犬の平熱はどのくらい? 体温の上げ方・下げ方などを獣医師が解説

犬の平均体温は、38.5℃前後と、人間より高めです。この数値はあくまでも平均ですので、個体差はあります。犬の大きさ、年齢によって多少差があり、チワワやミニチュアダックスフンドのような小型犬の平均体温はは38.0℃~39.0℃、大型犬は37.5℃~38.5℃であれば正常といえます。今回は犬の体温について、体温が高い・低い場合に考えられる理由や、犬の体温の測り方などを獣医師の真下が解説します。

平熱には個体差がある

犬の平熱は38.5℃前後ですが、体温は一日の中でも変動があります。朝は体温は低め、夕方から夜にかけて高めになり、その差は1℃ほどといわれています。

また、幼犬は代謝が活発なので、成犬に比べて体温が高めで、逆に老犬は運動量や代謝が低下するため、体温は低めになります。

さらに、筋肉量によっても体温は変わるため、平熱には個体差があります。そのため、日ごろから体温をチェックして、愛犬の平熱を知っておくことが大切です。

犬の体温調節方法

見上げる犬

犬は汗腺を足の裏にしか持っていないため、人間のように全身に汗をかいて熱を下げることはできません。

そこで犬は暑いとき、大きく口をあけ、舌を出してハアハアと息をする「パンティング」という呼吸を始めます。こうすることで、唾液が蒸発し、その気化熱で熱を逃がしているのです。

パンティング時は鼻でも呼吸をしており、鼻を通り抜ける空気との熱交換によって血液が冷やされ、体温を下げることができます。

しかし、これらをしてもなお、放熱の効率は悪く、犬は暑さに弱いといえます。特に、パグブルドッグなどの鼻の短い犬種は、口腔の面積も小さく、鼻で熱交換できる距離も短いので、体温調節がしづらい犬種といえます。

犬の体温の測り方

獣医師と犬

犬の体温測定は、直腸で測るのが一般的です。その際、できれば誰かに犬を抑えてもらうと安心です。また、興奮や運動などで簡単に熱は上がりますので、体温を測るのは、犬が落ち着いてリラックスしているときに行いましょう。

Step.1 犬の尻尾を持ち上げる

尻尾を持ち上げることで、肛門が少し上を向き、体温計を入れやすくなります。

Step.2 体温計を肛門に2〜3cm挿入する

体温計が何かにめり込む感じがしたら、もしかしたら便にささっているかもしれません。この場合も正しく測れませんので、排便後にもう一度測定しましょう。体温計を入れにくい場合は、ワセリンやオリーブ油を塗ると入りやすくなります。

Step.3 尻尾と体温計を一緒に持ってアラームを待つ

アラームを待っている間は尻尾を下ろして、しっぽと体温計を一緒に持つと、体温計が抜けにくくなります。体温計が浅すぎると正しく測れませんので、しっかり入れましょう。

もし初めてで心配なら、一度動物病院で教えてもらうと、コツも分かって安心です。それでも検温が上手くいかなかったり、犬が嫌がって暴れる場合は、無理せず動物病院で測ってもらいましょう。

使用する体温計

体温計は人間用のものでも構いませんが、衛生面からも共用はしないようにしましょう。

動物用の体温計も販売されているので、そちらをオススメします。先が柔らかく、犬が少しくらい動いても、腸を傷つける心配が少ないので安心です。

また、使い捨ての体温計カバーフィルムも売られているので、こういったものを使うと、その都度消毒しなくて済むので、オススメです。

危険な体温と対処法

ベッドにいる犬

犬の場合、39.5℃以上あると「ちょっと熱が高い」と考えます。熱以外に、普段と変わったことや異常がないか観察しましょう。例えば「食欲が無い」「ぐったりして元気がない」「嘔吐・下痢している」などがあれば、注意が必要です。

