メインクーンの飼い方|世界で1番大きい猫って本当? 性格や特徴について紹介

メインクーンは猫の中でも大型猫に分類されており、「巨大なイエネコ」としてギネスに認定される子もいます。起源についてはいまだに詳しくは分かっておらず、アライグマと習性や模様などが似ていることから「アライグマと猫の混合種なのでは?」という説もあります。今回は謎に満ちた、神秘的な猫「メインクーン」の歴史や特徴について紹介します。

なお、本稿は以下を参照して執筆しています。

基礎知識

メインクーンの原産地であるアメリカのメイン州は英語で「Maine」と表記します。メインクーンに似ているといわれるアライグマは、英語で「Raccoon」と表記します。その二つの単語にちなんで名付けられたのがメインクーンで、英語では「Maine Coon」と表記します。

歴史

メインクーンはアメリカ・メイン州原産の猫で、公式にメイン州のシンボルになっています。メインクーンは原産地は分かっているものの、起源について詳しくは解明されていません。そのため「メインクーンはイエネコとアライグマの混合種ではないのか?」「フランス革命の勃発後、マリー・アントワネットがフランスから逃亡する際に、メイン州に逃した6匹の飼い猫がメインクーンの先祖なのではないか?」などなど、さまざまな説が存在します。

中でも一番有力なのは、「ある水夫がニューイングランド地方に連れきた長毛の猫と、元々ニューイングランド地方に住んでいた短毛の猫が交配し誕生したのでは」というものです。メインクーンについて記されている最古の書物は1861年のもので、ペットとして飼われていたことが記されています。

性格

人が大好きな性格をしていますが人にべったりと付き添う訳ではなく、ほど良い距離感を取ることを好みます。ほとんどのメインクーンは抱っこされることはあまり好みませんが、飼い主さんの側に居ようとできるだけ近くに座ってくれたり、飼い主さんが出掛けると玄関で待ってくれていたりします。寛容な性格をしているため、小さな子どもや他の犬猫とも仲良くする事が出来ます。

特徴

北アメリカの厳しい冬の寒さを耐え抜く、ふわふわな毛並みが特徴です。メインクーンは別名「穏やかな巨人」といわれていて、身長・体重の世界記録を更新した個体もいます。一般的な猫が体長60cm前後なのに対して、メインクーンは体長100cmほどあります。大型猫ならではの迫力もメインクーンの魅力の一つといるでしょう。

メインクーン? メークイン?

メインクーンに似た言葉で、じゃがいもの品種「メークイン」があります。名前がとても似ているので、「あれ? 猫がメークイン? じゃがいもがメインクーンだっけ?」と混乱してしまうかもしれません。猫好きなのに間違えてしまうと、少し恥ずかしいので気を付けましょう。

メインクーンとメークイン
メインクーン(左)とメークイン

メインクーンとラグドールの違いは?
メインクーンとラグドールは目の色や毛色で見分けることができます。メインクーンの目の色はブルー、グリーン、ゴールド、カッパーとバリエーションが豊富なのに対して、ラグドールの目の色はサファイアブルーの一色です。また、メインクーンの毛色や模様はホワイトやブラックと30種類以上あるのに対して、ラグドールの模様は「ポイント」「バイ」「ミテッド」のどれかです。いずれの模様も顔の中心部分と周りの色は異なった色をしてます。そのため、他の猫種と見分けることは比較的簡単です。

Image uploaded from iOS (34)
メインクーン(左)、ラグドール

メインクーンとノルウェージャンフォレストキャットの違いは?
見分けるポイントは鼻です。基本的にメインクーンは曲がった鼻筋をしているのに対して、ノルウェージャンフォレストキャットは真っ直ぐな鼻をしています。ただし中には鼻筋が真っ直ぐなメインクーンもいれば、曲がっているノルウェージャンフォレストキャットもいます。メインクーンとノルウェージャンフォレストキャットをひと目で見分けるのは極めて難しいです。

メインクーンのような鼻筋をしたノルウェージャンフォレストキャット
メインクーンのような鼻筋をしたノルウェージャンフォレストキャット

平均寿命や体重

メインクーンの平均寿命は13歳〜15歳といわれおり、一般的な猫の平均寿命が15歳前後なので平均的です。平均体重はメスが4kg〜5.5kg、オスが6kg〜8kgです。

価格や相場

どこから迎えるかによりますが、平均価格は20万円前後です。

メインクーンの毛色はバリエーションが豊富

メインクーンの毛並みはアメリカンショートヘアのようなシルバータビーからロシアンブルーのようなブルーまでさまざまです。

メインクーンのかかりやすい病気

メインクーンは肥大性心筋症、多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)にかかりやすいといわれています。

  • 肥大性心筋症
  • 心臓の筋肉が厚くなってしまう病気です。進行すると、歩き方がおかしくなったり、呼吸を苦しそうにしたりします。

  • 多発性嚢胞腎
  • 両方の腎臓の中に水のたまった袋の嚢胞(のうほう)が出来てしまい、腎臓の働きを弱めてしまう病気です。ペルシャ猫やペルシャ猫と血縁関係のある猫に多くみられる病気ですが、メインクーンも発症しやすい病気です。

いずれの病気も完治は難しいものの、早期に発見することで症状を和らげることができます。猫は病気を隠す習性があり、飼い主が気付いた時には手遅れだったというケースが少なくありません。定期健診は怠らないようにしてください。

メインクーンの飼い主さんのブログや動画

  • オスカー様としもべたち
  • スクリーンショット 2017-10-09 16.08.20
    オスカー様の優雅な日常がつづられています。オスカー様、本当にイケメンです。

  • メインクーンの動画

  • 動画で見ると、改めてメインクーンの貫禄が伝わります。大型猫って素敵ですよね。

メインクーンの飼い方

メインクーンの飼い方はさまざまです。猫を家に迎える際は参考にしてみてくださいね。

保護猫の里親になる

保護され新しいおうちを探しているメインクーンもいます。血統書を持っている猫は犬以上に少ないですが、雑種の中にはメインクーンの特徴を持った子もいます。保護猫と飼いたい人のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)にも募集している子がいるかもしれませんので、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーから迎えるという方法もあります。実際にブリーダーの元へ見学に行くことで、育った環境を実際に知ることができます。また、育てる上でのアドバイスを聞くこともできます。ブリーダーさんから探してみると見つかるかもしれません。

ペットショップから迎える

ペットショップでは血統書付きのメインクーンを見つけることができます。

メインクーンを家に迎えること

メインクーンは長毛の猫なのでお手入れをしてあげないと絡まってしまったり、毛玉を作ってしまったりする原因となってしまいます。メインクーンを家に迎えた際はグルーミングやシャンプーなどを定期的に行うことで、メインクーンが快適に過ごせるようにしてあげましょう。

OMUSUBIなら子猫から成猫まで探せます!

スクリーンショット 2017-09-22 19.10.17

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護猫の里親さんを募集しています。生後数カ月から成猫まで、幅広い猫種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

Instagramのフォロワーさん募集中です!

スクリーンショット 2017-11-05 13.24.11
Instagramのハッシュタグで「#ペトこと猫部」とつけて投稿していただくと、実際にペトことの記事内や @petokotocats で紹介させていただくことがあります! たくさんの投稿お待ちしております!

関連記事

第2稿:2017年9月26日 公開
初稿:2016年11月6日 公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10