猫は車に乗せても大丈夫? 車酔いや長時間乗せる場合の注意点について解説

「犬は人に付き、猫は家に付く」といわれるように、犬のようにお出かけを楽しむ猫ちゃんはあまり多くないと思います。しかし、病院や引っ越し、帰省などで猫を車に乗せなくてはいけないシーンもあると思います。今回は、猫を車に乗せる際の注意点や気になる車酔いなどについて解説します。

猫を車に乗せても大丈夫?

窓の外を見つめる猫

猫を車に乗せるとき最初に心配するのは猫のストレスではないでしょうか? ドッグランや旅行など、犬のように車で気軽に出かけることは少ないと思いますが、時には車に乗せることが避けられない状況もあります。準備を万端にして運転の仕方に気を遣えば問題なくやり過ごせる猫もたくさんいますので、どうすれば安全に乗せられるか知っておくことは大切です。

道路交通法を確認

猫を車に乗せること自体は法律で禁止されていませんが、乗せ方には守らなければいけないルールがあります。道路交通法第55条の2項と道路交通法第4章第1節第70条を確認しましょう。

道路交通法第55条の2項

車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ、後写鏡の効用を失わせ、車両の安定を害し、又は外部から当該車両の方向指示器、車両の番号標、制動灯、尾灯若しくは後部反射器を確認することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。

道路交通法第4章第1節第70条

車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。
参照:道路交通法

いくら大人しいからといって、膝の上に猫ちゃんを乗せて運転するのはNGです。膝の上でなくても猫が運転席に立ち入ることができる状態は大変危険です。間違って足元に入ってしまったら重大な事故につながる恐れがあります。法律を守ることはもちろん、安全運転を心がけましょう。

猫を車に乗せる方法

ケージに入れられて車に乗る猫

猫を車に乗せる際、人のようにそのまま乗せることはできません。安全に車に乗せるためのグッズを揃える必要がありますし、普段からそういったものに慣らせておく必要があります。

猫が車に乗るために必要なもの

猫を車に乗せるために最低限準備しておきたいものをご紹介します。

リード

猫にリードはあまり見慣れないと思いますが、猫を外に連れて行く場合は必要不可欠なアイテムです。「抱っこできる子だから大丈夫」「呼べば来る子だから必要ない」と安易に考えることは絶対にしないでください。外は猫ちゃんにとって想定外のモノや出来事がたくさんあります。迷子防止のために必ず付けるようにしましょう。

初めてリードを付ける際には長時間の着用は避け、自宅で少しずつ慣らしていきましょう。まずはベッドの近くに置いて匂いをかがせるなど、リードが嫌いにならないように気を配りながら練習させることが大切です。飼い主さんの近くを歩かせることが目的ではありませんので、犬のような歩行訓練は不要です。

リードにも種類がありますが、猫は犬のように首輪に付けるだけというわけにはいきません。できる限りハーネスタイプを選ぶようにしてください。紐状のものもありますが、猫は簡単に抜け出してしまいます。油断せず、しっかり固定できるものを選びましょう。

PUPTECK ハーネス 猫用
Amazonで見る


ケージ

事故防止のため、猫を車に乗せる際には必ずケージの中に入れるようにしてください。猫による運転の妨げや車内での怪我を防ぐことができます。また、猫を車に乗せる際に多いのが脱走です。知らない環境に飛び出した猫はパニックになってしまいますし、車の通る場所では事故の危険もあります。

ケージの中ではストレスが大きすぎるという場合は、後部座席でリードを短くしてつないだり、後部座席との間に仕切りを作るのも一つの方法ですが、その際は一度猫をケージに入れてから車に乗せ、乗車する全員が車のドアの開け閉めを終えたのを確認してから離すようにしましょう。

できる限りケージの中で過ごせるように、自宅でケージに慣らしておくことが重要です。

リッチェル キャンピングキャリー 猫用
リッチェル キャンピングキャリー 猫用
Amazonで見る


水飲み

水は普段使い慣れている器などを使って、停車中に与えられるのが理想です。緊張して息が荒いのに飲まない場合などは、注射器型の給水器で優しく口に水を含ませてあげるといいでしょう。

