。暑い夏に体調を崩すきっかけになるので、人間にとっても悩ましいものです。夏の間に屋外と室内で気温の差をつけないのは難しいことですが、原因を知り予防対策を行うことはできます。

寒そうなポメラニアンのイラスト

クーラー病の原因

外気温が上がってくると、犬の体も夏をむかえる準備を始めます。しかし、その時に室内だけとても涼しいような状況だと、犬の体も混乱してしまい、クーラー病を引き起こしてしまうのです。

  • 外気温と室内気温の差
  • 体が冷えやすい環境
  • クーラーによる極度な乾燥

犬は人間よりも生活している場所が低いところにあります。そのため冷えやすい場所で過ごしていると、人間よりも体が冷えてしまうことがあり、下痢や風邪の原因になります。

クーラー病の症状

まず、外気温との差で自律神経が乱れることで体調を崩してしまいます。その後クーラの冷気などによって体の冷えが進行し、お腹の不調などにつながります。人が犬のクーラー病に気付くのは嘔吐や下痢をきっかけにするところが多いでしょう。

  • 食欲がない
  • 嘔吐
  • 下痢や軟便
  • 元気がない
  • 神経痛
  • 腹痛

また、小型犬や子犬、老犬は気温の変化に敏感なためクーラー病にかかりやすいといわれています。

クーラー病の予防策

クーラー病は犬の体の過剰な冷えを予防することによって避けることができます。飼い主さんにとって快適な気温でも、「ワンちゃんにとってはどうか?」を意識するようにしましょう。

  • 室温設定
  • クーラーの気温は前述したように25℃〜27℃を目安に、過ごしやすそうにしている気温を探してあげてください。

  • タオルや犬用ベッドなどを置いておく
  • 冷却グッズは犬が自分で体温調整がしたい時に必要なものです。それと同じように、タオルやベッドを置いておくとよいでしょう。フローリングなどから床冷えを感じた時に、ワンちゃんは自分から体を温めることができます。

  • 扇風機を使う
  • 扇風機を使って空気を循環させると、必要以上に室温を下げることがなくなります。ただ、事故を防ぐため、お留守番の際は扇風機に触れないような環境を作りましょう。

白い犬とテニスボール

お留守番中にクーラーが止まる⁉︎ 停電のリスクも考えよう

クーラーは暑さに弱い犬にとって非常に有効ですが、それに頼って安心してはいけません。お留守番の時に何らかの理由により停電し、飼い主さんはそれに気が付かず、ペットが熱中症になってしまったケースがあるのです。なのでクーラーをつけておくこと以外にも、しっかりと対策をしなければいけません。

水分補給の環境をしっかりと整えよう!

夏場は適度な水分補給をすることが大切です。停電になるような状況下では、事前に水をしっかり確保しておく必要もあるでしょう。お留守番の時は新鮮な飲み水を多めに用意し、数カ所に点在させてあげると、犬もこまめに水分補給をすることができます。

  

冷却グッズ

停電をし、クーラーが止まってしまうと室温はどんどん高くなってしまいます。持続性のある冷却グッズなどを事前に準備しておくことによって、飼い主さんが帰ってくるまでの間、暑さをしのぐことができるかもしれません。

クールマットを準備し、凍らせたペットボトルなどをタオルに巻いて置いておくといいでしょう。

  

オアシス、冷房ペットハウス

クーラーが使えない、もしくは使うほどの気温ではない初夏の夜間などに、オアシス冷房ハウスはとてもおすすめです。夏は冷房として使用できますが、冬は冷気を逃さない特性を生かし暖房代わりにすることができます。お掃除もとても楽なので、犬にも人にも嬉しい商品です。

お留守番の際、万が一停電になりクーラーが使えなくなってしまっても、このハウスに入ればかなりの時間、涼しく過ごせる設計で作られています。


お値段は3万円と、安いと言える金額ではありません。しかし夏冬ともにワンちゃんの健康の味方になってくれ、お掃除も手軽であることを考えると十分よい買い物になると思います。

扇風機で空気を循環させよう

クーラーを使っている時も同じことを言えますが、締め切られた環境だと室内であっても気温にムラがでてきてしまいます。扇風機などを使って空気を循環させると、電気代の節約にもなり、たとえクーラーが停止しても、犬が体感として暑さを感じることを遅らせることができます。

お留守番の時のケージに直接向けるのではなく、循環させることをイメージして配置しましょう。

 

お留守番を見守るカメラ

最近ではスマートフォンのアプリなどと連携し、お留守番中のワンちゃんの様子を確認できるカメラが発売されています。中にはおやつをあげたり、スマートフォンを通して呼びかけることが可能な商品もあります。

高齢な犬の体調や夏場のお留守番でトラブルはないかなど、確認できると心強く、何かあった時はすぐに気がつき対応することができます。

こちらの商品も価格や機能はメーカーによって異なるので、お留守番をさせる機会の多い方はぜひこの際に購入を検討してみてください。

 

夏の暑さは甘く見ず、万全の準備を!

体温調整が苦手な犬のために対策をしてあげられるのは飼い主さんしかいません。クーラーはその対策のメインになり得ますが、「もしも停電になったら……」「もしお留守番中に具合が悪くなったら……」など、一歩先読みした対策もできるとよいですね。

ラブラドールレトリーバー

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10