リコイ(ライコイ)の飼い方|狼のような猫!? 歴史や性格、特徴などを紹介

リコイ(ライコイ)の飼い方|狼のような猫!? 歴史や性格、特徴などを紹介

リコイはまるで狼のような見た目を持ち、猫なのに毛が生えていない部分がある、とても珍しい猫種です。2011年に主要な血統書登録団体であるTICAに登録された、極めて歴史が浅いリコイの歴史や性格、毛色の特徴、病気や寿命の飼い方、里親やブリーダーからの迎え方について紹介します。


リコイの基礎知識

リコイは英語で「Lykoi」と表記します。これはリコイの見た目が狼に似ていることから、ギリシャ語で「狼」を表す「Lycos(ライコス)」にちなんで名付けられました。「Lykoi」は「リコイ」と「ライコイ」の二つの呼び方がありますが、本稿では統一して「リコイ」と表記します。
リコイ
Photo by james_the_lykoさん Thanks!

歴史

2010年、アメリカに住むブリーダーのジョニー・ブリトニーの元で、まるで狼のような容姿を持った猫が偶然に誕生しました。ジョニーはその猫が「先天的な疾患なのではないか?」「何か皮膚の病気に感染しているのではないのか?」とあらゆる可能性を考えて病院で徹底的に検査をしましたが、異常は見つかりませんでした。
猫の特徴が病気に関連していないことが分かったジョニーはそこで、「狼のような猫」と「狼のような猫と全く血縁関係を持たない猫」を掛け合わせて、新たに「狼のような猫」を作出することに成功しました。そして、主要な猫の血統書登録団体であるTICAには2011年に「リコイ」という名前で純血種登録をするまでに至りました。
ジョニーは異種交配を何度か試みるうちに、「猫を狼のような容姿にする遺伝子」は劣勢遺伝子(形質が現れにくい遺伝子)であることを解明しました。健康的な猫を作出するためにも、同系の遺伝子交配はなるべく避ける必要があり、これからリコイの数を増やすためには、さらなる異種交配が必要だといわれています。まれに野良猫の中にリコイが発見されることがあり、その場合は保護をしてブリーディングに用いられています。

性格

リコイはとても頭がよくて、愛情深い性格をした猫種です。飼い主さんと一緒に遊ぶことを好みますが、気に入ったオモチャがあれば、一人でも満足して遊ぶことができます。まるで犬のような一面も持ち合わせており、個体差はありますがオモチャを投げると持ってきてくれます。

特徴

リコイの中には部分的に毛が生えていない子もいます。また、リコイの毛には「色素が不足した白っぽい毛」と「固くて黒っぽい毛」の2種類が存在します。リコイのハゲている割合や毛色の割合は、猫それぞれによって異なります。どのリコイにも共通していることは、「目」「鼻」「あご」「マズル」の辺りは毛が生えていないことや、「耳の後ろ」「耳」「鼻」の皮膚は、まるでレザーのような肌触りをしていることです。
リコイ
Photo by james_the_lykoさん Thanks!

平均寿命や体重

リコイは歴史が大変浅い猫なので、平均寿命はまだ分かっていません。平均体重は2kg〜3.2kgです。

価格や相場

ブリーダーやペットショップから迎える場合、平均価格は25万円前後です。海外から輸入する場合は、個体費に加えて輸送費なども必要になります。

リコイの毛色

リコイには「メラニン色素が不足した白っぽい毛」と「固くて黒っぽい毛」の2種類の毛が生えていて、それぞれの毛の量は猫によって異なります。また、黒っぽい毛が多いリコイの毛色は「ブラックローン」と呼ばれています。
リコイ
Photo by james_the_lykoさん Thanks!

リコイ
Photo by james_the_lykoさん Thanks!

リコイがかかりやすい病気

リコイは先天的な理由による病気になりにくいといわれていますが、猫種に限らず猫は腎臓病になりやすい体質を持っています。猫は病気を隠す習性があり、飼い主が気付いた時には手遅れだったというケースが少なくありません。定期健診は怠らないようにしてください。

リコイの動画

羽付きのオモチャで遊ぶ、リコイの動画を紹介します。まるでオオカミの赤ちゃんのようで、とても癒やされます。

リコイの迎え方

リコイの迎え方はさまざまです。猫を迎える際にぜひ参考にしてみてください。

保護猫の里親になる

保護され新しいおうちを探しているリコイもいます。血統書を持っている猫は犬以上に少ないですが、雑種の中にリコイの特徴を持った子もいます。保護猫と飼いたい人のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)にも募集している子がいるかもしれませんので、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーやキャッテリーから迎える

血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーやキャッテリーから迎えるという方法もあります。実際に猫が生まれた場所へ見学に行くことで、育った環境を実際に知ることができます。また、育てる上でのアドバイスを聞くこともできます。

ブリーダーとキャッテリーの違いって?

「ブリーダー」は猫の飼育と繁殖を行っている人たちの総称です。ブリーダーの中でも、主要な猫の血統書登録団体であるTICAもしくはCFAに認められているブリーダーのみがキャッテリーと名乗ることが出来ます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは血統書付きのリコイを見つけることができます。

世界中でも大変珍しいリコイ

リコイは発見されてから時間があまり経っていないということもあり、ブリーダーの数もとても少なく、世界的に見ても非常に珍しい猫種です。愛情深い性格をしていて、飼い主さんが大好きです。リコイを家に迎えた際は、猫が寂しい思いをしないように、たくさん遊んであげるように心掛けましょう。

OMUSUBIなら子猫から成猫まで探せます!

保護犬、保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」
保護犬保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護猫の里親さんを募集しています。生後数カ月から成猫まで、幅広い猫種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。
なお、本稿は以下を参照して執筆しています。


Share!