犬の涙やけ|原因・治療法・自宅での予防ケア方法などを獣医師が解説

Share!

涙があふれ出る病気「流涙症(りゅうるいしょう)」などが原因で、涙が目頭から鼻の横にかけた被毛にこびりつき、被毛が着色・変色した状態を「涙やけ」といいます。涙やけは、その状態になった原因により、治療や予防の方法が異なります。今回は犬の涙やけの原因、治療、自宅でのケア方法や予防方法などについて、野坂獣医科院長の野坂が解説します。

病態 涙やけ
症状 目の周りが赤や茶色っぽい色に変色、重度の場合は炎症を引き起こす
原因 涙の異常産生など
危険度 低め。命にかかわる病気ではありません。


犬の涙やけの原因

涙やけのある犬

先天性の場合

先天性の場合、主な原因は涙液の排出路異常です。

生まれつき涙嚢(るいのう:涙道の一部)や鼻涙管が、涙液排出を上手くできない構造だったり、涙点や涙管、外鼻孔が生まれつき小さかったり、閉塞していたりしていることもあります。

また、目の周りの発毛過剰が原因で、毛が眼球を刺激し、涙液が多く出たり、涙液が毛を伝って皮膚に流れたりすることで涙やけを起こすこともあります。

後天性の場合

後天性の場合、涙液排出路が外傷や異物、腫瘍などによる閉塞や、アレルギー性疾患などによる「結膜炎」や「眼瞼炎」「角膜疾患」「ぶどう膜炎」「緑内障」などの眼疾患が原因となることもあります。

犬の涙やけの治療法

走る犬

治療法は原因によって異なってきます。なかには、内科的治療の他に外科的治療も選択肢とする場合もあります。

先天性の場合

定期的な治療を継続し、涙やけの改善に努めます。

涙があふれる眼疾患が原因の場合

その病気の治療を行い、鼻涙管が詰まっている場合は、洗浄し、詰まりを取り除きます

毛が原因

トリミングなどで、毛を短くカットすることが有効です。

アレルギー性疾患の場合

フードや環境などによるアレルギー性疾患の場合、フードの見直しや環境の整理、内科的治療で効果がみられることもあります。

自宅での予防ケア方法

犬アップ

まずは原因を調べる

自宅でのケアの基本は、流涙症の原因を調べることから始まります。原因によって、ケアの方法が異なるためです。まずは、動物病院で獣医師に診察してもらい、原因を調べてもらいましょう。

変色した毛の部分を綺麗にしたい場合

涙やけ専用ローションで優しく拭き取りましょう。根本的な原因解決にはなりませんが、一時的な緩和が見込めます。

悪化する可能性もあるので、ゴシゴシと擦らず、涙やけ専用ローションで優しくケアすることをおすすめします。

ただし、涙やけ専用ローションを使用する前に、拭き取る部位に怪我や傷がないことを確認する必要があります。いずれにせよ、獣医師と相談してから、自宅でのケアを行うことをお勧めいたします。

ホウ酸を利用したクリーナーの作り方

見上げる犬

注意事項

  • 目の周りに傷がある場合は使用しないようにしましょう
  • 誤った方法で作ったり、使用したりすると、かえって愛犬を傷つける可能性があります
  • 獣医師に原因を調べてもらい、クリーナーの使用可否を確認してから利用してください

用意するもの

ホウ酸 3g
精製水 150ml
ボトル 容量150ml以上のもの1本

手順

  1. 精製水を150mlをレンジで60℃に温める
  2. 煮沸消毒したボトルに精製水を入れて、ホウ酸3g(1包)を溶かす
  3. 液体を冷ます

One Point ホウ酸の濃度は2%以下にしないといけないため、水150mlにホウ酸3gが適量です。作った「ホウ酸水」は冷蔵庫に保管し、2週間以内に使いましょう。

ホウ酸水ができたら、コットンに湿らせて、涙やけの部分や目の周りを優しく拭き取ってあげてください。その際に目の中にホウ酸水が入らないよう注意しましょう。

犬の涙やけの予防法

笑顔の犬

日頃から「目やにが出ていないか」「涙が多くないか」「眼の表面や白目の色、まばたきの回数」などを観察し、気になることがあればすぐに動物病院で獣医師に相談しましょう。

目の周りの毛が原因であれば、トリミングなどで毛を短くカットすることも予防となります。

また、動物病院で定期的に健康診断を行うことで「アレルギー性疾患」「眼疾患」や「鼻涙管の異常」などを早期発見し、治療を開始することができます。


まとめ

仰向けの犬
涙やけの原因は先天性・後天性のものなどさまざまです
涙やけケアを行う際は、必ず獣医師に原因を確認してもらいましょう
ケアをする場合はゴシゴシと擦らず、優しく拭き取りましょう
日頃から愛犬の目を観察し、気になることがあれば動物病院へ連れて行きましょう
涙やけの原因はさまざまで、それらの原因によって治療や予防の方法が異なります。

つまり、動物病院に行かずに涙やけ用クリーナーだけで治るわけではありません。愛犬をよく観察し、眼だけでなく、そのほかにも気になることがあれば、動物病院の獣医師に相談してみましょう。

参考文献


涙やけ