茶トラの猫は甘えん坊? 特徴・性格から、オスが多い理由まで解説

茶トラの猫は甘えん坊? 特徴・性格から、オスが多い理由まで解説

茶トラの猫は世界中で見ることができ、日本でもよく見かけますので、なじみのある方も多いと思います。茶トラ猫には「甘えんぼう」「大きくなる」といった評判がありますが、本当なのでしょうか。今回は茶トラ猫の特徴・性格から、オスが多い理由や「大きくなる」「デブ」「バカ」などのうわさの真相まで解説します。

関連リンク

茶トラ猫の特徴

茶トラ猫
茶トラ猫は明るい茶色の被毛を持った猫です。多少の個体差はありますが、茶色というよりオレンジ色に近いような明るい色です。ベースの毛の色より少し濃いめの茶色の縞模様が頭からしっぽまで入っており、腹部の毛は少し薄い茶色です。縞模様がある猫の特徴である、額のMの模様、目のわきから延びる「クレオパトラ・ライン」と呼ばれる線が茶トラ猫でも見られます。日本名の「茶トラ」はその名の通り、「茶色い虎柄の猫」であることから呼ばれるようになりました。
茶トラ猫はキジトラ猫などに比べると色素が薄いので、鼻や肉球は明るいピンク色です。瞳はゴールドの場合が多いですが、まれに青い瞳になることもあるようです。

茶トラ猫の英語名

茶トラの英語名は「red mackerel tabby(レッド・マッカレル・タビー)」です。英語では茶色の猫の毛色のことをレッドと表現します。「茶色のサバ柄の縞猫」という意味です。

茶トラの歴史

茶トラ猫
現在のペットとしての猫の祖となったイエネコは、古代エジプトで猫種としての固定化がされましたが、その当時はキジトラ猫しかいませんでした。つまり猫の基本形はキジトラなのです。茶トラもキジトラから派生した猫です。英語では縞の模様がある猫をタビーと呼びますが、キジトラから派生した縞模様を有する猫は、キジトラと同じく体全体の縞模様、額のM字の模様、クレオパトラ・ラインなどの共通の特徴を持ち、茶トラもその特徴を持っています。

イエネコが暮らしていた砂漠地帯では、猫の基本色であるキジトラの被毛は目立たず保護色でした。しかし、茶トラは明るいオレンジ色なのでキジトラの被毛よりも目立ってしまいます。茶トラは突然変異などで生まれとされていますが、古代エジプトの時代には目立ちすぎる被毛のために生き残ることができなかったであろうと考えられています。

猫がヨーロッパでも普及するようになり、ペットとして人間と密接な関係に基づいた生活に変わったことから、それまでは生き残るのが難しかった茶トラやサバトラなどの猫も増えいったとされています。日本では茶トラが普及し始めたのは江戸時代以降で、特に第二次世界大戦後に洋猫が入ってきたことによりその数が増えていったと考えられています。

茶トラはオスが多い

猫は毛色によってオスとメスの比率が違う場合があります。三毛猫はほぼメスしか生まれないのは有名ですね。三毛猫にほぼメス猫しか存在しないのは遺伝子の組み合わせによるものなのですが、同様に茶トラのオスとメスの出生率も遺伝子により異なります。茶トラもしくは茶白(白地の毛に茶トラ模様)の雄雌の生まれる比率は、だいたい8:2の割合でオスのほうが圧倒的に多く生まれます。2割はメスの茶トラが生まれるので、オスの三毛猫のように稀有な存在というわけではありませんが、少し珍しい存在ではありますね。

筆者は保護活動をしており、茶トラ猫も多く保護しますが、やはり茶トラのメスは少なく数匹しか保護した経験はありません。茶トラのメスが珍しい存在であることは少し猫に詳しい方は知っていますが、あまりご存じない方も多く、「三毛猫にオスはいない」という事実ほどは知られてはいないようです。

