犬の値段はどう決まる? 高いor安い理由や犬種別の相場価格をプロが解説

犬の値段はどう決まる? 高いor安い理由や犬種別の相場価格をプロが解説

子犬を迎える際に気になることの一つは、子犬の値段ではないでしょうか。そもそも犬の値段とは、誰がどのように決めているのでしょう。今回は、犬の値段の決め方や相場、ブリーダーが犬を育てる際にかかる費用などを、トイプードル専門ブリーダー「といぷーはうす」の上田が解説します。

犬の値段はどうやって決まるのか

犬

現在、日本のペット(犬)の80%程はペットショップからご家庭に迎えられています。ブリーダーから直接譲り受けるケースは、20%以下です。そのためペットの価格相場は、市場の大多数を占めるペットショップがリードしているのが実状です。

通常のペットショップは自社で繁殖をおこなわず、ブリーダーが繁殖した子犬を仕入れて店頭で販売しています。犬のオークション(せり市)から仕入れをしているペットショップも多数存在します。多くのブリーダーは、お客さまへの直接的な販路を持っていないため、これらの流通を介して販売することで成り立っています。

犬種や子犬のクオリティーにより異なりますが、ペットショップの仕入れ価格はおおむね5~10万円程度が多いようです。オークションの場合は更に低価格となり、通常でも5万円前後、出展頭数が多いときは1万円を切ることもあります。このような低価格での卸売りが、医療費や良質な親犬の確保などのブリーダーの飼育コストを圧迫し、質に問題がある子犬が流通してしまうなど、弊害の温床につながっているともいわれています。

ブリーダーから家庭まで、ペット市場の流通を説明した図


ブリーダーが犬を育てるのにかかる費用

犬

健全な子犬を生み出すためには、望ましい環境を整備する必要があります。それにはある程度のコストを掛けることが必要です。一般的な飼育費用として、以下のようなものが挙げられます。

  • 感染予防や健康診断、治療に関する医療費
  • フードやトイレシートなど、飼育に必要な消耗品
  • 血統証明書の登録費用
  • 飼育員の人件費
  • 水道光熱費
  • 飼育施設を整備する費用

子犬を迎えるご家庭への直販を主としているブリーダーの場合、これらの飼育費用に加えて、子犬を販売するために以下の費用が掛かります。

  • ホームページの作成や保守の費用
  • ウェブ広告費や子犬販売のポータルサイトに支払う費用
  • 子犬の撮影費用

これらのほか、優良なブリーダーは健全で質の高い子犬を出生するため、他のブリーダーから高額で質の良い親犬を迎えることもあります。あるいは、問題のある家系には繁殖をおこなわず、その血縁も残さないなどの厳格な血統管理をおこなうためのコストも伴います。

これらの費用は、それぞれのブリーダーの体制や飼育の考え方によって大きく異なります。「パピーミル」と呼ばれる、悪辣(あくらつ)な環境で手を掛けずに繁殖をおこなえば、費用は最小限で済むことになります。医療費も掛けず、掃除もしない。あるいは、子犬を産ませられるだけ産ませるなどの乱繁殖をおこなうことも、そのブリーダーの考え方によります。

反対に、親犬を家庭犬のように手を掛けて大切に扱い、のびのびとした環境を備えているブリーダーもいます。これらの飼育に対する考え方により、飼育コストに大幅な違いが生じます。

ペットショップへの卸売りやオークションへの販売を主としているブリーダーの場合、卸価格が安価であることから十分な飼育コストが掛けられず、「望ましくない飼育管理であることを知りながらも改善できない」という場合も少なくありません。これは、産業構造の問題といえるのではないでしょうか。

一概には言えませんが、健康で社会性が身に付いた健全な子犬1匹を生み出すためには、最低でも10~15万円程度の費用が掛かるのではないかと思います。極端に飼育コストをかけていないブリーダーには注意する必要があります。


