クリルアイランドボブテイルの飼い方|性格や歴史など 尻尾がまるでポンポン

クリルアイランドボブテイルの飼い方|性格や歴史など 尻尾がまるでポンポン

クリルアイランドボブテイルという猫種を知っていますか? 尻尾がまるでポンポンのように短く、とても愛らしいロシア原産の猫種です。主要な血統書登録団体であるTICAには2012年に登録された、極めて歴史が浅いクリルアイランドボブテイルの歴史や性格、特徴について紹介します。

クリルアイランドボブテイルの基礎知識

クリルアイランドボブテイルは英語で「Kurilian Bobtail」と表記します。ボブテイル(Bobtail)とは、「短い尻尾」という意味です。「ボブテイル」という言葉が入った猫種には、他に「ジャパニーズボブテイル」がいます。
クリル列島(千島列島)原産で、ポンポンのように短い尻尾を持つことからこの名前が付けられました。「クリル・アイランド・ボブテイル」と「クリリアン・ボブテイル」の二つの呼び方がありますが、本稿では統一して「クリルアイランドボブテイル」と表記します。

歴史

クリルアイランドボブテイルはサハリン(樺太)を含むクリル列島(千島列島)原産の猫です。詳しい起源はまだ分かっていませんが、少なくともクリル列島には200年以上前から生息していたという記録が残っています。クリルアイランドボブテイルは狩猟本能が高いことから、ロシアではネズミ捕りとして活躍していたそうです。主要な猫の血統書登録団体の一つであるTICAには2012年に登録された、極めて歴史の浅い猫種です。

性格

クリルアイランドボブテイルはとても愛情深い性格をしていて、飼い主さんと一緒に寝たり、膝の上に乗ったりするのが大好きです。社交性が高いので、小さな子どもとも一緒に遊ぶことができます。個体差はありますが頭がとてもよいので、していけなことは「ダメ!」と教えてあげれば、すぐに理解してくれます。

特徴

クリルアイランドボブテイルの最大の特徴は尻尾にあり、ポンポンのように短く、少しねじれています。同じ尻尾を持つクリルアイランドボブテイルを2匹見付けることは極めて難しいとされているほど、それぞれが個性的な尻尾を持っています。

平均寿命や体重

クリルアイランドボブテイルの平均寿命は12〜15歳といわれており、一般的な猫の平均寿命が15歳前後なので平均的といえます。平均体重はメスが3kg〜6kg、オスが4kg〜8kgです。

価格や相場

ブリーダーやペットショップから迎える場合、平均価格は25万円前後です。

クリルアイランドボブテイルの毛色

クリルアイランドボブテイルの毛色のバリエーションは豊富です。

レッド&ホワイト

レッドとは、赤みを帯びた褐色を指します。
クリルアイランドボブテイル
Photo by mici_di_lulu_cats さん Thanks!

ブラウンタビー

タビーとは縞模様、ブロッチ(不規則な斑点)模様、スポット(斑点)模様の総称のことを言います。
クリルアイランドボブテイル
Photo by mici_di_lulu_cats さん Thanks!

レッドマッカレルタビー&ホワイト

マッカレル(mackerel)とは「鯖」という意味で、全身に細い縞模様が入った柄のことです。
クリルアイランドボブテイル
Photo by mici_di_lulu_catsさん Thanks!

キャリコ

キャリコ(calico)とは、「赤系」「白」「第三の色」という3色のパターンを持った猫の柄のことを指します。
クリルアイランドボブテイル
Photo by mici_di_lulu_catsさん Thanks!

クリルアイランドボブテイルがかかりやすい病気

クリルアイランドボブテイルは先天的な理由により病気になりにくいといわれていますが、猫種に限らず猫は腎臓病になりやすい体質を持っています。猫は病気を隠す習性があり、飼い主が気付いた時には手遅れだったというケースが少なくありません。定期健診は怠らないようにしてください。


クリルアイランドボブテイルの動画

窓の外に小鳥でもいたのでしょうか? 動画の中のクリルアイランドボブテイルは、10秒以上立ち上がったまま、窓の外にいる何かを探しています。

クリルアイランドボブテイルの迎え方

クリルアイランドボブテイルの迎え方はさまざまです。猫を迎える際にぜひ参考にしてみてください。

保護猫の里親になる

保護され新しいおうちを探しているクリルアイランドボブテイルもいます。血統書を持っている猫は犬以上に少ないですが、雑種の中にはクリルアイランドボブテイルの特徴を持った子もいます。保護猫と飼いたい人のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)にも募集している子がいるかもしれませんので、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーやキャッテリーから迎える

血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーやキャッテリーから迎えるという方法もあります。実際に猫が生まれた場所へ見学に行くことで、育った環境を実際に知ることができます。また、育てる上でのアドバイスを聞くこともできます。

ブリーダーとキャッテリーの違いって?

「ブリーダー」は猫の飼育と繁殖を行っている人たちの総称です。ブリーダーの中でも、主要な猫の血統書登録団体であるTICAもしくはCFAに認められているブリーダーのみがキャッテリーと名乗ることが出来ます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは血統書付きのクリルアイランドボブテイルを見つけることができます。

尻尾がキュートなクリルアイランドボブテイル

尻尾がポンポンのようなクリルアイランドボブテイルはとてもかわいらしいですよね。「犬は人につき、猫は家につく」と言われていますが、猫も飼い主さんと一緒にいることが大好きです。猫を家に迎えた際は、猫が寂しい思いをしないように、たくさん遊んであげるようにしましょう。

OMUSUBIなら子猫から成猫まで探せます!

保護犬、保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」
保護犬保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護猫の里親さんを募集しています。生後数カ月から成猫まで、幅広い猫種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。
なお、本稿は以下を参照して執筆しています。
Share!