愛犬がお尻を高く上げて示す「プレイバウ」の意味とは? 対応の仕方も解説

愛犬がお尻を高く上げて示す「プレイバウ」の意味とは? 対応の仕方も解説

犬は言葉を話すことができない分、行動や表情で自分の気持ちを表現します。その行動のうちの一つが「プレイバウ」です。カーミングシグナルの一つで「犬のお辞儀」とも呼ばれており、犬にはもちろん人間に対してすることもあります。では、具体的にはどのような意味があるのでしょうか。プレイバウをしながら吠えたり威嚇したりすることもあるので、その際の対応の仕方も紹介します。

プレイバウとは

プレイバウ

犬にみられる行動の一つである「プレイバウ」は、犬が不安を感じたり、興奮したりしているときにみられるカーミングシグナルです。

英語で「落ち着かせる合図」という意味を持つ「カーミングシグナル」という言葉通り、犬が自分を落ち着かせたいときや、相手に敵意がないことを示したいときにおこなうコミュニケーションツールです。

必ずしもすべての犬がするものではないので、一生しない犬もいます。犬が落ち着かせたい気持ちそのものに重点を置く人の中には、言葉の代わりに体を使って感情を表現する「ボディーランゲージ」という大枠の中に、「カーミングシグナル」があるという考え方もあります。

プレイバウは、特に飼い主やほかの犬など、相手がいる際によく現れる行動です。そのシチュエーションは不安や緊張というよりもポジティブな感情であることが多く、カーミングシグナルの中では「興奮」との関連性が高いといえるでしょう。

プレイバウをしている犬の頭は地面の近くまで下がり、お尻は上がっているという特徴的な状態なので、比較的飼い主が気がつきやすいカーミングシグナルの一つです。また、犬によっては同時に吠えることもあります。


代表的なカーミングシグナル

伸びをするゴールデンレトリバー

プレイバウ以外にも、日常生活の中でたくさんのカーミングシグナルを見つけることができます。意味がなさそうな小さな行動にも実は犬の気持ちが現れていることがあるので、普段の行動も観察してみましょう。

座る・伏せる

疲れや休憩以外の目的にも、犬が座ったり伏せたりすることがあります。人間と同じように、ソワソワしている自分をなんとかしようと一旦落ち着く態勢をとるためです。

例えば、他人に飛びつき癖があるけど飛びかかってはいけないと教えられている犬などにも見られます。

口を舐める

ご飯やおやつの前後に鼻やマズルを舐めるのは、シンプルに美味しさの証であることがほとんどですが、抵抗できない苦手な状況にあるときは、緊張を和らげるためにおこなうことがあります。

あくびをする

人間と同じく眠いときにもあくびをしますが、飼い主に注意されているときなどにもよくみられる仕草です。自分のストレスを軽減させようとしているだけでなく、飼い主に対して落ち着いてほしいことを伝えていることもあります。

身震いをする

水に濡れたり、何かがあったりしたときに、物理的に付着物を振り払うためにブルブルと身震いをすることがありますが、ネガティブな気持ちを振り払うためにも身震いをすることがあります。

触られることが好きではない犬が、人間に触られたあと身震いをするのは、気持ちをリセットするためであるともいわれています。


プレイバウをする理由

シュナウザー

プレイバウには、カーミングシグナルが持つ「落ち着かせるためのサイン」としての意味のほかに「相手を遊びに誘っている」という目的もあります。

「爆発しそうなほど遊びたい気持ちを抑えながら、相手に敵意がないことを表現して遊びに誘っている」というニュアンスです。

その他の誘うときの行動

カーミングシグナルであるプレイバウ以外の行動からも、犬が遊びに誘っていることがわかる場合もあります。

吠える

相手の気を引くためや、遊びたい気持ちが抑えきれず、吠えることがあります。何かに威嚇して吠えるときとは明らかにトーンが異なるので、その違いに着目してみてください。


お腹を見せる

犬は仰向けになって自分のお腹を見せるヘソ天でも、相手に敵意がないことを伝えることができます。撫でてほしいときに、飼い主の隣に来てヘソ天をすることもあります。


おもちゃを持ってくる

一番わかりやすい行動です。お気に入りの おもちゃがあれば一人で遊べる犬も、誰かと一緒に遊びたくなればそのおもちゃを相手のところへ持っていくことがあります。

腹痛を表している可能性もある?

チワワの子犬

プレイバウは、犬がお腹を痛がっているときにみせるポーズと似ています。腹痛があるときのポーズは、痛みを和らげるためにとるものです。プレイバウとの決定的な違いは、尻尾の位置です。

プレイバウの場合は、尻尾が高い場所にあるか背中に向かって丸まっていることが多いほか、尻尾を左右に振っていることも少なくありません。

しかし、腹痛の場合は尻尾が下に垂れ下がり、後ろ足の間に入っていることもあります。食欲や元気がない様子であれば、動物病院で診察してもらいましょう。

プレイバウへの正しい対応

プレイバウをするボーダーコリー

プレイバウはカーミングシグナルなので、ある程度自分でコントロールしている部分があります。しかし、正しく対応しなければ興奮のままに動いてしまう原因にも繋がるので、プレイバウをしている犬に対して具体的に何をすればいいのか解説します。

ほかの犬に対するプレイバウ

家族として一緒に暮らしている犬や知り合いの犬、社交性のある犬の場合は、上手に応えてくれることがあります。プレイバウを交えながら遊びを発展させていくこともできるので、けんかに発展してもすぐに止められるような距離から見守りましょう。

初めて出会う犬に対して愛犬がプレイバウをしたら、相手の犬が怖がっていないか、興味はあるのかなどの判断をしてから遊ばせます。いくらこちらに敵意がないと伝えていても、恐怖心を抱いている相手にしつこくすれば威嚇されてしまいます。トラブルの原因は未然に防ぎましょう。


人間に対するプレイバウ

人間を相手にプレイバウをしている場合は、その誘いに応えていい場合と落ち着かせるべき場合があります。基本的には落ち着かせてあげるほうが良いとされていますが、犬によっては普段から興奮の感情を激しく行動に現す犬もいます。

これと比べれば、プレイバウは伏せなどのカーミングシグナルとあまり変わらない興奮レベルと判断している飼い主さんは少なくありません。

また、初めてプレイバウをしたときに飼い主さんがかまってくれたことを覚えていて、そこまで興奮状態にないのに頭を低くして遊びに誘っていることがあります。これらの場合は一緒に遊んであげても大丈夫です。

一方で、相当興奮状態にないとプレイバウをしないタイプの犬には、無視をするなどして一度熱を冷ましてあげましょう。


プレイバウの動画

プレイバウをしている犬が具体的にどういう動きをするのか、動画でご紹介します。

ひめひな黒柴犬姉妹さんの動画

飼い主さんに対してプレイバウが発動しています。柴犬は、興奮しているときの表情が怒っているようにみえることが比較的多い犬種です。


cjndc05さんの動画

大型犬のプレイバウは、ゆったりとしていて優雅とさえ感じます。


ブラペネダックスフントさんの動画

脚が短いダックスフンドも、このアングルから見るとしっかりプレイバウしているのがわかります。


プレイバウは遊びに誘っているサイン

笑顔のコーギー

カーミングシグナルやボディーランゲージといった、いろいろな説明の方法がありますが、端的には「一緒に遊びたい」サインです。

興奮がエスカレートしないように飼い主が上手にコントロールしながら、遊びたい欲求も満たしてあげましょう。

Share!