野良猫に餌をあげるのは違法? 法律や飼い方、地域猫活動を解説

街で見かけるかわいい野良猫たち。猫好きとしては触ったり、餌をあげたりしたくなりますよね。でも何となく、「野良猫への餌やりはいけないこと」と思っている方も少なくないと思います。野良猫に餌をあげることは違法だったり、違法でなくても良くないことだったりするのでしょうか? 今回は、日本の法律における野良猫の考え方や、野良猫との正しい接し方について解説します。

「野良猫」って何?

野良猫は、一般的には「飼い主のいない猫」と認識されていると思います。しかし実態としては、特定の家を寝床にして自由気ままに出入りしたり、飲食店など特定の人から日常的に餌をもらったりして生活している「明確な飼い主のいない猫」というケースが多いと思います。

最近では地域住民と行政、ボランティが一体となって餌やり、糞の片付けなどを行う「地域猫活動」と呼ばれる活動も行われるようになってきました。こういった猫たちは「野良猫」ではなく「地域猫」と呼ばれています(※)。日本の猫は、一言で「猫」と言っても、どこに住んでいるか、誰が飼っているか、もしくは誰が管理しているかで呼び方がいろいろ変わります。

※本来の「地域猫活動」とは異なる活動でも、「地域の野良猫に関する活動」として使われる場合があります。また、地域によって野良猫に関する活動を「まちねこ活動」や「あすなろ猫事業」と呼んでいる場合もあります。

道路に横たわる猫

「野良犬」は存在してはいけない?

一方で「野良犬」はどうでしょうか。香川県や茨城県、広島県、沖縄県など(※)現在も野良犬(野犬)が社会問題になっている地域もあるのですが、都市部の方は、野良犬と言ってもペットが脱走した迷い犬を見るくらいしか見る機会が無くなったと思います。これは「狂犬病予防法」によって、野良犬は存在してはいけないことになっているからです。

※所有者不明の犬の引き取り数が多い県(平成27年度・環境省)

予防員は、第四条に規定する登録を受けず、若しくは鑑札を着けず、又は第五条に規定する予防注射を受けず、若しくは注射済票を着けていない犬があると認めたときは、これを抑留しなければならない。

狂犬病予防法」第六条第一項

ただし狂犬病になるのは犬に限った話ではなく、人が感染するのと同じように、猫や牛、馬などが狂犬病になる可能性もあります。実際、狂犬病予防法にひも付く「犬等の輸出入検疫規則」では、犬だけでなく猫、アライグマ、キツネ、スカンクが輸出入検疫の対象になっています。

もっとも狂犬病予防法による犬以外の捕獲は狂犬病発生時となっていますので、野良猫が同法によって捕獲されることは通常ありません。また野良猫に見えても本当に飼い主がいないのか分かりませんので、保健所などの行政が駆除・殺処分を目的として捕獲することもありません。これは後述する「動物愛護管理法」が関係しているのですが、野良猫は野良犬と違って存在していても法的には問題ないことになっています。

「ペットの猫」と「野良猫」の違い

話を猫に戻して、「ペットの猫」と「野良猫」の違いについて考えてみましょう。

カメラを見る猫

「誰でも飼える猫」と「飼うのに許可がいる猫」の違い

アニメ『けものフレンズ』でもおなじみの「サーバルキャット」や「カラカル」といった動物園で見るような大型の猫科動物は、日本では動物愛護管理法にひも付く「特定動物の飼養又は保管の方法の細目」という環境省の告示で「特定動物」として指定されています。現実的かどうかは別として、特定動物は飼育環境(飼育や保管が困難になった場合の措置も含む)が整って許可をもらうことができれば、チーターでもペットとして飼うことが可能です。

人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれがある動物として政令で定める動物(以下「特定動物」という。)の飼養又は保管を行おうとする者は、環境省令で定めるところにより、特定動物の種類ごとに、特定動物の飼養又は保管のための施設の所在地を管轄する都道府県知事の許可を受けなければならない。

動物愛護管理法」第二十六条第一項

一方、アメリカンショートヘアロシアンブルーマンチカンなど、「イエネコ」と呼ばれる一般的な猫は、基本的にはお金さえあれば誰でもペットとして飼えてしまいます。もちろん飼育環境の基準がありますので、どんな飼い方をしてもいいというわけではありませんが(ネグレクトを含む犬猫の虐待・遺棄は犯罪です)、特定動物のように許可が必要となることはありませんし、届け出をする必要もありません。ただ条例で犬猫あわせて10匹以上の多頭飼育をしている方に、届け出を義務付けている自治体もあります。

なお犬は狂犬病予防法によって、数に関係なく「届け出を行うこと」「鑑札を付けること」が義務になっています。

犬の所有者は、犬を取得した日(生後九十日以内の犬を取得した場合にあつては、生後九十日を経過した日)から三十日以内に、厚生労働省令の定めるところにより、その犬の所在地を管轄する市町村長(特別区にあつては、区長。以下同じ。)に犬の登録を申請しなければならない。

狂犬病予防法」第四条第一項

野良猫の寿命はとても短い

近年、猫は屋内飼育が当たり前になっていますが、法律上は努力義務となっているため徹底されておらず、街で見た首輪をしていない猫が野良猫なのか、ペットとして飼われている猫が外を歩いているだけなのかは、見た目ではわかりません。そうなると屋内飼育されているペットと野良猫に飼い主がいるかいないか以外の違いは無さそうですが、他に明確に違うのが「寿命」です。

ペットの猫は平均寿命が15歳ほどと言われています。最近では獣医学の進歩で猫も高齢化が進んでおり、20歳を超えても元気な猫は少なくありません。一方、野良猫も地域猫活動の浸透もあり平均寿命が伸びているとは言われていますが、ペットの半分以下で4年から5年ほどと考えられています。死因は交通事故が最も多く、病気や飢えで死ぬこともあります。皆さんの中には「家を出入りしていた猫が急に来なくなった」「死期を悟ったように出て行き、帰ってこなかった」という話を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、急にいなくなった場合はだいたい交通事故で死んでいます。人間社会は、猫が生きるにはとても厳しい環境なのです。

野良猫の食べ物

野良猫は普段どんなものを食べているのでしょうか。猫は肉食動物ですから、屋外ではネズミやスズメを捕まえて食べていたはずです。しかし、現在では人から食べ物をもらったり、ゴミを漁ったりして容易に餌にありつけるようになったため、獲物を捕まえて食べることは少なくなったようです。

魚をくわえる猫
猫島として知られる田代島(宮城県石巻市)で見た、お魚くわえた野良猫。民宿の方が早朝に釣った魚を猫たちに配り、猫たちは生の魚をバリバリ食べていました

「捨て猫・迷い猫」と「野良猫」の違い

野良猫というのは、どのような経緯で野良猫になったのでしょうか。考えられる経緯は主に三つです。

  1. 野良猫の子どもとして生まれた、生まれながらの野良猫
  2. ペットが捨てられた捨て猫からの野良猫(犬猫の遺棄は犯罪です)
  3. 家から脱走した迷い猫からの野良猫

屋内飼育されていた捨て猫と迷い猫は、屋外の環境で生活する方法を知らずに育っていますので餌の見つけ方も分からず、生きていくのは簡単なことではありません。そのため野良猫は生まれながらに野良猫であるパターンがもっとも多いと言えます。

なお、猫の行動範囲は意外と狭く、数十メートルから数百メートルほどと言われていますので、もし脱走してしまった場合は慌てず家の周りを探してみてください。直後であれば近くにいる可能性が非常に高いです。

動物愛護管理法における「餌やり」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

back 1 2 3next

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10