犬が唸る理由とは? しつけや対処方法についてトレーナーが解説

犬が唸る理由とは? しつけや対処方法についてトレーナーが解説

犬が唸っているのと見ると、怖いと感じる人も多いと思います。犬が唸っているのは、「怒っているから」だけではなく、嬉しい時や体調が良くない時など、さまざまな理由があります。今回は、犬が唸る理由やしつけ方法について、ドッグトレーナーの西岡が解説します。

犬が唸る理由

怒っている犬

犬が唸ることにもさまざまな理由があります。一般的には威嚇行動として知られていますが、どんな時に唸るのでしょうか。

怖い時や警戒している時

犬が唸る時は警戒している時が多く、「こっちに来るな! それ以上近づくなら噛むぞ」と訴えています。身の危険を感じて唸っている場合は、いつ攻撃行動に出るかわかりませんので、唸っている対象から離れましょう。

自分のものを取られると思った時

犬が食べているごはんに手を伸ばした時や、くわえて離さないおもちゃに手を伸ばした時にも唸ることがあります。人が手を出してもごはんを取らないことを教えてあげる必要があります。おもちゃの場合は、「離せ」や「ちょうだい」などのコマンドを教えてあげることが大切です。

興奮している時

ロープなどのおもちゃで遊んでいたのに、だんだん唸るようになってきた、ということありませんか? 遊んでいるうちに、だんだん本気になり唸ることがあります。この場合、一度遊ぶのをやめて落ち着かせたり、「離せ」や「ちょうだい」のコマンドで遊びを一度リセットさせることも必要です。

痛い時

知らず知らずのうちに、ケガや病気をしている場合にも唸ることがあります。元気がない、触ろうとすると唸る場合には、一度病院で検査してもらったほうがいいでしょう。

嫌だと思っている時

犬によっては人に触られるのが嫌いな子、抱っこされるのが嫌いな子などいます。嫌なことをされると思った時に、「嫌だ」と唸ることがあります。愛犬の様子をよく観察して、必要があれば触られることに慣れさせれあげましょう。

嬉しい時

撫でてあげているのに唸る時など、嬉しくて気持ちが声に出てしまう時があります。この場合は、鼻にしわがよっていなかったり、攻撃性が感じられなかったりします。ただ「ウーウー」と声が出てしまうと子もいます。

唸りやすい犬種

怒る黒柴

どの犬種であっても、身の危険を感じたり、怖いと感じたりする場合には唸ります。それ以外の唸りは個体差がありますが、柴犬テリアダックスフンドなどの猟犬、コーギーなどの牧畜犬などは執着心が強いので、おもちゃなど取られそうになると唸ることが多いです。


しつけが必要な唸りとしつけ方法

怒るトイプードル

まずは、「どんな時に・何に対して唸っているのか」をよく観察して理解しましょう。しつけをする時は、決して唸っていることに対して叱ってはいけません。犬にとって大事な、一つの感情表現だということを飼い主さんがきちんと理解して、適切なしつけをすることが大切です。

怖いから唸る

「知らない人が近付いて来る」、「初めて見るもの」などに対して唸る場合は恐怖心からくる唸りです。怖いから唸ってみたけど状況が変わらない、または悪化する場合には「唸る」という牽制から噛むなどの攻撃行動に出る犬や、自分自身が逃げる犬もいます。

恐怖から来る唸りは防衛本能ですので当然の行動ですが、日常のさまざまなものに過剰に反応してしまうようならしつけが必要です。それには、子犬の頃の適切な時期に社会化トレーニングが最も有効です。

しかし保護犬など事情があって社会化できないまま成犬になってしまうこともあります。そういった場合でも、時間は掛かりますが社会化は十分に可能です。その場合はドッグトレーナーに相談してみてくださいね。


「怖がらなくていいよ」を教えてあげる

犬が怖いと思っている対象について、「怖がる必要がないもの」「気にしなくて大丈夫」というように教えてあげる必要があります。例えば自転車など特定の物に対して唸っているならば、フードやおやつを使って少しずつ慣らしてあげましょう。