熱以外にも異常がある場合は、動物病院へ。他に異常はないが、再度測定しても熱が高い場合も念のため病院に行かれることをおすすめします。

もし、何もなく、元気いっぱいで普段通りなら、一時的に上がっているだけかもしれませんので、犬を落ち着かせて、30分~1時間後にもう一度測定してみましょう。

もし、40℃以上の熱がある場合は、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

犬の体温が高い場合の理由

犬

犬の体温は、運動や興奮によって一時的に上昇するほか、さまざまな病気、ケガ、中毒、熱中症などで高くなります。この中で代表的なもの4つをご紹介します。

感染症

ウイルス、細菌などのあらゆる感染症で発熱がみられます。ワクチンでおなじみのジステンパーやパルボウイルス、犬伝染性肝炎、レプトスピラ症などが有名です。


子宮蓄膿症

未避妊の雌犬に見られる子宮に膿が溜まる病気です。発情の後に多くなるホルモンによって分厚くなった子宮に膣や外陰部の細菌が感染することによって起こります。

「発熱」「食欲低下」「多飲多尿」といった症状に加え、外陰部から嫌な匂いの膿が出て気づくパターンが多いですが、まったく膿が外に出てこない場合や、犬がその都度きれいに舐めていて、飼い主が気づかないケースもあります。

内科治療では再発してしまうことが多いため、手術で卵巣・子宮を全摘出するのが基本です。そのままにすると、敗血症を引き起こして死亡する危険が高いため、迅速に対処しなければなりません。


化膿性外傷

ケンカでの噛み傷や外傷によって、体の内部に膿がたまると、高熱が出ることがあります。小さくて深い傷は被毛によって隠れ、気づかれずに化膿することがよくあります。

熱中症

犬は熱を逃がす効率が悪いので、熱中症になりやすいです。熱中症も重度の場合多臓器不全で死亡することがあるので、気づいたら早めの対処が必要です。

外出先で倒れてしまったときは、すぐに風の通る日陰に移動し、水を飲ませて休ませましょう。家にいる場合は、風呂場で水のシャワーをあびせ、皮膚までしっかり濡らします。

このとき、氷水や冷蔵庫で冷やした水などは使わないでください。あまりに冷たいと、逆に皮膚表面の血管が縮んで、熱を逃がしにくくなってしまいます。水道水で大丈夫です。

濡らしたら、扇風機で全体に風をあてましょう。水が体表で気化することで熱が奪われ、効率よく体温を下げられます。太い血管が通っている脇の下や鼡径部(足の付け根)にタオルでくるんだ保冷剤をはさむのも有効です。

家でこれらのことができない場合や、体温が下がってきても元気が戻らない場合は、内臓がダメージを受けていることもあるので、すぐに病院に連れて行きましょう。


犬の体温が低い場合の理由

チワワ

加齢によるもの

よくあるのは、年を取った場合です。筋肉量も減り、代謝も悪くなるので、若いころは38℃台だった平熱が年を取って37℃台になるのも珍しくありません。

寒いと感じる環境にいる

寒い場所に長時間いると体温は下がります。特に、子犬は体温調節機能が未熟ですし、老犬はこの機能が鈍くなっています。

内臓疾患がある場合もこの機能が働きにくくなって、環境温度の影響を受けやすくなっているケースもありますので、子犬、老犬、疾患のある犬は日ごろから部屋の温度管理に注意しましょう。

検温し、体温が36℃台の場合は、毛布でくるむなどして保温してあげましょう。36℃以下だった場合は保温マットやペットボトルを使った湯たんぽなどを用意し、積極的に保温しなければなりません。

体温が上がらない場合や、寒さで震えている場合は、動物病院へ連れて行きましょう。

内分泌ホルモンの異常

内分泌ホルモンの異常で起こる病気でも低体温になることがあります。代表的なものは「甲状腺機能低下症」です。

甲状腺は、代謝を活発にするホルモンを作る臓器です。普段は、脳から指令を受けてホルモンを作っていますが、脳からの指令が来なくなったり、甲状腺自体に異常が起きて、このホルモンを作れなくなると、代謝が落ち、作られる熱量も下がるため、体温も低めになります。全体的に元気がなくなり、食欲も落ち、不活発になります。

まとめ

遊びたそうなビーグル

犬の平均体温は38.5℃前後
平熱には犬種による差や個体差がある
犬の体温測定は直腸で測るのが一般的
測定には犬専用の体温計を
熱の異常以外に、その他の異常も見られれば動物病院へ

体温はさまざまな病気・異変に気づくきっかけになります。昨今、熱中症のリスクも上がっているため、ご家庭に一本、犬専用の体温計があると安心ですね。ぜひ、検温をマスターして、愛犬の平熱をチェックしてみてください。

参考文献

  • 小動物内科学全書
  • small animal internal medicine
第3稿:2020年5月22日 公開
第2稿:2019年2月19日 公開
初稿:2016年2月14日 公開



Share!