シリンジ S 犬猫用
シリンジ S 犬猫用
Amazonで見る

トイレ

車内に置いておけば、猫によっては落ち着いた頃にトイレができるようになる猫もいます。ケージに入れておく場合は、定期的に長めの休憩時間をとって車を停車させておくとその間に行く猫もいます。しかしストレスを強く感じてしまう猫の場合、車を降りたあとにもなかなか排泄をすることができないこともあります。猫の性格を考えて移動距離を調節するなどの工夫をしてください。

猫壱 ポータブル トイレ
ポータブル トイレ
Amazonで見る


乗せる場所

ケージに入れる場合は助手席の足元か、シートベルトで固定できるタイプのものであれば座席の上に置きます。後部座席は前よりも揺れが強いといわれているので、特に大きい車の場合は前で固定するのがおすすめです。ケージから出す場合には後部座席の方が安全ですが、絶対に運転席には入ることができないように注意しましょう。

猫の車酔い対策

車に乗る猫

どんなに準備を万端にしていても、移動の苦手な猫が車に乗ると車酔いをしてしまうこともあります。あくびが多くなったり、よだれが止まらなくなるなどのほかに、嘔吐や下痢、失禁をしてしまうなどの症状がみられます。息が荒い原因も緊張ではなく酔っている症状であることがあります。

原因

普段体験することのないような揺れはもちろん、ストレスによるものが大きいとされています。全てにおいて慣れない環境で、これから何が起こるのか想像もつかないといった不安が体調不良につながります。

対策

基本的にはスピードを出しすぎない、空調を効かせすぎないなど人間の場合と同じことが当てはまります。 また、車を家の中に近い環境にするのも効果的です。匂いや温度、使い慣れた毛布などで環境を整えてあげましょう。ケージを毛布などで覆ってあげると落ち着く場合もあります。

猫のタイプにもよりますが、人懐っこく性格が開放的な猫は人間の様子を伺うのも得意です。車の中でワクワクしている飼い主さんの様子を見ればホッと落ち着くことができます。猫ちゃんのことが気になって飼い主さんがソワソワしていると猫ちゃんが余計に緊張してしまいますので気を付けてください。

猫を車に乗せる際に気をつけたいポイント

車に乗る猫

一度のつらい経験が原因で猫が外出嫌いになってしまわないように、あらかじめできることがあります。

トイレ

家の中のトイレはいくつも設置せずに、毎回決まった場所でできるようにしつけておきましょう。車にトイレをそのまま持っていけば戸惑いも最小限に抑えることができます。

長時間の運転

運転中はどんなに安全運転をしていても、エンジン音や揺れが大きなストレスにつながります。停車するだけでなくエンジンも切って静かな環境にしてあげると、興奮をより落ち着かせることができます。

車の匂い

タバコや芳香剤の香りは猫にとって苦手なにおいなので、取り除いておきましょう。さらに車のシートカバーなどをほかの洗濯物と一緒に洗ったりすることで、より家の中に近い香りにすることができます。

車の温度

高いとより酔いやすくなってしまうので、夏は冷房で管理、冬は暖房を強くかけすぎないように注意しましょう。また、車内の温度は太陽光によって簡単に上がってしまうので、真冬であっても猫を車内に放置するのは危険です。いつも以上に温度へ意識を向けておきましょう。

車はいざというときに必要

猫は乗り物での移動が苦手なので、可能な限りは車に乗せることは避けてください。しかし、動物病院が車でしかいけない距離にある場合や、災害時に避難しなければならない場合は車に慣れておくと便利なこともたくさんあります。

極端に嫌がらない場合には、それぞれの猫に合った対策を施しながらできるだけストレスを軽減するように心がけて、リードやケージに慣らせておくのもおすすめです。