扇風機の風は犬の暑さ対策に意味ない? 熱中症予防にもなる効果的な使い方を紹介

夏の暑さ対策・熱中症予防というと扇風機を思い浮かべる方も多いでしょう。人は扇風機の風に当たると涼しく感じますが、犬にはあまり意味がないと言われています。その理由や、扇風機の効果的な使い方について解説します。

犬は扇風機を涼しく感じない体のつくり

撫でてもらって気持ち良さそうなコーギー

人間が扇風機の風に当たると涼しく感じるのは、全身に汗をかくからです。その汗が扇風機の風によって気化することで熱を奪われ、涼しく感じます。しかし、犬には汗をかくための汗腺がほとんどありません。犬の汗腺は肉球と鼻にわずかに存在するだけで、その汗腺も体温を調節するためではなく、匂い付けの役割が大きいと言われています。

犬が体温を調節する方法は、主にパンティング(舌を出しハッハッと呼吸すること)です。パンティングをすることによって体内の熱を放出し、体温を調節しています。体に汗をかかない犬は気化熱によって体を冷やすことができないため、扇風機の風に当たっても涼しく感じにくいのです。


犬は熱中症になりやすい

犬が暑いと感じる温度は22℃以上といわれています。多少パンティングをしたからといってすぐに熱中症というわけではありませんが、気温が高くなってきた際には注意が必要です。

また日本の夏は湿度が高いのが特徴ですが、湿度が60%を超えると気温がそんなに高くなくても熱中症のリスクが上がります。何も暑さ対策をせず、犬を夏に室内に閉じ込めておくことは大変危険な行為です。室内に閉じ込めておくという環境でなくても、気温が高い中で散歩に行けば犬は簡単に熱中症に陥り、最悪の場合は命を落とすこともあります。犬と暮らす際には暑さ対策が絶対に必要です。

扇風機のおすすめの使い方

扇風機

犬の祖先はオオカミもしくはオオカミの亜種と考えられています。犬の祖先たちはもともと寒い地方に暮らしていたため、寒さには強い反面、暑さには強くないのです。

人間と暮らすようになり世界中の至る所に犬が生息するようになったことで、被毛の量や質の違いなどそれぞれの地域に合わせた特性を持つようになった犬もいますが、基本的に暑さに弱いという点は同じです。


室内では扇風機とクーラーを併用

扇風機だけでは熱中症予防としての効果はほぼありませんが、犬が涼しく過ごすための補助として使うにはおすすめのアイテムです。

クーラーを使用している室内で、クーラーの冷気を室内に行き渡せるように扇風機を使うことにより、効率的にまんべんなく室内を冷やすことができます。


屋外では扇風機と霧吹きを併用

人の場合も、汗をかいたときに扇風機の風に当たると涼しいと感じますが、霧吹きなどを使って犬の皮膚を濡らすと、犬も同じように涼しく感じることができます。

それは、皮膚にかけた水が扇風機の風によって蒸発する際に発生する気化熱が、身体の熱を奪うためです。しかし、クーラーの効いた部屋でやると、身体を冷やし過ぎてしまう恐れがあります。室内で扇風機を使用する場合は、クーラーとの併用を基本とし、クーラーが何かしらの理由で使用できない場合には試してみると良いでしょう。

また、持ち運びできるサイズのミスト付き扇風機が販売されているので、夏のお出かけの際には活用してみると良いかもしれません。もちろん、暑い時間帯のお散歩やお出かけは極力避けましょう。


犬は扇風機が好き?

柴犬と扇風機

扇風機が好き、扇風機を全く気にしないという犬もいますが、音や風を発する扇風機を怖いと感じる犬もいます。


犬にとって扇風機は怖いもの

初めて扇風機を見る犬にとって、その形状も風や音を発することも不思議で怖いと感じることもあるようです。特に小型犬にとっては自分よりはるかに大きな物体ですので怖いと感じるのも納得です。

怖がる犬には無理に近づけようとせず、まずは犬の目には入るが離れた場所に置いてあげて慣れるのを待ちましょう。


犬が扇風機に吠える

扇風機が苦手な犬は、扇風機が動いていることに恐怖を感じたり、嫌だなと思うことがあったりして吠えてしまうこともあるかもしれません。

犬は順応力に優れているため、少しずつ慣らしていけば人間生活で使う多くのものに慣れてくれます。


犬が扇風機を壊す

犬はしつけで「いたずらをしてはいけない」「壊してはいけない」ということを覚えることはできますが、2歳以下の幼い犬は歯が痒かったり遊んでるつもりでかじってしまいモノを壊してしまうこともあります。

成犬でも、扇風機は常に犬の生活空間にあるものではなく夏場になると登場するものなので、新しいおもちゃだと思って遊んでいるうちに壊してしまうかもしれません。

欠けた部品を誤飲してしまったり、口腔内を傷つけてしまわないためにもしっかりしつけをしてあげましょう。


犬がいる空間で扇風機を使うときの注意点

扇風機

扇風機は犬との生活において必ずしも必要なものではありませんが、クーラーを効率的に使用するために役に立つ道具でもあります。しかし注意して使わないと思わぬ事故を招いてしまいます。

飼い主がいるときだけ使う

扇風機を使用する際は、飼い主が見守ることができる環境で使用することをおすすめします。特に扇風機に犬が慣れていないときには、回っている羽を触ろうとして怪我をしてしまうかもしれません。飼い主が見ているところだけで使用するようにしましょう。

羽に触れられないようにカバーを使うのも効果的です。

倒されないように固定する

扇風機の中にはかなり大きなものもあり、小型犬などであれば扇風機が倒れてきたことによって怪我をするリスクもあります。犬が扇風機にちょっかいを出したり、ぶつかったりして倒れないように、柱などにつないで固定しておくと良いでしょう。

コードをかじられないようにする

「コードをかじってはいけない」と理解できる犬は多くありません。特に幼い犬はコードをかじることが大好きな場合が多いです。コードをかじられると扇風機が壊れるということ以上に、犬が感電してしまったり火災の原因になったりする危険があります。コードカバーをつけるなどしてコードをかじられない対策をとりましょう。


羽のない扇風機を使う

最近ではタワー型など羽がない扇風機も出ていますので、それらを選ぶのも良いでしょう。

ダイソン 空気清浄機能付 タワーファン dyson Pure Cool Link TP03WS
空気清浄機能付タワーファン
Amazonで見る

まとめ

熱くてぐったりする犬
犬は扇風機の風を涼しく感じない体のつくり
暑さ対策にはエアコンと併用すると効果的
犬が扇風機を怖がる場合、離れた場所に置くことからスタートしましょう
扇風機が倒れて犬が怪我をしないようしっかり固定しましょう
暑さが苦手な犬が何の暑さ対策もなしに夏を過ごすことは、命の危険をはらんでいます。犬は熱中症になりやすい動物なので、エアコンと扇風機を併用して愛犬が元気に夏を乗り切れるようサポートしましょう。