サバンナキャットの飼い方|許可がないと飼育できないって本当? 性格や特徴について紹介

サバンナキャットの飼い方|許可がないと飼育できないって本当? 性格や特徴について紹介

サバンナキャットは、サーバルというヤマネコとイエネコの混合種です。野性味が強く残っているため、飼育するには許可がいるとか……? 私たちが飼うためには、どうすればよいのでしょうか。今回はワイルドな顔立ちが美しいサバンナキャットの、誕生の歴史や性格などについて紹介します!

サバンナキャットの基礎知識

サバンナキャットは英語で「Savannah Cat」と表記し、祖先にあたる猫が「Savannah(サバンナ)」と名付けられたことに由来します。

歴史

1986年、サーバルというアフリカに生息しているヤマネコとイエネコの交配によって子猫が生まれました。ヤマネコとイエネコ両方の特徴を受け継いだ子猫は、「サバンナ」と名付けられました。その後、サバンナに興味を持った2人のブリーダーが協力し、「サバンナ」を基礎にさまざまな猫と掛け合わせたことで、現在の「サバンナキャット」が誕生しました。猫種としての歴史は大変浅く、主要な猫の血統書登録団体であるTICAには2001年に初めて登録されました。
サバンナキャット
Photo by romity34さん Thanks!

性格

サバンナキャットは好奇心旺盛で、冒険することが大好きな性格をしています。とても活発的で、日常生活においてたくさんの刺激を求めています。忠誠心が高く、家族との絆をとても大切にしています。飼い主さんの膝に乗って、ゆったりとするようなタイプではありませんが、ドアの前で家族の帰宅を待ってくれたり、家の中を歩くと付いて来てくれたりと愛情深い姿をたくさん見せてくれます。

特徴

サバンナキャットは、縦に長い大きな耳が特徴的です。体はとても細長く、脚もスラッとしています。迫力ある顔つきをしているので、かなり巨大で重量感のある猫と思われがちですが、サイズは大型猫と大して変わりません。また、サバンナキャットは交配に使われたサーバルの血の濃さでF1〜F7に分類することがあり、数字が小さいほどサーバルの血が濃いとされています。
サバンナキャット
Photo by simba.bengal_nala.savannahさん Thanks!

サバンナキャットを飼うためには許可が必要って本当?

「特定動物だから、飼育するためには許可が必要」といった噂が流れていますが、特定動物に指定されているのは「サバンナキャット」ではなく、ヤマネコの「サーバル」です。そのため「サバンナキャット」を飼育するために自治体に許可を申請することは基本的に必要ありません。ただし、日本にはほとんどいませんが、F1やF2のようにサーバルの血が極めて濃いサバンナキャットを飼育する際は、念のため地域の担当部局に相談することを推奨します。

サーバルってどんな生き物なの?

サーバルは体長65〜100cm、体重は9〜18kgほどの中型の肉食獣です。飼育する際は、キャットフードではなくて鶏の脚やネズミの肉などを与える必要があります。
サーバルキャット
Photo by kinganubis17さん Thanks!

日本においてサーバルは、動物愛護管理法にひも付く「特定動物の飼養又は保管の方法の細目」という環境省の告示で「特定動物」として指定されています。動物園などでの飼養を想定したものではありますが、飼育環境(飼育や保管が困難になった場合の措置も含む)が整って許可をもらうことができれば、個人でも飼うことが可能です。

平均寿命や体重

サバンナキャットの平均寿命は17歳〜20歳といわれており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後なのに対してかなり長生きです。平均体重はメスが6kg〜9.5kg、オスが6.5kg〜12kgです。

価格や相場

ブリーダーから迎える場合、価格は20万〜300万円前後と値幅がとても大きいです。個体差もありますが、F1からF2、F3と数字の値が大きくなるに連れて値段が安くなる傾向にあります。

サバンナキャットの毛色

サバンナキャットの毛色には、ブラックスポテッドタビーやブラックスポットなどがあります。

ブラックスポテッドタビー

サバンナキャット
Photo by azurebluecatteryさん Thanks!

サバンナキャット
Photo by azurebluecatteryさん Thanks!

ブラックスポット

サバンナキャット
Photo by azurebluecatteryさん Thanks!

サバンナキャットがかかりやすい病気

サバンナキャットは先天的な理由により病気になりにくいといわれていますが、猫種に限らず猫は腎臓病になりやすい体質を持っています。猫は病気を隠す習性があり、飼い主が気付いた時には手遅れだったというケースが少なくありません。定期健診は怠らないようにしてください。

サバンナキャットの動画

サバンナキャットと遊ぶ子どもの動画です。見ていてとても微笑ましいですね。

サバンナキャットの飼い方

サバンナキャットの迎え方はさまざまです。猫を迎える際にぜひ参考にしてみてください。

保護猫の里親になる

保護され新しいおうちを探しているサバンナキャットもいます。血統書を持っている猫は犬以上に少ないですが、雑種の中にはサバンナキャットの特徴を持った子もいます。保護猫と飼いたい人のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)にも募集している子がいるかもしれませんので、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーやキャッテリーから迎える

血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーやキャッテリーから迎えるという方法もあります。実際に猫が生まれた場所へ見学に行くことで、育った環境を実際に知ることができます。また、育てる上でのアドバイスを聞くこともできます。

ブリーダーとキャッテリーの違いって?

「ブリーダー」は猫の飼育と繁殖を行っている人たちの総称です。ブリーダーの中でも、主要な猫の血統書登録団体であるTICAもしくはCFAに認められているブリーダーのみがキャッテリーと名乗ることが出来ます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは血統書付きのサバンナキャットを見つけることができます。

日本ではとても珍しいサバンナキャット

サバンナキャットはヤマネコの血が入っていることから、とてもワイルドで凛とした顔立ちが美しい猫です。活発に遊ぶことが大好きなので、家に一緒にいる時はたくさん遊んであげてくださいね。

OMUSUBIなら子猫から成猫まで探せます!

保護犬、保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」
保護犬保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護猫の里親さんを募集しています。生後数カ月から成猫まで、幅広い猫種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

なお、本稿は以下を参照して執筆しています。
Share!