犬のボディーランゲージとは? 行動から読み取る犬の気持ちについて解説

犬が好きな方は、一度は「犬の気持ちがわかればいいのに」と考えたことがあると思います。しかし実際に犬を飼っている人は、なんとなく愛犬の気持ちがわかることもあるのではないでしょうか。今回は「犬語」ともいわれる犬のボディーランゲージについて解説します。

犬のボディーランゲージとは

プレイバウするコーギー

犬のボディーランゲージとは、耳・目・鼻・口・尻尾・姿勢などから、相手に自分の気持ちを伝える方法です。一番よく知られているのは、尻尾を振る行動ではないでしょうか。「尻尾を振っていると喜んでいる」というのは、犬を飼っていない人でも聞いたことがあると思います。

しかし、ボディーランゲージは体の一部だけでは判断できないのです。耳・目・鼻・口・尻尾・姿勢などを見て、犬の性格や周りの環境も考慮してはじめて、犬の気持ちがわかります。

犬の心理から現れる表情の変化

以下のイラストは、犬の表情が恐怖心から来るものなのか、攻撃心から来るものなのかを解説したもので、縦軸が「恐怖心」、横軸が「攻撃心」を表しています。

犬の表情のイラスト

下に行くほど恐怖心が強く、横に行くほど攻撃心が強い表情です。

平常心から縦ラインで例を考えてみましょう。いつもの散歩中に見知らぬものがあった時にはまず緊張します。更に、その見知らぬものが突然動いたとしたら、犬でなくてもびっくりしたり怖いと思ったりするでしょう。恐怖の表情では、耳が後ろに倒れ口元を引き結ぶ様子が伺えます。

また別の例です。恐怖でいっぱいの中で逃げることができない場合に、恐怖対象であるものが近付いてくると、平常心から下へ進んだ矢印はさらに右へ伸びていきます。逃げられないなら戦うしかありません。耳を後ろに倒し恐怖でいっぱいの中、必死に歯を見せて唸り「これ以上近づくなら噛むぞ!」という牽制している表情です。

それに対して、平常心から横のラインで例を考えてみると、知らない人がこちらを凝視してきたらまず警戒します。「見るなよ」と小さく唸ることもあります。さらに対象人物が近付いてきたら、耳を前に向け歯茎や犬歯を見せ唸り威嚇します。いつ攻撃されてもおかしくありません。

また、攻撃心いっぱいの中で相手も同じように威嚇してきたり、何か「怖いかも」と思うことがあれば、平常心から右に進んだ矢印はさらに下へ伸びていきます。興奮し攻撃する気満々でしたが、何か恐怖を感じ始めたら、耳を後ろに倒し恐怖心と攻撃心が入り混じった表情です。

しかし、先ほどと違うのは、まだ「逃げる」という選択肢があるということです。攻撃に出ずに尻尾を巻いて逃げることも考えられます。

このように、表情だけ見ても一つの感情のみではなく、複数の感情から犬の気持ちはある程度わかります。

犬が尻尾を振っているのは嬉しいわけではない!?

「犬が嬉しいときは尻尾を振っている」というのは、きっとほとんどの人が知っていることだと思います。しかしその認識は少し違っていて、場合によっては「尻尾を振っている犬に噛まれる」ということも起こり得ます。

なぜなら、犬は嬉しくて尻尾を振っているのではないからです。犬は「興奮して」尻尾を振っているのです。興奮は嬉しくても、怒っていてもするものです。そのため、尻尾だけを見て犬の気持ちを判断するのは難しく、危険でもあります。

犬のボディーランゲージとカーミングシグナルの違い

犬のボディーランゲージとカーミングシグナルは、同じような意味で認識している人もいると思いますが、厳密には違います。

カーミングシグナルは、自分や相手の気持ちを落ち着かせるため出る「仕草」ですが、ボディーランゲージは楽しい時や警戒している時などに見られる「体の動き」や「行動」で、耳・口・鼻・目・毛・尻尾・姿勢など全身で表す「感情表現」です。


よく見られる犬のボディーランゲージ

ボディーランゲージは、基本的には犬同士がコミュニケーションするために使われる非言語ですが、威嚇や恐怖、喜びなどの表現は、人や他の動物にも示します。

嬉しい

穏やかな表情で口角が上がり尻尾は振られている状態です。

喜ぶ犬

恐い

眉を寄せ、耳は後ろに倒れている状態で、体は低く尻尾は股の間に挟まれている状態です。

海に怖がる犬

発見(警戒)

耳や尻尾をピンと立たせ、相手をよく見て動かない状態。相手の出方によってこの後の反応が変わります。

こちらを見る犬

威嚇

瞳孔が開き鼻にしわを寄せ、背中の毛を逆立てながら歯を見せ低く唸ります。さらに、攻撃的な威嚇の場合は耳と尻尾がピンと立って、前のめりな姿勢をしています。防衛的な威嚇の場合は、耳は後ろに倒れ、尻尾も股の間にいれ、低い姿勢をしています。

攻撃的に吠える犬
攻撃的に吠える犬


恐怖から吠える犬
防衛的な威嚇

服従

服従にも2種類あり、「ごめんなさい」という降参的な意味のものと、「私はあなたに従います!」という積極的な服従があります。

お腹を出して顔を背け、尻尾は股の間に入っているいわゆる「降参」は多くの人が知っていると思います。しかし場合によっては、服従心でお腹を出しているわけではなく、安心しきってお腹を出して寝たり、撫でて欲しくてお腹を出したりすることもあります。

「積極的な服従」は姿勢を低くし、耳は後ろに倒れ、尻尾も下がっていますが、しっかりと相手の顔を見ています。

ごめんなさい
降参の意味の服従


指示に従う犬
積極的な服従

挨拶

散歩中やドッグランに行ったときなど、他の犬に会った際にお互いのお尻のにおいを嗅ぎ合う行動は、犬同士の挨拶です。嗅覚の優れた犬はお尻のにおいを嗅ぐことで、相手の性別や健康状態、食べたものなどがわかるといわれています。

犬同士の挨拶

遊びに誘う

前かがみになり腰を上げ、尻尾を上げた姿は「プレイバウ」とも呼ばれ、相手を遊びに誘う行動です。仲の良い犬にすることが多く、たまに飼い主さんに対してもプレイバウで遊びに誘う犬もいます。

犬のプレイバウ


まとめ

楽しそうなビーグル

犬のボディーランゲージとは、耳・目・鼻・口・尻尾・姿勢などから、相手に自分の気持ちを伝えることをいう
ボディーランゲージは「感情表現」であり、カーミングシグナルは「仕草」である
体の一部を見ただけでは、犬の心理を判断することは難しい

犬の行動をよく観察することは、意識しないと難しいものです。犬にはボディーランゲージやカーミングシグナルという非言語コミュニケーションがあるということを覚えておくことで、いつもの生活も違って見えるかもしれません。

第2稿:2018年2月17日 公開
初稿:2018年1月9日 公開

Share!