茶トラの性格

茶トラ猫
茶トラの猫は人懐こくて、甘えん坊が多いということは猫好きさんの間では知られた話です。筆者が保護した茶トラもたいていの場合、甘えん坊の子が多く、里親さんにもすぐに懐いてくれます。筆者が経験した中で甘えん坊は共通しているのですが、穏やかなタイプとやんちゃなタイプに分かれるように思います。穏やかなタイプは少し臆病で知らない場所に慣れるのに少し時間がかかりますが、やんちゃなタイプは人見知りも少なく、里親さん宅に行ってもすぐに探検を始めるなど慣れやすい傾向が強く、とても遊び好きです。

毛色によって性格に差が出るかどうかは、はっきりしたこと分かっていません。多少の傾向はあったとしても、毛色の違いよりも育った環境や個性による性格の違いのほうが大きいように筆者は感じます。茶トラの「甘えん坊で、人懐こく、遊び好き」という性格は、茶トラがオス猫が多いということにも起因しているでしょう。オス猫はメス猫に比べて子供っぽく甘えん坊である傾向があるので、オス猫が多い茶トラはオスに多い甘えっこなどの印象が強く、それが茶トラの性格として知られているものと考えられます。

茶トラは「大きい」「デブ」「頭が悪い」って本当?

茶トラ猫
茶トラは「甘えん坊である」以外にも、ほかの猫種よりも「茶トラはこういう猫(らしい)」という“うわさ”が多いようです。

茶トラは大きい?

筆者の体重7㎏の愛猫は茶白です。体が大きいのは、長毛なので洋猫の血が濃いことも要因の一つかと思いますが、よく「茶トラちゃんだから大きくなるよね」と言われます。茶トラは大きくなると言われることが多いですが、一般的にオス猫はメス猫より大きくなり、4㎏~6㎏ほどになるので、これも茶トラの特性というより、オス猫の特性が茶トラの特徴として定着したと考えられます。茶トラはオスが多いので、大きくなると思って飼ったほうがいいですね。

茶トラはデブな子が多い?

「茶トラは太っている子が多い」というのも、茶トラの特性というよりも、茶トラにオス猫が多いのでそう見えるのでしょう。去勢手術をすると太りやすくなる子が多いです。さらに完全室内飼育をしていると、運動量が足りずに太ってしまうことがあります。オス猫はメス猫に比べて食欲も旺盛な場合が多いので、茶トラは太りやすいと思われる人が多いのでしょう。

茶トラに限らず、去勢後は太りやすい傾向がありますし、肥満は猫の健康にとって良いことはありませんから、適切な食事と室内でも運動できるようにしてあげることが大切ですね。キャットタワーなどを利用して上下運動ができるような居住空間にしてあげましょう。

茶トラは頭が悪い?

「茶トラはおバカさんが多い」と思っている方もいるかもしれませんが、オス猫はメスに比べて子供っぽいのでそう見えるのでしょう。

茶トラはかわいい?

甘えっこの茶トラが好きな方は多いです。やはり、オス猫が多いので甘えんぼうさんが多く、すぐに懐いてくれるので「かわいい」と思いますよね。筆者もこの「茶トラはかわいい」という意見に全く異存はありません。

茶トラの里親になる

茶トラ猫
茶トラをペットとして飼いたいときは里親になるという方法をとることがほとんどでしょう。茶トラは純血種の猫ではありませんので、茶トラのブリーダーなどはいません。保護猫の里親になることが、茶トラを家族として迎える方法になりますね。茶トラは明るい毛色のために、外見上もかわいく感じる方が多く、「甘えん坊」とう性格も知られているので、里親さんは比較的早期に決まりやすいです。茶トラを飼いたい場合は、こまめに里親募集サイトをチェックするといいですね。
関連リンク

茶トラと楽しく暮らすために

茶トラはほとんどがオス猫なので、甘えん坊で人と一緒にいることが好きな子が多いです。そのため、猫と過ごす時間を十分にとってあげられる人に向いています。また、運動したり遊んだりすることが好きな子が多いので、室内でも十分に運動できるように住環境を整えてあげたいですね。「茶トラの飼い主になる=保護猫の里親になる」ことが多いと思われます。保護猫は二度と不幸な目に遭うことのないように譲渡条件が設定されている場合が多いので、その子を保護しているボランティアさんの条件をよく確認して応募するといいですね。

Share!