田代島で見た猫のボランティア診療 ドイツの獣医師が猫島に通う理由とは

宮城県の沖合に浮かぶ人口50人ほどの小さな島「田代島」。実はこの島、人より猫のほうが多い日本有数の「猫島」として知られています。そして、そんな猫好きが集まる島にドイツから定期的に来日し、猫の診療をしている獣医師がいます。「なぜドイツの獣医師がはるばる田代島に?」「猫の診療って何をしているの?」……気になることばかり。今回、その診療に同行取材しました。

そこで見えてきたのは、かわいい猫たちと島の人たちが仲良く暮らす楽園。ではなく、過酷な環境を生きる島猫たちの生と死。安楽死や不妊去勢の問題など、人と猫のシビアな関係の上で成り立っている猫島の姿でした。

東日本の猫島といえば「田代島」

田代島は宮城県石巻市に属し、石巻市街からフェリーで40〜50分ほどの場所にある小さな島です。石巻駅からは15キロほど離れていますが、対岸の牡鹿半島からは数キロの距離にあります。

産業は漁業が中心で、人口は50人ほど。1989年に小学校が廃校し、高齢化が進む一方ですが、近年は「猫島」や「マンガアイランド」(※)として知られるようになり、豊富な海の幸や猫の魅力に惹かれて島に移住して来る若い世代もいます。外国からの観光客もかなり増えたそうです。

※漫画家のちばてつや先生、里中満智子先生、志賀公江先生、木村直己先生、御茶漬海苔先生が猫をモチーフにデザインしたロッジやテントサイトがある宿泊施設「マンガアイランド」に由来します。なお、改修のため2017年6月27日から予約受付を休止しています。

マンガアイランドにいたふさふさの猫
マンガアイランドには、ふっさふさの猫がいました(2015年撮影)

田代島が猫島になった理由

田代島にいる猫は120〜150匹ほど。正確な数は分かりませんが、確かなことは、人の数より猫の数のほうが多いということです。猫が増えた理由を知るためには江戸時代までさかのぼる必要があります。当時の田代島では養蚕(ようさん)業が盛んに行われていました。カイコの天敵はネズミ。そのネズミを獲るために猫が重宝されたのが猫島としての始まりだと言われています。

猫のたまり場「阿部ツ商店」
猫のたまり場「阿部ツ商店」。お店はおばあちゃんの気分で開店するようです

そして明治以降に漁業が盛んになると、猫が大漁を招く縁起の良い存在として扱われるようになり、「猫神様」として猫神社で奉られるようになりました。その後は知る人ぞ知る猫島でしたが、島民がブログで「たれ耳ジャック」という猫を紹介するとインターネットやテレビで話題となり、全国的に知られるようになるのです。

田代島の猫神社
猫神社(港から距離があり、実は名前ほど猫がいません)

田代島への行き方(交通アクセス)

東京から石巻までは新幹線と高速バス(もしくは在来線)で3時間ほど。都内から石巻まで昼夜の高速バスも出ています。石巻駅から、フェリーが出る網地島(あじしま)ラインの発着所まではタクシーで10分ほどです。

網地島ラインの石巻発着所と「石巻」の地名の由来となった伝承が残る「鹿島御児(みこ)神社」
左下が網地島ラインの石巻発着所。右上が「石巻」の地名の由来となった伝承が残る「鹿島御児(みこ)神社」。震災の際に多くの市民がこの山に登り、難を逃れました(2015年撮影)

「猫の医療チーム」誕生

6月某日、始発のフェリーを待つ石巻の発着所で、筆者はドイツから来日している獣医のクレス聖美先生と合流しました。午前9時に出発した高速船は、45分ほどで田代島の仁斗田(にとだ)港に到着。田代島も東日本大震災の被災地で、現在は復興がほぼ終わっていますが、港はいまだ改修工事が続いています。

仁斗田港に巨大な防潮堤が出現
巨大な防潮堤が出現し、「海が見えなくなった」と島の方も困惑気味

着岸直前のフェリーから見えたのは、猫……ではなく港の整備のために運ばれてきたコンクリートミキサー車の大行列。8台ほどでしょうか。普段は軽自動車くらいしか見ないこの島では異様な光景です。

田代島にコンクリートミキサー車が出現

筆者は「島の猫が交通事故に遭うことはないだろう」と思っていたのですが、人に慣れてしまった島猫たちは道路のど真ん中で寝っ転がり「そっちがどけば?」と車が来ても知らんぷり。都会とは違った事情でひかれてしまう猫も珍しくないようです。

道路を占拠する田代島の猫たち
道路に猫の字で横になっています

田代島では人が車から降りて猫様に移動をお願いします
車から降りて猫様に移動をお願いすることもしばしば

先生はほとんどの猫と顔見知り

フェリーを降りると、島民の方に借りた車で移動を始めます。クレス先生はすぐ2カ月ぶりに再会する猫たちを見つけて、「ハチだわ!」「あら、あそこにスリちゃんがいる」「いや、スリちゃんもどきかしら?」とその名前を呼んでいきます。ちなみに、クレス先生は日本人で、北海道大学獣医学部を卒業後に単身ドイツに渡り、ドイツ人獣医師と結婚。現在はフランクフルト市の近郊ダルムシュタット市の動物病院で副院長をされています。

猫にサンドイッチをねだられるクレス聖美先生
クレス聖美先生

先生が田代島に通うようになったのは東日本大震災のときからなので、もう6年になります。2カ月ごとに訪れているため、島にいるほとんどの猫は顔見知り。親子関係から兄弟ゲンカ(縄張り争い)の歴史まで、島猫のことは何でも知っていると言っても過言ではありません。そして島の人たちも先生を見つけると、「あの子の調子が悪いみたいなんで診てやってください」と声を掛けて来ます。

猫島に魅了されたカメラマン

さて紹介が遅れてしまいましたが、実はクレス先生が田代島で活動する上で欠かせない方がいます。それは、カメラマンの田中良直さんです。田中さんが初めて田代島に訪れたのは10年ほど前。それからずっと田代島の猫たちを撮り続け、2010年には写真集『田代島猫景色』を出版されています。そして2011年、東日本大震災が起きたことをドイツで知ったクレス先生は、猫好きとして以前から気になっていた田代島で「獣医として何かできることはないか」と考え、田中さんに連絡をとったのです。

そのとき田代島では、漁業を復興させようと有志が集まり募金活動「田代島にゃんこ・ザ・プロジェクト」を始めていました。田中さんがプロジェクトのメンバーにクレス先生のことを伝えると、集まったお金の一部を猫の治療に役立ててもらおうとなり、医療チームが発足。クレス先生が島を訪れたのは、連絡をしてからわずか3カ月後のことでした。それ以来、クレス先生と田中さんは猫の医療チームとして行動を共にしています。

※クレス先生たちはボランティアで診療されています。診療費は無料で、診療で使う薬品の一部だけ「田代島にゃんこ・ザ・プロジェクト」が負担しています。交通費や宿泊費は先生たちの自己負担です。当たり前ですが今回の取材費も自己負担です。

田中良直さんとクレス聖美先生
田中良直さん(左)とクレス聖美先生

猫島で試される獣医の技量とは

この記事を飼い主仲間に
シェアしよう!

back 1 2 3next

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10