犬はパプリカを食べても大丈夫!与えていい量や注意点を栄養管理士が解説

Share!

パプリカはカラーピーマンとも呼ばれ、犬が食べても大丈夫な野菜です。緑ピーマンよりも栄養豊富で、特に赤ピーマンは抗酸化作用が期待できます。今回は犬にパプリカを与える際の注意点や与えていい量、生や加熱調理の違いについて、ペット栄養管理士が解説します。

犬はパプリカを食べても大丈夫

パプリカ

パプリカはカラーピーマンの一種で、犬が食べても大丈夫な野菜です。日本では赤色や黄色、橙色(オレンジ)が一般的で、抗酸化作用が強いビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンEを多く含みます(※)

パプリカも緑のピーマンも同じ「ピーマン」ですが、肉厚で大型な品種をパプリカと呼びます。緑のピーマンは未成熟な果実ですが、パプリカは成熟したものが出荷されます。栄養価はパプリカのほうが高く、特に赤ピーマンの栄養が突出しています。

※犬はβカロテンを体内合成してビタミンAを作ることができ、ビタミンCも体内合成できます。ビタミンA(βカロテン)・ビタミンC、ビタミンEは抗酸化作用を持つビタミンとしてまとめて「ビタミンACE(エース)」と呼ばれます。赤ピーマンに含まれる赤色色素「カプサンチン」にも抗酸化作用があります。


パプリカに含まれる栄養素

赤ピーマン 黄ピーマン 橙ピーマン 緑ピーマン
エネルギー 28kcal 28kcal 19kcal 20kcal
カリウム 210mg 200mg 230mg 190mg
βカロテン 1100μg 200μg 420μg 400μg
ビタミンE 4.3mg 2.4mg 3.1mg 0.8mg
ビタミンC 170mg 150mg 150mg 76mg
葉酸 68μg 54μg 53μg 26μg
※各100g当たり、参照:「食品成分データベース」(文部科学省)

栄養素
特徴
カリウム 過剰な塩分を排出してナトリウムとのバランスを保ち、血圧を安定させる効果があります。腎臓が弱っている場合は過剰になり心臓にダメージを与えてしまいます。摂取量に注意が必要です。
βカロテン 犬はβカロテンを体内でビタミンAに合成することができます。ビタミンAは健康な被毛を保ち、視力維持にも役立ちます。不足することで免疫力の低下や骨の形成不全につながります。
ビタミンE ビタミンEはトコフェロールとも呼ばれ、抗酸化作用を持ちアンチエイジングや認知症予防、アトピー性皮膚炎など皮膚疾患への抗炎症作用が期待されます。単体では吸収効率が低く、脂質と一緒に摂ることで吸収が促進されます。
ビタミンC 強い抗酸化作用を持ち、がん予防やアンチエイジングの効果が期待されます。生体内の異物を解毒する作用や、免疫機能を向上させる作用もあります。犬は体内で合成することが可能です。
葉酸 体の細胞の生まれ変わりや成長をサポートするという大切な役割を持ち、「造血のビタミン」と呼ばれます。不足すると貧血や免疫力の低下につながります。

※参照:「パプリカはピーマンとは違うのですか。」(農林水産省)

犬にパプリカを与える際の注意点

パプリカ

犬にパプリカを食べさせる場合、初めて食べてから数回までは、アレルギー症状が出ないか様子を見るようにしてください。体を痒がったり、嘔吐・下痢が見られる場合はアレルギーの可能性がありますので獣医師に相談しましょう。

なお、アレルギー検査で陽性が出た食材は食べられないと考える飼い主さんが少なくありませんが、実際にアレルギー症状が出ていなければ与えても問題ありません。誤解から愛犬の食の選択肢を狭めてしまわないように、以下の記事も参考にしてください。


アルカロイド(カプサイシン)は大丈夫?

パプリカを含むナス科の植物には、アルカロイドという成分を含みます。犬が摂取すると嘔吐や下痢などの中毒症状を起こす可能性がありますが、パプリカでは相当な量を食べない限り問題にはなりません。アルカロイドは油に溶ける性質がありますので、気になる飼い主さんは油で炒めたものを与えるといいでしょう。

パプリカはトウガラシの仲間でもあります。トウガラシはアルカロイドの一種で犬に毒性のある辛味成分「カプサイシン」を含みますが、パプリカにカプサイシンは含まれませんので与えて問題ありません。

※参照:「Capsaicin level of various Capsicum fruits」(International Journal of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences)


犬にパプリカを食べさせるときの方法

パプリカ

パプリカは犬に生で与えて問題ありませんが、加熱することで甘みが増すため加熱調理をオススメします。生のシャキシャキとした食感を好む子もいるかもしれませんが、甘いものが大好きな犬は、加熱されたパプリカのほうを喜ぶと思います。

ヘタは硬く消化不良になったり詰まらせたりする可能性がありますので、取るようにしてください。種やワタにも栄養が含まれ与えても問題ありませんが、種の消化は良くありませんので取ったほうがいいでしょう。

与えていい量

パプリカをいつものごはんにトッピングしたり、おやつとして与えたりする場合は、1日の最適カロリー量の10%以内にしてください。1日の最適カロリー量は「PETOKOTO FOODS」の「フード診断」(無料)で簡単に計算することができます。

無料フード診断を受ける

PETOKOTO FOODS

まとめ

パプリカ
パプリカは緑ピーマンよりも栄養が豊富
特に赤ピーマンは強い抗酸化作用あり
ヘタや種を取って適量を与える
パプリカはカラーピーマンとも呼ばれ、緑ピーマンが成熟した肉厚な大型の品種です。特に赤ピーマンは栄養価が高く抗酸化作用が期待できます。パプリカはジューシーで甘みが強く、大好きなワンちゃんも多いはず。トッピングやおやつとして、適量を与えるようにしてください。


\20%OFFキャンペーン実施中!/
PETOKOTOFOODS
ご満足いただけなかった場合は初回配送分に限り、全額返金いたします。ぜひ一度お試しください。

>> 詳しくはこちら <<