犬の血小板減少症とは? 原因や症状、治療法などを獣医師が解説

犬の血小板減少症とは? 原因や症状、治療法などを獣医師が解説

「血小板」は血液を固める役割を持っており、血液の中では赤血球と白血球と同じくらいに大切な成分です。その血小板が減少すると生体にどのような悪影響を及ぼすのでしょうか? 今回は犬の血小板減少症の症状や治療法などを野坂獣医科院長の野坂が解説します。

病名 血小板減少症
症状 (一般的な臨床症状として)点状出血
原因 さまざまな病気が血小板減少症の原因になります
危険度 高。重度の消化管出血や、中枢神経系への出血などが起きた場合は、生命を脅かす危険性があります

犬の血小板減少症とは

布団に隠れる犬

血小板減少症とは、その名の通り、血液中に流れる「血小板」が異常に減少し、正常範囲の状態を指します。つまり、血小板数が正常範囲を下回ってしまっている状態です。

血小板の役割

血小板は血液を固める役割を持っています。もしも、血管が破れたら、血小板は傷口に集まります。集まった後、傷口の穴をふさいで、固まることで止血します。

血小板数が少なったら、出血したときに血がなかなか止まらなくなります。出血が止まらなければ、致死的な経過をたどることもあり、危険性があります。

反対に血小板数が多かったら、血が固まりやすくなりますが、血が塊まりすぎてしまい、血管が詰まったり、心筋梗塞や脳梗塞になったりすることもあります。つまり、血小板の数は少なくても多くても体に良くありません。

犬の血小板減少症の症状

フレブル

一般的な臨床徴候は「点状出血(※)」です。下腹部、腋窩や鼠径部の皮膚、口腔粘膜、生殖器粘膜で点状出血がみられます。

それ以外の典型的な症状は、血小板数が極端に少なくならないと認めにくいため、愛犬の体に点状出血を確認したら、まず血小板減少症を疑っていいかもしれません。

点状出血以外の症状が認められる前に速やかに動物病院で獣医師の診察を受けましょう。血小板減少症を呈した犬において、重度の消化管出血や、中枢神経系への出血などが起きた場合は、生命を脅かす危険性があります。

※点状出血:毛細血管の破裂により生じる赤、もしくは紫色のポツポツとした点状の出血のこと

犬の血小板減少症の原因

パグ

血小板減少症の原因はひとつだけではありません。さまざまな病気が血小板減少症の原因になります。

血小板減少症は主に以下の4点などによって生じますが、この他にも、薬剤によって血小板が減少することもあります。

  • 血小板産生の低下
  • 血小板破壊の亢進
  • 生体内での血小板分布の異常
  • 感染症

血小板産生の低下

血小板の産生工場である骨髄の異常などにより、血小板が産生できなくなっている状態です。

「骨髄低形成」「骨髄無形成」「白血病」「腫瘍」「免疫介在性」などが考えられます。

血小板破壊の亢進

免疫機構に異常が起きて、血小板を攻撃してしまっている状態などです。

「血管障害性(血管炎や血管肉腫など)」「免疫介在性(自己免疫性や薬剤性など)」などが考えられます。

生体内での血小板分布の異常

血小板を破壊する場所の脾臓で異常が起きている状態などです。

「出血」「DIC」「血栓形成」「血管炎」「脾機能亢進症」「毒ヘビの蛇毒」などが考えられます。

感染症

ウイルスや細菌によって、血液に異常が起きてしまっている状態などです。

ジステンパー」「レプトスピラ症」「パルボウイルス感染症」「フィラリア症」「バベシア症」などが考えられます。


犬の血小板減少症の検査・診断

下を出す犬

血小板減少症には多くの原因があります。そのため、原因を調べるために診断は慎重に行います。検査は、以下のものを中心に行います。

  • 身体検査
  • 血液検査
  • 血液塗抹検査
  • 血液化学検査
  • レントゲン
  • 超音波検査


犬の血小板減少症の治療法

横を向く犬

治療には主に「対症療法」「輸血」「副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤の投与」を行います。

対症療法

まずは、出血しないように注意したり、安静にします。出血が認められれば、止血処置を行い、基礎疾患があれば、その治療を行います。また、点滴、抗生物質の投与、手術などを行うこともあります。

輸血

出血の程度から、輸血を行うのか判断します。

副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤の投与

免疫介在性疾患であれば、投薬することもあります。

普段から愛犬の観察を

コーギー

血小板減少症の予防方法はあるのでしょうか? 原因がさまざまなので、すべてを予防するのは難しいです。しかし、感染症が原因となることがありますので、予防できる感染症は予防していきましょう。

また、普段から愛犬の様子をよく観察することで、点状出血を探すこともできます。それは、早期発見・早期治療につながります。この病気だけでなく、少しでも愛犬の変化や異常に気がついたら、速やかに動物病院へ連絡し、獣医師と診察方法や治療方法について相談しましょう。

参考文献

  • Kohnら, Treatment of 5 dogs with immune-mediated thrombocytopenia using Romiplostim BMC Vet Res. 2016 Dec 30;12 (1):290
  • Makielskiら, Development and implementation of a novel immune thrombocytopenia bleeding score for dogs.J Vet Intern Med. 2018 May;32(3):1041-1050.


Share!