犬の貧血|原因・症状・治療法・予後などを獣医師が解説

Share!

犬のまぶたの裏や結膜、口の中の粘膜の色が、通常より白い場合は、貧血の可能性があります。人の場合だと貧血は軽視る傾向にありますが、致死率が高い病気や重い病気のサインの場合もあるので「たかが貧血」と軽く考えないほうが良いでしょう。今回は犬の貧血の原因や症状、治療時の輸血の必要性などについて、野坂獣医科院長の野坂が解説します。

犬の貧血とは

見上げる大型犬

貧血とは「体内において赤血球の総数が減少した状態」と定義されており、簡単にいうと、貧血は血液内の必要なものが不足し、薄くなっている状態のことをいいます。

赤血球は、肺で取り込んだ酸素を全身に運搬するという働きがあります。

赤血球が少なくなるということは、全身に酸素を運搬できなくなり、全身の臓器が酸素不足で正常に働けなくなります。さらに、場合によっては命に関わることもありますので、貧血は甘くみてはいけません。

犬の貧血の種類と原因

ソファーの上で寝そべる犬

貧血は大きく「再生性貧血」「非再生性貧血」の2つに分けられます。

再生性貧血

再生性貧血とは常に骨髄外の病因から生じ「溶血」や「失血」から生じる貧血です。

溶血は「免疫介在性溶血性貧血(IMHA)」「感染症」「中毒」などによって赤血球が壊れている状態を指します。

失血は体の中で赤血球を正常に造ってはいるものの、ケガによる出血などで、赤血球が身体の外へ出て、無くなっている状態を指します。

非再生性貧血

赤血球を造る工場が「白血病」「鉄欠乏」「腫瘍」「内分泌疾患」「慢性腎臓病」などの病気が原因でトラブルを起こし、破壊されている量より、赤血球を造れなくなっている状態を指します。

犬の貧血の症状

本を読む犬

  • 元気消失
  • 食欲不振
  • 粘膜蒼白
  • 黄疸
  • 運動不耐性
  • 無気力
  • 活動性の低下

貧血になるとまず、食欲や活動性が低下し、目や口の粘膜が蒼白になります。次に体の臓器の細胞が酸素不足に陥ります。そして、心拍数と呼吸数が増加します。

致死率が高いといわれている免疫介在性溶血性貧血(IMHA)は、臨床症状が明確ではないことが多く、下痢や嘔吐が貧血よりも先にみられることがあります。

そのほかに黄疸、血色素尿やビリルビン尿(茶褐色の尿)などもみられることがあります。


犬の貧血の治療・予後

診療を受ける犬

治療は原因によってそれぞれ異なります。

重篤な貧血の場合には、輸血が必要となることもありますが、輸血による副反応が起こる場合もあります。貧血の代表な病気を以下に記載し、その治療と予後について紹介します。


【再生性貧血】失血性:外傷

治療のゴールは、失血の原因である外傷を治療することです。予後は外傷の大きさで異なります。

【再生性貧血】溶血性:免疫介在性溶血性貧血(IMHA)

治療のゴールは免疫反応の抑制、血栓の予防、さらに白血球による赤血球の貪食の阻止です。

免疫抑制のためにステロイドや免疫抑制剤を使用し、さらに、血栓予防のための薬剤を使用することもあります。そのほかに輸血やヒト免疫グロブリンを使用することがあります。

血栓や血液凝固異常を引き起こし、致死的な経過をたどることもある恐ろしい病気です。重篤な場合の致死率は70%といわれています。

【再生性貧血】溶血性:ハインツ小体性溶血性貧血(タマネギ中毒)

治療のゴールは、摂取した原因物質の排泄促進や、貧血とそのほかの症状の対症療法です。

治療法は、点滴によって、有害物質の排泄を促進させます。また、重症例では輸血をすることもあります。


【再生性貧血】溶血性:犬バベシア症

治療のゴールは、バベシアという原虫を駆虫することです。

貧血や、発熱、血尿などの対症療法です。駆虫薬や抗生剤を用い、さらに輸血を行うこともあります。


【非再生性貧血】再生不良性貧血

原因疾患があればその治療、免疫が関わっている場合は、免疫抑制剤を投与します。治療反応が悪いことも多く、予後不良の疾患です。

【非再生性貧血】鉄欠乏性貧血、慢性疾患に伴う貧血

治療のゴールは、鉄分の補充です。その他に、原因となっている疾患の治療を行います。

予後は腫瘍などの原因となっている疾患によって異なります。

犬の貧血は甘くみてはいけません!

眠そうな犬

貧血は血液内の必要なものが不足し、薄くなっている状態を指します
愛犬の目や口の粘膜の色が、通常より白い場合は貧血の可能性があります
貧血の原因はさまざま考えられます
貧血は重い病気のサインの可能性があるため甘くみてはいけません

原因はさまざま考えられるため、貧血を完全に予防することは困難です。そのため、飼い主さんは愛犬の異変の早期発見が重要となってきます。

日頃より愛犬を観察し、少しでも異変に気付いたら、動物病院に連れて行きましょう。

参考文献