  1. おやつをあげながら遠い距離で対象物も見せる
  2. 唸らなければ、ほんの少しだけ距離を縮める
  3. 距離を縮めたことでおやつを食べないで、唸るなら距離を離す

1~3を繰り返し、少しずつ対象物が近くなっても「怖くない」ということを教える方法があります。

唸る対象が物ではなく人などで、時間をかけて慣れさせることが難しい場合は、アイコンタクトリーダーウォークなど、意識を飼い主さんに向けることを練習しましょう。苦手な人が遠くに見えた段階で、犬が気が付く前におやつやおもちゃを使ったりして気をそらしてあげましょう。

アイコンタクトやリーダーウォークが出来るようなら、早めに声をかけたりコマンドを出したりして、意識を飼い主さんに向けてあげましょう。


守るために唸る

テリトリーや食べ物、おもちゃなど「自分のもの」が取られそうになる時に唸るという行動を取り、守ります。「守る」という行動も、犬にもともと備わっている行動です。しかし、守り行動は恐怖とは違い「逃げる」という選択よりも先に「攻撃行動」を取りやすいものです。

人と暮らす犬にとって、「資源がなくなる」ということはありませんので、人と暮らす上で大切なルールはきちんと教えてあげる必要があります。

犬が楽しいと思えるように教える

おもちゃやおやつなど、「おしまいにしたい」と思った時に取り合いになると思います。取り合いになった後で、毎回必ずおもちゃなどを片付けられてしまったら、犬は「取られたくない」という気持ちが強くなり、呼んでも来ないなど飼い主さんにとって困る行動が増えてしまいます。そうならないように教えるためには、犬が「楽しい」と思えることが大切です。

方法は「離せ」「ちょうだい」などのコマンドとルールを教えてあげることです。

  1. 最初はご褒美を見せ、おもちゃを離したらご褒美をあげる
  2. また、おもちゃで遊んであげる

1~2を繰り返し、おもちゃを離すまでの時間が短くなったらコマンド(合図)を付けて練習しましょう。おもちゃを離してほしいタイミングでコマンドを言い、離したらご褒美をあげることを繰り返し教えてあげます。コマンドは飼い主さんが好きな言葉でOKです。一般的には「離せ」「ちょうだい」「出せ」「アウト」などが多いです。

また、おやつよりもおもちゃが好きな子であれば、おやつを使わなくても教えることができます。おもちゃを掴んだら無理に引くのではなく、動かないようにただ持つことがポイントです。そしてコマンドを言い、犬が離すのを待ちます。犬が離してくれた後はすぐにおもちゃで遊んであげましょう。犬に「おもちゃを離しても取られるわけではなく、遊んでもらえるんだ!」とういことを教えてあげることで、コマンドも一緒に覚えさせることができます。

犬がごはんを食べている時に手を出して唸る場合には、手から少量ずつあげるようにしましょう。犬にとって、人の手は取られる危険性があるものではなく、ごはんが出てくるものだということを教えてあげましょう。

触られて唸る

犬にとって、尻尾や足、耳など触られたくない部分があり、犬によっては足を拭く時など触られた時に唸るということがあります。子犬のうちからあちこち触ってあげて慣らすことが理想的です。すでに苦手な部分があり、触られて唸る場合には、短い時間(足1本だけなど)で、おやつをあげながら少しずつ慣らしてあげましょう。

「唸る」は犬の感情表現

喧嘩する犬

「唸る」という行動は、犬の感情表現の一つです。中には唸りがひどくて日常生活で困ってしまうこともあるかもしれません。まずは犬が「なぜ唸っているのか」という理由を考えてみましょう。その上で、しつけが必要か、どんなしつけ方法が適切なのかをドッグトレーナーに相談することをおすすめします。

唸っている理由が思っていたものと違った場合、適切なしつけができなくなり行動を悪化させてしまうこともあります。愛犬のことを一番近くで見ることが出来るのは飼い主さんです。日頃からよく観察して、お互いに過ごしやすいルール作りをしましょう。

Share!