【猫との暮らし】猫以外立ち入り禁止♪ 猫とキャットウォークのある風景

【猫との暮らし】猫以外立ち入り禁止♪ 猫とキャットウォークのある風景

「猫との暮らし」では、飼い主さんと愛猫との暮らしの様子が伝わるような写真とそのエピソードを紹介していきます。今回のテーマは「猫とキャットウォーク」。狭いところや細い道、高いところなど猫が大好きなところはたくさんありますが、まさにそれを集結させたものがキャットウォーク。猫飼いの皆さんからすると、垂涎ものの写真の数々。ぜひ今後作るキャットウォークの参考にされてはいかがでしょうか。


最上階争い、今日の勝者は?「レイシーちゃん・とらおくん・のん太くん」

キャットウォークに4匹の猫
Photo by toraonoanaさん Thanks!


左上から、レイシーちゃん、右上はとらおくん、下にいるんはのん太くん。3匹はみんな「セルカークレックス 」という種類の猫ちゃんたちです。巻き毛が特徴で、性格は「歩くお花畑」という言葉がぴったりでみんな甘えん坊。あまりにのんびりしているので、本当に猫なのかな……と疑うほどだそう。

「夫婦で建築デザインの仕事をしているので、リフォームにあたりキャットウォークは欠かせない! ということで、力を入れて設計しました。上下運動のできるキャットウォークは円開口、部屋と部屋の行き来はトンネルを使って各々自由に楽しんでいるようです。また、時々最上階争いが起こります。見ていて笑ってしますような、ポコスカと音が出そうな殴り合いから、本気の一位争いまで。猫らしく、その日の気分で繰り広げられます」


ここからの景色は最高よ〜「更(さら)ちゃん」

キャットウォークを優雅に歩く、白と茶と猫さらちゃん
Photo by あずきさん Thanks!


更ちゃんは2012年12月に、きょうだいの楽(らく)くんと一緒にボランティアさんのところを通して、今の飼い主さんの家族に迎えられました。ラグドールのお父さんの血を引いて、青い目がチャームポイントのふわふわおっとりさんなんだそう。

「先代の猫(26歳と17歳)との暮らしの中で、猫も人間も快適に過ごせるよう、ああしたいこうしたいと思い描いていたことの一つがキャットウォークを作ることでした。リフォーム会社さんの提案でスケルトンのキャットウォークにしてもらい、猫は上から人間を見下ろしているととても楽しいようです。写真はちょうどその瞬間のドヤ顔! 人間も、下から猫のつぶれた肉球や、くつろいでいる姿を見て癒やされています」


太陽と月、それに猫たち「王子くん・姫くん・若くん・殿くん・主くん」

太陽と月モチーフのキャットウォークに5匹の猫たち
Photo by aco.485さん Thanks!


真ん中右の子から反時計回りに、スコティッシュフォールドの王子くん、スコティッシュ×アビシニアンミックスの姫くん、スコティッシュフォールドの若くん、ラグドールの殿くん、エキゾチックロングヘアの主くん。

「多頭飼いでいろんなタイプの子がいるため、みんなが使えるようにウォークを配置したのと、使っているところを私達人間から見ても楽しくなるようなものを選びました。こんなのをつけて実際に使ってくれなかったら悲劇でしたが、気に入ってくれたようでよく使ってます」


ここは専用の避難所!?「空ちゃん」

階段の上のキャットウォークでくつろぐ空ちゃん
Photo by ito_mikayoさん Thanks!


凛とした表情で写真に写る空ちゃんは6歳の女の子。とにかく喜怒哀楽がはっきりしており、抱っこも気が向いた時にしてできないというツンデレさん。同居猫である9歳の黒猫クータくんの妹分として、保護猫から今の飼い主さんのところへ迎えられました。

「猫たちが楽しめる家にしたいと、家中を回避出来るようなキャットウォークを作りました。この場所は吹き抜けの梁を活かし、LDKから続くウォークとロフトをつなぐ橋となっています。梁の上で繰り広げられるクータと空の猫パンチ試合は、毎回落ちやしないかとヒヤヒヤしながら見ていますが、猫たちは満喫しているようです!」


視線の先には一体何が……「アビくん・ポコくん・うーくん」

真っ白のキャットウォークに3匹の猫が順に
Photo by bbslmさん Thanks!


とっても人懐っこいアビシニアンのアビくんに、ちょっぴりぽっちゃりだけど、行動が一番面白く飼い主さんを良く笑わせているスコティッシュフォールドのポコくん。とにかくやんちゃでマイペースなマンチカンのうーくん、写真には写っていませんが単独行動派ロシアンブルーのちいくん、計4匹のニャンズが一緒に暮らすこちらのお宅。

「1年前に家を建て替えまして、猫と暮らせる家をテーマにしながら設計してもらいました。普段はキャットウォークを上がったロフト部分で寝ていますかね。4ニャンズをキャットウォークに乗せて撮ろうとしましたが、なかなか揃わず諦めました。なかなか4ニャンズは難しいです」


とろ~んととろけそうにくつろぐ「とろくん」

キャットウォークの上でお餅のようにくつろぐトロくん
Photo by pantorochiroruさん Thanks!


とろくんは12歳の男の子。生後40日から一緒に過ごしているので、甘えん坊で何をしても怒らずされるがままに身を任せてくるところが、とっても可愛い子なんだとか♪  初めて猫を飼って猫の可愛さに魅了され、もう1匹ほしいなと思い1匹目の猫を飼って8カ月後に、近所の知り合いの方から譲り受けたのがとろくんなんだそう。

「室内飼いなので、猫が楽しめて居心地がいい環境を作りたくて、高い場所に上るのが好きな私が作りました。この写真は、とろはご飯を食べてお腹いっぱいになって眠くなっているところです」


キャットウォークから生まれる暮らしの物語

キャットウォークのあるお家、猫飼いのあこがれですよね。今回はインテリアとキャットウォークがなんともうまく融合された、すてきな写真の数々をご紹介しました♪ 犬飼いである筆者も、自宅にキャットウォークをつけたいと思ったほどです(笑)。

ペトことは猫と暮らしのインテリアを一つずつテーマに上げ、これからも紹介していきます。「ステキな1枚を見て模様替えの参考にするのもよし」「ただただ癒やされるのもよし」「自分もステキな1枚を投稿するのもよし」です♪

次回掲載予定のテーマは「猫とベッド」です! 皆さんもぜひ、暮らしを豊かにするインテリアとペットの日常を撮ってInstagram(インスタグラム)「#ペトこと猫部」で投稿してみてください♪

Share!