デボンレックスの飼い方|エイリアンキャット!? 性格や特徴について紹介

デボンレックスの飼い方|エイリアンキャット!? 性格や特徴について紹介

デボンレックスはくりくりな毛を持っていることが特徴の猫で、別名「プードルキャット」と呼ばれています。また、小さな頭に卵のような形の大きな目と幅が広い大きな耳と独特のルックスをしていることから「エイリアンキャット(宇宙人のような猫)」というあだ名も持っています。そんな数々の異名を持つデボンレックスの歴史や特徴について紹介します。

基礎知識

デボンレックスは英語で「Devon Rex」と表記します。デボンレックスの祖先にあたる猫が、イギリスのデボン州で誕生したためこの名前がつけられました。

※「レックス」は遺伝子の専門用語です。例外もありますが、巻き毛の特徴を持っている猫の名前は「〜レックス」となるのが一般的です(例:セルカークレックス、コーニッシュレックス)。

歴史

イギリスのデボン州にベリル・コックスという女性がいました。ベリル・コックスは自宅の近くに、毛のカールしたオス猫を発見したため、トムと名付けて家で飼育していました。その後ベリル・コックスはトムと近所に住んでいた野良猫を交配させると、子猫の兄弟のうち1匹だけトムと同じように毛のカールしている子が生まれてきたのです。ベルリ・コックスは毛のカールした子猫をカーリーと名付けて、自宅で飼育していました。

カーリーが誕生する約10年前の1950年頃に、デボン州のすぐ近くのコーニッシュ州で巻き毛の特徴を持った猫種である「コーニッシュレックス」が発見されていました。カーリーは単にコーニッシュレックスの血を引いていただけではないかと考えたべリル・コックスは、カーリーとコーニッシュレックスを交配させてみました。カーリーがコーニッシュレックスであれば、生まれてくる子はコーニッシュレックスとして巻き毛の特徴を持っているはずです。しかし、子猫はみんな直毛の毛を持って生まれてきたのです。ベリル・コックスは「カーリーはコーニッシュレックスと同じ巻き毛の特徴を持っていても、遺伝子は異なる新種の猫なのではないか」と考えました。そしてカーリー特有の巻き毛の遺伝子を増やすため、カーリーをペルシャ猫などさまざまな猫と交配させ、デボンレックスが誕生しました。ベリル・コックスの仮説は後に遺伝学的にも証明されています。

性格

デボンレックスはジャンプして遊ぶのが大好きで、家の中で登りたい場所を見つけたらありとあらゆる所にジャンプしようとします。とてもおちゃめな性格なので、高い所に登った後は飼い主さんに探してもらうことを期待しています。甘えん坊な一面も持っていて、本を読んでいたりTVを見ていたりすると「かまって〜!」と膝や肩の上に登ってくることもあるでしょう。

特徴

小さな顔についている幅広い耳が特徴的で、「ピクシーキャット(小さな妖精)」や「エイリアンキャット(宇宙人のような猫)」と呼ばれるゆえんでもあります。また、デボンレックスの毛のカール具合は猫によってさまざまです。


猫アレルギーの人でも飼えるって本当?

デボンレックスは毛が抜けにくく舞いにくいため、他の猫に比べれば猫アレルギーが発症しにくいです。ただ、猫アレルギーは猫の皮膚から出るFeld1(セレクトグロビン)や唾液に含まれるアレルギー物質が毛づくろいによって体全体にいき渡り、毛だけでなくフケに付着して空気中に飛散することが原因とされています。デボンレックスだから猫アレルギーが発症しないというわけではありません。


平均寿命や体重

デボンレックスの平均寿命は13歳〜15歳といわれており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後なので寿命は平均的といえるでしょう。平均体重はメスが2.5kg〜3.5kg、オスが3.5kg〜5kgです。

価格や相場

ブリーダーやペットショップなど迎え方によって異なりますが、平均価格はだいたい20万円前後です。

毛色

デボンレックスの毛色はバリエーション豊富で、ラグドールのようなポイントカラーの子やボンベイ猫のようにブラック、ロシアンブルーのようなブルーの子もいます。

ポイント


ブラック


ブルー


デボンレックスのかかりやすい病気

デボンレックスは肥大性心筋症や多発性嚢胞腎に(たはつせいのうほうじん)かかりやすいといわれています。病気も完治は難しいものの、早期に発見することで症状を和らげることができます。猫は病気を隠す習性があり、飼い主が気付いた時には手遅れだったというケースが少なくありません。定期健診は怠らないようにしてください。

肥大性心筋症

心臓の筋肉が厚くなってしまう病気です。進行すると、歩き方がおかしくなったり、呼吸を苦しそうにしたりします。

多発性嚢胞腎

両方の腎臓の中に水のたまった袋の嚢胞(のうほう)が出来てしまい、腎臓の働きを弱めてしまう病気です。この病気はペルシャ猫やペルシャ猫と血縁関係のある猫に多くみられます。


デボンレックスの飼い方

デボンレックスを家に迎える方法はさまざまです。それぞれに長所と短所があるのでじっくりと検討してみてください。

保護猫の里親になる

保護され新しいおうちを探しているデボンレックスもいます。血統書を持っている猫は犬以上に少ないですが、雑種の中にはデボンレックスの特徴を持った子もいます。保護猫と飼いたい人のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)にも募集している子がいるかもしれませんので、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

デボンレックスにはさまざまなカラーバリエーションがありますので、希望のカラーがある方はブリーダーさんから探してみると見つかるかもしれません。

ペットショップから迎える

ペットショップでは血統書付きのデボンレックスを見つけることができます。


デボンレックスを迎えること

カールしている毛はとてもかわいらしいですが、汚れがとても絡まりやすくなっています。デボンレックスを家に迎えた際はきちんとブラッシングなどのお手入れをしてあげて、健康に過ごせるようにしてあげましょう!

OMUSUBIなら子猫から成猫まで探せます!

保護犬猫マッチングサイトOMUSUBI(お結び)

保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護猫の里親さんを募集しています。生後数カ月から成猫まで、幅広い猫種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。
Share!