ペットショップとブリーダーの価格の違い

トイプードル

繁殖しているブリーダーから子犬を直接購入すれば、仕入れ販売をおこなっているペットショップよりも価格が安いと考える方がいるかもしれません。しかし価格の差は、ブリーダーとペットショップの違いというより、事業者の販売方針による違いから生まれているのが実情でしょう。

ペットショップでもブリーダーであっても、高級店や安売り店が存在します。ペットの生体は、明確な価格基準や定価があるわけではないため、来店する顧客層に合わせた価格帯を考慮して価格を決めているケースがほとんどでしょう。

例えば同じ子犬が、ある店では10万円の価格が付き、違う店では20万円となることもあります。それぞれの事業者は、独自の基準でその子犬のクオリティーを査定します。多数の犬を販売している大手ペットショップの相場観を考慮して、その事業者の独自の基準で販売が成立する価格を設定しているのです。子犬の価格は、飼育コストなどの原価主義ではなく、売れる価格を考慮した市場主義で決定しているわけです。

それでは、どのような基準で子犬のクオリティーを判断し、価格を設定しているかを考えてみましょう。

犬種によって値段が違うのはなぜ?

犬

犬種により質の評価や価値基準が異なりますが、トイプードルの場合、おおむね以下の表のような基準で査定しています。

それぞれの犬種によって人気が高い査定のポイントがあり、その基準と照らし合わせて、多くの条件が整うほど高額になります。従って、子犬選びの際により完璧な個体を求める場合は、相応の予算が必要になります。

同じ犬種で値段が違う理由を説明した表
同じ犬種で値段が違う理由

子犬の価格査定は、健康リスクなど生命体としての優位性を評価する観点と、美観を評価する観点から評価されます。ペットを迎える上で、前者はとても重要な要素であり、遺伝的リスクが高い個体は、病気の発症リスクが高まることから、子犬選びの際、最も重要な要素となります。

後者は、人間が犬をペットとして見たときの愛らしさや美しさといった観点であり、生物学的な優劣ではありません。飼い主の嗜好が集まる、いわゆる人気のタイプであれば需要が高く高額となります。ペットショップやブリーダーも収益事業であるため、評価が高い人気タイプを、理由なく低価格で販売することはありません。低価格にする理由があるからこそ低価格となっているわけです。そのため、あまりにも安い価格を表示している場合は、少し注意が必要かもしれません。


犬の値段が変動する条件

犬

同じレベルの子犬であっても、市場環境によって価格が変動することがあります。これには、犬の生体市場の80%を占めるペットショップの査定価格が、各犬種の価格変動に大きな影響を与えています。

人気の犬種で、供給量に比べて需要が大きければ、価格は高騰していきます。反対に供給量がダブついていれば、価格は低下します。このような需要と供給の状況によって、犬の販売価格は緩やかに変動しています。

昨今では、ブリーダーの高齢化や法改正による廃業など、ブリーダーの減少によって供給量が不足する傾向が続き、ペットショップの仕入れ価格が上がっています。これに伴い、販売価格もやや高騰しています。

犬種別の標準的な価格(相場)

トイプードル

ブリーダーやペットショップの体制や方針、質の査定基準によって大幅に異なりますが、JKCの登録頭数ベスト10犬種(2017年)の標準的な価格を目安として記載します。


※上記は、生体の標準価格として記載しました。購入場所により付帯費用が異なるため、実際の価格は異なることがあります。

まとめ

犬

ブリーダーが健全な子犬を育てるのは、ある程度の費用がかかる
犬種によって、質の評価やその基準が異なるため、値段も変わってくる
飼育コストをかけていないブリーダーには注意が必要

犬の価格はそれぞれの事業者の考え方によるところが大きいため、高ければ質が良いということではありませんし、安いから病気のリスクが高いということでもありません。ただ、望ましい環境で子犬を生育するためには、相応のコストがかかります。相場を大幅に下回る場合は、その理由をよく確認し、慎重に判断することをお勧めします。

Share!